bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



今朝の献立
K3340007.JPG昨夜のシチュー

サラダ トマトと胡瓜

昆布豆 手製ですよ。

果物は、キウイです

あとはヨーグルト

主食はご飯です。


利用者さん、殿様ですが、気分は高揚、血圧、脈は起床時で、ビックリする程低い。

ダウンさんは、中年過ぎると、色々ですね。

少しでも健康で、楽しく暮らして欲しいです。


起床時で、脈が50切っていて、犯人さんは笑いっぱなしって、ちょっと怖いですよね。


スポンサーサイト




ビックリした手帳
ある手帳に驚いた話ではないのです。

いつものように、インターネットザッピングをしていたら、『外国人が驚く日本人の習慣』の様な事を、動画サイトのギャオ で時々やってますが、それに行きあたりました。

中国人の留学生の方が、『日本人はみんな手帳を持っている。信じられないですか?では、街の人に聞いてみましょう』と言う事で、数分の番組がありました。
持っているヒトだけ、編集したのだろうと思いますが…

皆様、手帳、使いますか?
それ以前に持っておいでですか?

私は使った事がありません。
若いころ、気取って、持っていた事もありますが、手帳を活用して、何かをした事って無いんです。
手帳が必要な暮らし方をしていないのです。

じゃあ、スケジュール管理はどうするか?等と聞かれそうですが、通院なら、診察券に記入されていますし、予約票が出るところもありますし。自分が好きな時に行けばよいところもあります。

仕事なら、シフト票がありますね。見れば判ります。
遅刻しない様に、交通機関の時刻表は、その予定の前に調べて、そこらの紙切れに書いておけば良いです。
遊びの約束なんかは、滅多にありませんが、PHSにメールで知らせが来たりしますので、そのメールを消さないでおけば済んでしまいます。

私はきっと、メモ帳の紙切れで済ませているんでしょう。
イヤ、メモ帳の紙切れも、大して使わない(メモ帳は自室の引き出しにいつも入っています。)そこらの裏紙に書いておしまい、が多いかも。

そもそも、管理しなくちゃいけない様な大層な予定が無い人生なんでしょうね。


スマートフォン等と言う、新時代の携帯電話とパソコンが一緒になったものが大流行ですね。
スマホ等と、妙な略し方をしていますね。高校生あたりでも、結構持っている様な。電車の中で見かけます。
妻は、SEの親玉をしていましたから、そういう機械は大好きで、今も欲しい様ですが、妻なりの目的があって、それを満たすには、もう少しスマートフォンが進化するのを待たないとだめらしいです。
『タブレット』とか言いますから、『トローチね。カルミンとか、ジューシーフルーツとか(カルミン、ジューシーフルーツは、お菓子のラムネに近いですが、もっと硬度が高くて、キャンディーの様に長持ちするトローチ型の子供のお菓子ですよ。大きさが大抵、トローチサイズ)。』と返事をしたら、そうじゃない様です。

『あなたにタブレットと言った私が悪かった。』とか、妻は言っていました。
まあ、何となくは判ります。なんでトローチも、ミニパソコンの様な物も、『タブレット』と言うのかは知りませんが、妻の言う、タブレットは、例えばスマートフォンの様な物ですね。


『私にスマートフォンが必要だと思う?』と聞くと、『絶対要らないと思う。』と至極正しい返事が参りました。

私はご存じかと思いますが、今でもPHSです。今時、PHSを使っているのは、病院の業務用くらいでしょうね。以前は病院勤務者には、PHS会社で、サービスプランを出していたようです。私は介護屋ですが、病院勤務ではないので、そのプランは使った事がありませんが。

なんでPHSかと言えば、ほとんどはメールか、ブログの更新(メールアドレスに送信するタイプです。インターネットに繋ぐ必要がありません。メールを書けば良いんです。このブログ。)、少々の電話ですかね?自宅の固定電話の子機が作動していた頃は、子機から掛けていましたが、壊れてしまったので、リビングまで行くのが面倒と言う事もあり、PHSから掛ける事が非常に多くなりました。子機が作動していた頃は、PHSから電話する事なんて、無かったです。外出先でやむを得ない事態が発生した なんて時くらいしか、電話としては使わなかったのです。

私にとって、PHSは電話機ではなくて、情報発信ツールですね。
PHSに拘るのは、仕事柄。
PHSは微弱電波ですから、入りにくい事、電話がかかってきても、鳴らない事が非常に多くありますが、履歴は出ますから、お掛け直しすれば済みます。
微弱なので、精密医療機器のある所でも、使えます。
電車の優先席に座っている時は嫌がる方がおありですから、出しませんが、私本人が、障害者ですから、優先席を使う事は時にはあります。(仕方ないので~見た目に重度の障害者に見えないので~身体障害者手帳を手に持って座る事しばしば)メールを打つくらい、何事ないと思いますけどね…
喋るのは、煩いですから、まあ、止めた方が良いかな と思うけど。

そんな時でも、PHSは科学的には、ペースメーカーに影響を与えません。
与えないと判っていても、不安な方があるのは判りますから、優先席付近では、使わないけれど、ペースペーカーが携帯電話の類で、誤作動を起こすのは、滅多に起こらない、確率の問題です。

『これはPHSです。微弱電波ですから、影響を与える事が出来ません。』と説明していた時期もあるのですが、今は諦めて、『要するに、電車等の中で、ペースメーカーに影響を与え、生命にかかわる』としないと、マナー、常識が守れない人が多いんだな と思っています。

でも、医療現場にいる事が多いですし、可能性も高い筈なので、この商売を続ける限り、商売替えしても、きっと、PHSが存在する限りは使っていると思います。


手帳代わりに携帯電話、スマートフォン、な訳でもないので、本当に大した予定が無い奴なんですね。
で、そこらの裏紙にちょっと書いておいて、済んだらどこかに行ってしまう で事足りているんです。たまに、診察券を見間違えて、予約の時間よりも遅く行って、予約取り直しになる時はあります。
なんで、早い時間に間違えないんでしょう?大抵1時間遅く間違えます。
間違えた時は、仕方ないので、薬だけ頂いて、次回の予約をして帰るかな?


皆様、手帳って、必需品ですか?
私には非常に不思議な事柄です。


今日は休日
失業中に休日も何もありませんが、失業してると、忙しいんです。

前の職場のアルバイトは、多少でも足しになりますから、やりますね。

職安にも行きます。採用応援カウンセラーの所にも行きます。履歴書、職務経歴書、添え状、お相手様ごとに、変えますから、毎回、頭を捻って書きます。で、持参か、郵送。

医者もあちこちありますね。

失業保険が受け取れません。アルバイトになっても、離職票出さずにいるんです。まあ、当座の生活費はともかく、切れずにいれば、後で助かりますから、これは文句はないのです。

が、生活費にすぐ困りますから、使える制度の手続きを突貫工事でやって、なんとか、傷病手当て金は、既に振り込まれました。

二回目が少しだけ取れますが、これは医師に依頼中。明日取りに行くので、GWに掛かります。遅いでしょうね。

退職金清算になってしまったので、これも突貫工事で請求しましたが、入るのに、数ヶ月掛かります。

私は障害厚生年金が少し出ますし、自治体の、重度障害手当て金も、ごく少額ですが出ますので、預貯金崩さずに、なんとか次の職場が決まる迄、凌ぎたいところです。


で、毎日、一日中、手続きやら、医者やら、相談やら、家事やらに奔走していて、かなり疲れていまして。
今朝気付きました。アルバイト少ししか仕事はないけれど、様々な必要から、ずっと一日中休む日を作っていなかったんです。


なので、今日はお昼前迄、掃除、洗濯に励み、妻のヘルパーさんが見えるので、干すのは甘えて、午後は昼寝してました。


明日は、医者巡りと、傷病手当て金請求用紙を郵送しないといけないので、ちと忙しい予定です。


YouTubeってありますね。絶版で、原盤も残っていない様な、昔のレコードを聞いています。いろいろたと。寄席に出ていた様な人のが多いです。戦前あたりのものです。

今の音楽は全く興味ないよですが。


社会保険事務所と、就職カウンセラー
なんか矛盾していますが。
循環器の主治医と相談して、障害年金の改定を申請しました。今は障害厚生年金3級です。

3級は、厚生年金部分だけの支給で、労働可能、と言う程度です。妻は2級なので、労働は主治医から禁止されていますし、法的にも、障害の為に、労働不能、と言う事になっています。
手術からそろそろ2年。前の職場で頑張りましたが、職場が求めている事と、私が求めている事のミスマッチが激しくなり、遂には退職の羽目になりましたね。
アルバイトの契約はありますが、とても生活出来るレベルの収入にはなりません。福利厚生もなくなりましたから、老後の不安も出て来ました。

だから、前の職場で、再び常勤職員で働く事は不能ですし、非常勤でも、勤務形態の特殊さから、私には向きません。

で、身体に負担が掛からない仕事を探している訳です。

これから就職カウンセラーに、応募書類を見て貰いに行きます。

朝から、履歴書、職務経歴書、添え状を作り、障害年金の改定の書類を作り、実に疲れましたね。

日本の役所は申請主義なので、本人か家族か、知り合いが、申請受付場所迄、行かねばなりませんし、受付順に流れ作業ですから、1日でも早く、申請した方が良いのです。


車椅子系統な重度包括支援を使っている方、認知症がある方、高齢者で障害がある方、精神、知的の障害がある方、ご自分で申請出来ないですよね。

精神の障害がある方が、必死の努力をして、申請に行くと、自分で申請に来られるなら、必要ない、等と、門前払いされるのは、実に今もあるんです。


私は、自分一人なら、なんとかならない事もなかったかと思いますけれど、仕事、妻の介護、家事一切の同時進行は、やっぱり無理があったのでしょう。

夫婦二人、今の私の年金では、生活が難しいのです。負担の掛からない仕事を、パート程度でこなせる様になって、体調が安定する迄の繋ぎですね。

安定して、労働も、身体が安定して出来る様になれば、3級に戻す申請も出来るそうです。

まずは、身体を壊さない程度の仕事を得て、少なくて良いから、安定して働ける様に、早くなりたいですね。

就職カウンセラーに相談したり、職安に紹介して貰って、応募しているのは、みんな、パート待遇の所です。なかなかないんです。アルバイトにする、と言われたのが、3月末でしたから、求人豊富な時を逃してしまいました。

戯れ歌を書きましたが、人生はいろいろ。まあ、なんとかなるでしょう!


こんな感じ?
こんな戯れ歌がありましてね。


今日は来るか、あしたは来るかと、待てど暮らせど、為替は来ない〜

下宿(やど)のおばさんは、横目で睨むし、三月(みつき)も溜めたんじゃ、無理ないと思う〜

北風吹くのに、白地(しろじ=夏物かな?)じゃ出られぬ〜腹は減ったし、いっその事、寝ちまえ〜

暗い日曜日♪


失業しますと、忙しいでしょ?

(^-^)v


ぼういず伝説
CDを買ったと書きました。まず驚いたのは、デジタルの技術。原盤は78回転のレコード、一番新しい録音で、終戦直後です。現存しているのは、劣化で酷い雑音があるようです。YouTubeで聴けるのは、みな雑音が凄かったから。

ステレオ録音技術はないですから、モノラルです。それでも買って良かったです。

次にビックリしたのは、寄席やら、ドリフターズやら、馴染みの鼻歌の原曲が、実は、大昔の偉大な曲だ、と判った事ですね。

古い話ですみませんが、初代の林屋喜久蔵さんが、40年くらい前と思いますが、ネタで、妙な歌を大喜利等でやっていました。余り品のある歌詞ではなくて、イヤン、馬鹿ン、云々♪等と言うのですがね。

原曲があるようです。あきれたぼういずも替え歌をやってます。ジャズ?シャンソン?

ドリフターズが、これ又40年以上前に、ピンポンパン、と言う子供番組で、ピンポンパン体操、と言う、子供向けの体操の歌を歌いました。ドリフターズの総集編のCDに入っています。それも原曲がありました。
タフアフアイ、と言うハワイアンの曲でした。

芸能って凄いかも知れません。


ぼういず伝説には、全レコードが収録されているそうですが、初代メンバーさんが、出たり入ったり、戦争に行かれて、戦死されたりしているので、私の一番のお気に入り、声色玉手箱は入っていません。色々事情があるのでしょう。山茶花究さんが、大活躍されているのです。

途中、リーダーの川田さんが、取り残されて、他の三人の方が、テイチクに引き抜かれます。その後、坊屋三郎さんが、真骨頂を発揮されたようです。

坊屋三郎さん、益田喜頓さん、は、子供の頃、覚えがありますし。



結成当時は、洋楽、邦楽、取り混ぜてやっておられたのが、戦時色が濃くなり、江戸〜明治、大正の頃の流行の芝居のパロディ等が多くなったとか。

私は歌舞伎やら、昔の芝居の一節やらに記憶があるので、実は邦楽中心の、現存のものが分かりやすいです。洋楽の箇所は、出所が判りません。

リズム感の良い作品が続くので、興味を持っている、コーヒーさんのお母さんに、個人的にコピーを差し上げようか、と思い立ち、伺ってみました。コーヒーさんにプレゼントです。

当時、お父さん、お母さんは子供時代ですから、すぐには通じなくて、坊屋三郎さん、と言ったら、通じました。反応によれば、ご存知の様子。

妻しかコピーは出来ないので、頼んでやって貰います。若い方でも、なんとなく楽しめるとは思いますが、元ネタが判らないと、今一つでしょうか。



私の母方は、みんな芝居好きでした。歌舞伎です。なので、多少は私も判ります。流石に映像は残っていないみたいで、ちょっと残念です。


心臓疾患の管理
私は先天性の心臓疾患者で、現在は、身体障害者になっていますね。起因疾患は、何回も書きますが、『大動脈弁膜症弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁』と言う、3種合併でした。

先天性の疾患者と、成人になってからの生活習慣病としての疾患者では、管理方法が全然違うんです。
これがなかなか通じない。



先天性の心臓疾患者は、生まれた時から、部品が異常な訳です。
それを背負ったまま、大人になり、中年になり、老人になるんです。
その間、心臓は、使用されますから、部品異常のまま、使用している訳ですね。例えば、新車なのに、パンク寸前 のように。
生活習慣からの心臓疾患者の方も、確かに心臓の状態が不具合だから、治療を受ける訳ですが、異常な状態になるまでには、正常な状態も有った筈ですし、心臓がやられない様な生活の仕方も有った筈なんです。だから、生活習慣病としての心臓疾患者の方がどうこうと言う事ではありませんよ。(ココ、大切です)
先天性疾患者が異常な状態に有った期間よりも、生活習慣病として、心臓疾患者になった方では、プロセスが違うと言う事です。

先天性疾患者に一番必要、かつ、大切な事は、幼少時からの定期的な検査、管理です。
幼少時~重症で、根治治療して、何事なく生活されている方もあります。そういう方も、ある程度年齢が行ったら、医師の指導を仰いで、念のために、数年に一度程度は、簡単な検査くらいはした方が良いようです。



厄介なのは、先天性疾患者で、軽症と言われていて、何らかの理由で、定期的な検査、管理を受けていない方です。
丁度、殿様がそれにあたります。

殿様は、意識障害?の様な事があったとかで、障害のある人専用の病院で、心エコーと脳のCTを受けたそうです。ダウン症候群の方ですから、年齢的に脳のCTをこの年齢で一度受けておいたのは、良いことだったろうと思いますよ。脳の委縮など、意識障害に関係しそうな事は一切なく、脳は健康そのものだった との事ですし。

問題は、と、アルバイトの身分になった私が言える事ではないのですが。
たまたま交代で御話をした常勤の職員さん(早い話が、私の遥か後輩です。身分は、今は、私の方がはるかに軽輩ですから、意見を言うとか、判断をするとかは、私には出来ないです。)曰く。

CTが正常だったから安心した(これはいいんですよ。あってます。)心エコーは、『うちは循環器の専門医が少ないから、専門病院で診てもらってはどうかと言われた』と言う事だそうです。(意味が分かってなかったので、ちと困りました。)



職員さん、心臓の状態を詳しく見るには、心臓のCTを撮るのだろう と思っているようです。
手術前提だと、梗塞部分が無いか調べる為に、結構しつこくMRIか、CTを撮影します。私も撮影しました。私はMRIではなくて、CTを4回くらい撮影しましたけど。(TAttooがあるので、火傷防止の為に、MRIでなくて十分済む状態でしたから、主治医がCTにしてくれました。MRIだと一回で済むから、楽なんですけど。)

CT、MRIの映像は止まっている映像です。写真なんです。心臓は動いていますので、その状態を見るには、心エコーが読める医師でないと困るのですね。エコーは動画です。

心エコーと言っても、成人病としての心エコーと、先天性疾患としての心エコーでは、読み方が違うようです。凄く乱暴に言うと、先天性疾患者の心エコーが読める事と、成人病としての心エコーが読める事は、スキルが違う様なのです。

殿様は先天性心房中隔欠損症ですから、先天性の心疾患者の心エコーが読める医師じゃないとダメなんです。
で、障害者専門病院には、医学の常識としての程度の読み方の出来る方はいる様なのですが、細かい判断が出来る循環器専門医師がいないらしい。加えて、先天性心疾患者が中年以降になって、症状化してきた頃の心エコーが読める人は無い様子。

心エコーを撮ったのですよ。障害者専門病院で。心エコーは動画です。リアルに心臓が動いている映像です。まあ、画像としても、『ここ!』と言うところは、写真にしますけどね。だけど、『うちでは読める人がいないから、専門病院で読んで貰って』と言われた訳ですね。



職員さんは、『手術が必要になったら、専門病院に行って、今回撮影した心エコーを読んで貰えば良いのだろう』と言う様子なんです。報告書も書いておられましたけど、『脳のCTは何事なく、意識障害に関する事は何もなかった と言う事がまず書いてあって、心エコーは、循環器の専門医が少ないので、専門病院を受診してはどうかと言われた と書いてあります。じゃあ、専門病院、受診してくれれば良いんですが、ご存じないので、報告書書いて終わり。



例えば、私は癌に罹った時の受診の仕方は知りません。
脳性マヒの方が、どうやって、健康管理していくか も知りません。
だから、止む無いのですけれど、素人さんではあるまいし、プロの介護職なのですから、『専門医がいないから、専門病院を受診してはどうか とは具体的にどういう意味か』聞いて、実践してくれないと困るんです。
私が説明はしたのですが、『と言う事は、手術が必要になったら、こういう病院に行くと言う事ですね。』と言う。



イヤ…
手術が必要かどうか は、あなた、判ります?
医師免許お持ち?



それから、普段の状態のデータ蓄積が無いと、いきなり悪化して、緊急手術!なんてなったら、医師の方、今までの経緯が判りませんから、かなり苦労されます。そうならない為に、先天性心疾患者は、判明した時から、ずっと人生を、心臓のデータと共に生きていくんです。成長期には、半年に一度以上、検査に通うでしょう。私は、軽症だったので、半年に一度程度でした。程度の難しい方、変動の激しい方は、毎月通う方も有るようです。



成人になって、データが安定していれば、1年に一度くらいでも済む場合もあります。私も1年に一度程度でした。(でも、何ともないので、ついついサボりましたっけ。)30歳を超えて、やや軽い症状が出る事があるようになってからは、半年に一度くらいは、と言われていて、でも、やっぱり、サボりがちで、8か月とか、10ヶ月とか、そんなスパンでしたっけ。
40歳も近くなって、データが悪化してきたのでしょうと今は思いますが、4か月~半年に1度は来て下さい と言われました。
これが半年に一度は行こうと思いつつ、本人は慣れ切ってしまっていて、体の状態がいつも辛い=普通じゃない と言う事に気付いていないですから、サボるんですね。



としているうちに、仕事柄、あっという間に悪化して、あっという間に緊急手術 になりました。


でも、私は、医療機関は少し移動しましたが、(主治医の定年で)判明時から同じ医師に30年通っていました。ある時、主治医が不慮の事で他界され、今の主治医(最初の主治医の後輩にあたられます)に引き継ぎして貰いましたから、何十年分のデータがある訳です。



これが無い、先天性心疾患の方、ちと御困りになる事があるかもしれません。
とてもとても軽症で、健康診断や、人間ドッグでも、判らなかった、もしくは、入院してやる人間ドッグに行って、初めて判明した なんて、方もありまして、そういう方は、仕方有りませんし、その時点から、管理して行けばよいのですよね。

思春期には判っていて、一時は身体障害者手帳も持っていた殿様が、中年になって、危険が増す今、定期的な検査、管理をして貰う主治医がない って、かなり一大事なんですが…




健康な人には、その意味、判らない事があるようです。



法人さんの代表の方始め、理事の方、何人も、生活習慣病としての心臓疾患を病んでおられます。
それでも、先天性疾患への配慮は思いつかないようなんですよね。
私が御世話になっている病院さんは、循環器単科です。
先天性疾患の患者は、大人になっても、老年になっても、『小児心臓血管内科』の医師を主治医に持ちます。


関係有りませんが、妻が最近少々血圧やら、脈拍やらがおかしくて、安心の為に、私が通院している病院で検査をしていただいているところですが。私の主治医ではダメなんです。妻は先天性疾患ではないから。大人の心疾患を見て下さる医師の方に診て頂かねばならないんです。予約の係の方が、妻の主治医を選んで下さいました。


なので。
先天性疾患の大人の患者を診られる医師のいるところ、と言うと、かなりの大病院か、循環器単科(非常に少ないですよ。)の病院でないと用をなさないんだけど…



殿様との付き合いが深いので、又、自分がそうですから、どうにも心配なんですよね。
私自身、誰のせいでもないですが、心臓ダメにしましたし、駄目になっているのが分かったのは、本人(私)がそれなりに症状の理解をしていた事が少し、掛かり付けの内科の医師(町の内科のお医者さんです。)が、私本人が『おかしいので、心電図撮って下さい』と訴えて、駆け込んだ時に、迅速に診断して、診療情報を書いて、データをつけて、循環器の主治医に繋げてくれたお陰です。

殿様は、自分が心臓が悪い、症状がいつもと違う、苦しい、と感じた時に、訴える事が出来ないでしょう?
ダウン症候群ですから、ダウン症候群独特の特徴もある筈です。
私が通う病院では、ダウン症候群で、先天性心疾患(ダウン症候群の方には、先天性心臓疾患を合わせて持って生まれる方、非常に多いんです。)の患者さん、多数、通院、手術、術後管理を受けています。

そこじゃなくても良いので、心臓のデータは心臓のCTを撮れば宜しい なぞと言われますとね…


と言う、私も、心疾患でも大人の方の心疾患の事は判りません。
世間には、色々な病がありますが、その病色々については全く判りません。

介護屋は、せめて、自分が普段接している利用者さんのもっておいでの病くらいは、ある程度知識が無くちゃまずいんじゃないかな と思ったりする訳です。
半年くらい前、てんかんのもうろう発作が続く方があって、判断に困った事がありました。
その際は、上司にしかられながら、何とか凌いだのですが、殿様の意識障害?の時は、すぐ救急車を呼んだそうです。♯7119に電話して、『すぐ救急搬送して下さい』と言われたらしく、救急車呼んだみたいでした。

すぐ戻って、病院では、訳が分からなくて、殿様、大暴れしたようですけど、こういうのって、素人はなかなか判断できません。難しいですよね。何事も無かったからって、その職員さん、駄目だ とは思いませんし。


本日の献立
K3340006.JPGまだ前の職場で、アルバイトしてます。

ハッシュドビーフ

牛肉、葱(私、玉葱好きじゃない)、生姜、人参、ピーマン3色、じゃがいも少し


スープ

キャベツ、大根、人参


きゅうりと、蟹風味蒲鉾


スナップエンドウお浸し


大学芋の様なもの


ここでの仕事は好きですが、身体障害者には、ちと苛酷です。普通の昼間の仕事が安定してあれば、又、別ですが。

今、応募中の、身体障害者支援で、日本でも有数の法人さん、で、面接においでなさい、と、連絡があるのを待っている所です。

書類選考に1週間くらい掛かる、郵送で返事する、とありましたから、来週半ばくらいかな?

障害者雇用枠で、身体障害者の方の、ビアカウンセラーですから、身体の負担は減ります。勿論パートですよ。

寝た切りの妻も居ますし、我が家でも、介護と家事ですし、やはり私も疲労が蓄積してしまいます。

福利厚生つく、ギリギリくらい、でしょう。


循環器の主治医が、障害年金を上げる為の書類を書いてくれています。人工弁置換は、障害厚生年金3級に自動的になってしまうのですが、私はどうも無理な様子で。

同じ障害者でも、起因疾患が同じでも、人はそれぞれですね。



CDを買いました

ぼういず伝説 amazon


↑ 上で売ってますが。ジャケットは下ですね。



41T47Q4ZWRL._SL500_AA300_.jpg









音楽にはほとんど興味がないので、買うのは、年に一枚くらいです。機械に疎いので、クレジットカード?やら、なんやらで、ダウンロードして、小さな入れ物?携帯電話?に入れておく、には、馴染めません。CDプレイヤーも持っていませんので、聞くのは大抵車の運転中。もしくは、前の職場で利用者さんと。又は買ったばかりの時は、パソコンで何かやりながら、聞いています。


この前買ったのは、ドリフターズの全集でした。赤と青があって、それぞれ二枚組。合計四枚。ホーム用に、妻にコピー?をして貰い、今も置いてあります。時々聞いている様子です。


私が買う様なCDは、店頭にはありません。コアニーズみたいで。後は買い物がキライ。面倒なんです。

本は探すんですけど。

で、CDは妻にインターネットで買って貰います。私はアカウント作るのが、どうもイヤで〜プライバシーが漏れそうで〜持っていません。妻はSEのマネージャーをしていましたから、彼女がインターネットで何かするのは安全です。妻はカード決済派なので、私は現金で、妻には払います。



何を買ったか、と言うと、しばらく前に、『灘康二?とモダンカンカン&;坊屋三郎』と言う動画をご紹介しましたが、あれの総集編?です。

あきれたぼういず、のCDです。

戦前〜昭和26年頃迄、紆余曲折ありながら、活動されていたそうです。

総集編には、78回転のシングルレコードからデジタルにしたのが、何曲も入っています。

商売往来、と、声色玉手箱、が好きで、オリジナルのが商売往来は、YouTubeで削除されているので、原曲が聴きたくて。

商売往来は入ってましたが、声色玉手箱は無くてちょっと淋しい。

私は、坊屋三郎、山茶花究、益田 喜頓(ますだ きいとん)の3人組の戦後のが好きなんですけど、それはCD化されてないんですね。声色玉手箱は戦後のなんです。

増谷 キートン(ますや キートン、1973年7月11日 - )さんではありませんよ!この方、私よりかなり御若い、最近の御笑いさんです。あきれたぼういず はボードビリアンですから、御話が全然違います。




ぎょーかいは、厄介
昨日、履歴書を持参した、ある求人元から、早速、断りの電話がありました。

職安経由ですが。

同じ自治体内の、公的サービス機関なんです。

関わりを恐れたのかも知れませんね。

私がいた職場は、民間です。なまじ詳しいのは、厄介なのかな?

もう1つで当ては終了です。

頑張ろうっと!