bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



世間は狭い その2
転職するつもりなので、面接に行って来ました。

私の様な特化した専門の介護屋は、なかなか仕事がありません。本日の面接先を見つけた時は、絶対ココ!と思って、猛烈アタックをしました。

急いで、履歴書、職務経歴書、私自身が障害者ですから、別記書類、一生懸命書いて、面接に行きました。
大体思った通りの所でした。


それはさておき。

今の私の事業所に、数年前、ある職員さんが常勤で、あるケアホームの専任世話人で、入職されました。

そのホームは、障害程度区分が高い方が住んでおいでです。

Aさん、と言う利用者さんがおられます。一時期、不安定な時期があり、そのホームは、かなり慌てて、設立されました。

事業所3つ目のケアホームです。

Aさんには、一卵性双生児の弟さんがいます。専任世話人になった方は、ある施設で、Aさんの弟さんの担当をしておられたそうです。

私が面接に行ったのは、住まいとは別の自治体にあります。通勤は45分〜一時間くらいかな?

施設長さんと、一時間程、話し込んでしまいました。その中で、Aさんの名前が出たのです。???

すぐ判りました。3つ目のケアホームの専任世話人になられた常勤職員さんは、私が面接に行った施設で、Aさんの弟さんの担当だった職員さんでした。

要するに、職員の入れ替わり?です。

施設長さんは、Aさんの事も良くご存知で、弟さんが入所されていますから、ご家族の事もご存知でした。
Aさんが不安定だった頃の様子も、ある程度ご存知でした。

私の専門にしている仕事は、本当に特化ニーズなので、どこで繋がっているか、判りません。悪い事は出来ませんね。

履歴書等を書く際に、若い人ではないので、退職してきた勤務先を、悪く書く事はしません。

続けたかったが、生活が立たなかった、とか、私のスキル、求めるものと、勤務先のニーズがミスマッチだった、等と書きますね。

どこも、この点が今の私に役に立っている、勉強になった、今はこう生かしている、等とも書きますね。

今の事業所とは、特殊な勤務時間形態の為、ミスマッチになってしまい、生活が立たなくなってしまった、と書きました。


感触としては、良い方だったと思います。しかし、私より若くて、体力、機動力のある方が応募されたら、判りませんね。


採用になると良いのですが。

スポンサーサイト




天皇陛下 ご静養延長される

天皇陛下 ご静養延長




こんな記事が出回っていますね。天皇陛下とは病も違いますし、手術の仕方も違いました。
ですから、同じには言えない訳です。
陛下は、今すぐ難しい状態におなりになる と言う事ではなく、一番ふさわしい時期を専門医とご相談されて、手術に臨まれたと報道で知りました。

手術をされたのが、2月18日だったか と記憶しています。
オフポンプでしたけれど、胸骨は切っておいでとお察しします。
だって、心臓を触れないですから…違うのかな?
したらば、3カ月以上、胸骨が付くまでに掛かります。
骨粗鬆症もおありとお聞きしますので、お身体はお大切になさっていただきたいですね。
今、ご無理をされている と言う意味ではありませんけれど。専門医師団が付いている訳ですし。

ご高齢での手術は、なんであっても、後に響きます。
私なんぞ、トシ男くらいの年齢ですが、手術の後、1カ月半弱の頃は、本当に何もできませんでした。
私は生命にかかわる状態で、手術を待てませんでしたので、その点、陛下とは全く状況を異にするのかな とは思います。

心臓そのものは触られていないかとお察ししますが、十分にご静養下さり、お元気になられる事をお祈りしたいと思います。

私は尊王でも、攘夷でもありません。
一人の人間として、そう思います。



バタバタと書類作り
今日?そうですね。今日までが、一応職員です。明日からは、登録をしているだけのヘルパーさんの身分です。当然、生活できません。

ので、早くも活動開始なのですが。


うっかり載せられるところだった事に気付きました。
社会保険と、厚生年金です。『3月30日で切ります!』としか言わなかったエライヒト。確かにそうなのですが、任意継続できるでしょう?2年間ですね。その2年間、両方とも保険料は変わりません。健康保険の方は、まあ、回らなかったら、国民健康保険でも止む無いのですが、厚生年金は、変なところで切れると厄介です。将来に響きます。

既に面接の日時を取りつけているところがありまして、明日、面接に行きます。
電話の印象では、6対4くらいで、入れそうな気がしますけどね。気がする はあてになりませんから。

それから『傷病手当金』の請求もします。黙っていたら、請求させてくれません。心臓切った時は率先して、何やらしてくれたのですが、不信感満載なので、出来ればしたくないんでしょうね。

履歴書を書くのに結構役に立つのが、実は年金記録です。細かなところ(国民健康保険と、国民年金だったところ)は、追い切れませんが、社会保険、厚生年金があったところは、年金記録に、いつから入って、いつまで勤務したか が書いてあります。ちょっと窓口で待ちますが、その場で、無料で貰えます。ついでに、今、気になっている妻の老後(今年56歳になります。まだ55歳)の為に、障害者は特例等もあるので(障害年金を貰っている人限定です。)何がどうなるのか、折りに触れ、聞きに行っています。

昨日はおまけの方が有意義で、妻は私より8歳年上なので、様々な恩恵を受けられる最後の世代 と言う感じなのですね。『こんなに付くの?』と言うくらい、付きます。途中から人生挫折して、今は国民年金で、その掛け金は、『法令で免除』なので、手続き済みで、掛け金はありません。
その割には、若いころ、かなりの年金を掛けていたので、厚生年金基金まで一応はあります。

老後は髪結いの亭主 で、妻に養って貰いましょうか。

見た目には、契約内容が変わっただけで、別に解雇された訳でも何でもないのですが、良く考えると、実質的な解雇と同じ状態になっていますので…
トップは、私が転職を第一に考えている とは全く思っていないと思います。
でも、いつ安定するか判らない勤務状態で、年金も保険も無し では生活できないし。

変な事が気になるタイプで、退職時に何をどう手続きすれば、何がメリットになって、何がデメリットになるか には、凄く敏感です。端から調べ倒します。雇用側にとっては、面倒な存在だろうな と思いつつ、義務は果たしてきたので、権利は享受しますよ と言うのが私のやり方でしょうか。


6年間、中心的に、仕事をしてきたケアホームの利用者さん、ご家族の事は、とても気になります。
殿様などは、特に気になります。
気になるのですが、それだけやっていては生活できないので、悲しいけれど、彼らのサポートはもうする事がないでしょうね。

実際、面接を取りつけた団体さんが、私を採用して下さるか は判らないのですが、ご縁がなかったとしても、私はすぐ次を探すと思いますから、数か月で、転職になると思うんですよ。ここらは、障害者福祉に充実した自治体がそばにあります。私の住いは、そこから少し離れていますが、その自治体周辺を探せば、何か、私のライフワークに合う仕事は見つかるだろう と思っています。


モンダイは、『そのライフワークに合う団体さんが、私を採用してくれるかどうか』でしょうか。
高い給与は望まないので、そのあたりで折り合いの付く所が見つかると良いな と思っています。



これから、傷病手当金の請求の為に、掛かり付けの内科の医師に、書類を頼んでまいります。


さて。活動開始
事業所と私とは、ニーズのミスマッチですね。仕方無いです。どちらも悪くないでしょう。

労使は、使の方が結局は弱いですし、自由に仕事は決めて良い訳で、行動が早いのが、私の強みでもありますから、早速、活動開始です。


昨夜と言うよりは、今朝、早朝に、インターネットで、求人サイトと言うのがある事に気付きました。

アナログ世代ですから、どうもインターネットで応募って、変な感じです。特に、『医療、看護、介護』の項目自体が、大昔はなかったんですよ。

年収1000万円の、片仮名の良く判らない、凄そうな仕事しかなかった気がします。

まあまあ信頼しても良いでしょう、と言うサイトを見て、職種を選択したら。

パッと出たんです。
80点くらいの事業所が。

そこから悪戦苦闘です。
パソコンに入力して、送信する、なんて、やった事がありません。消えたり、戻ったり、格闘しばし。

やっと送れた、と思ったら、書いた筈の部分が消えてます。戻ってみると、制限時間オーバーなので、終了しますって、画面が閉じちゃいました。

仕方無いので、最初から入力し直して、今度は保存が出来ないので、印刷して、控えにして。


昼過ぎ頃、電話をしてみました。こういう風に送りましたが、今後どうすればよろしいでしょうか?って。
面接においでなさい、になりました。

履歴書、まさかもう転職なんぞするまい、と、雛型はとっくに処分してしまったので。

社会保険事務所の分室に行きました。年金記録が一番確かでしょ?

貰って、ついでに、ちょっと年金の話を聞いて、今やっと朝食です。


健康保険は任意継続しようかどうか、経理の方に聞いています。本当は厚生年金を任意継続したいですが、そういう制度はないみたい。

自己負担は、2012年は非課税なので、ありませんが、国民健康保険とどっちが得か。市役所にも明日あたり行こうと思います。

しかし、トップさん、勢い良くぶった切りましたね。経理の方も知らない。どうも独断で、決めたみたい。

今のところ、他には、応募しよう、と言うところはありません。雇って下さる事になったら、そこにします。

ならなかったら、又、探します。


ちと困りましたね
4月からの契約の更新に来る様に、との事で、事業所に行って来ました。

はあ。困りましたね。
職員契約切られてしまいました。まあ、雇う方としては、理由は何であれ、心臓切って、肝炎やって、と言うヤツは使いにくい事は確かでしょう。

理屈が判ると、心配ない事が通じる気がしますが、爆弾抱えて暮らしていますし、妻が寝た切りですから、仕方ないと言えば、仕方ない。

仕方ないですが、非常に困ります。福利厚生が消えました。厚生年金と、社会保険。

契約が1年更新の非常勤でしたから、3月で契約満了です。正社員なら、具合が悪くなったから、と、休職中に、給与を下げる事は出来ません。休職中の、傷病手当て金が減ってしまうから。

契約満了時は、何でも出来ますから、いきなり、登録ヘルパーにされてしまいました。厚生年金と、社会保険が切られるのが、本当に困ります。収入は比較にならぬ程減りますし。


雇用側と、労働側では、立場が違いますから、何とか工面しないと、生活が出来ませんね。

障害年金が上がれば良いのですが、心臓のデータは正常なので、上がりません。循環器の医師に相談していますが、事実、通らないのでは?と、心配なさっています。

心臓機能障害は、数字でデータが出ますから、そのデータを捏造する訳には行きませんしね。

事業所の心配は良く判ります。判りますが、回避方法は、こちらも考えます。評価の点で、そうではないでしょう、と言う事も、山程あります。

1つ1つ反論しても良いのですが、反論して、納得はしてくれませんから、苛つかせるだけ、時間と労力の無駄になりますし。

あとはですね。

利用者さんに、責任が持てなくなります。支援計画やら、何やら、口出し出来なくなってしまいました。その場しのぎだけ出来れば良い立場になってしまったのです。

事業所は、金輪際、職員身分には戻さないつもりでいた、と言うか、いる様ですが、それでは私は困ります。

早く非常勤の一番短いので良いから、戻して欲しいなあ〜。



登録ヘルパーなら、今の事業所に拘る事はないんですよね。職員だから、今の事業所にいるんです。

当日事業所は、自治体内でも、勤務が苛酷なので有名です。それだけ、待遇も良いんです。

やりたい事が出来るから、今の事業所に移動して来ました。初めてのケアホームを軌道に乗せたのは、私です。


仕事で体を壊して、さっさと使い捨てられた様な気分に、ちょっとなりますね。

さて。非常勤の一番短いのに戻してくれるのを待つか、どこか、転職するか、でしょうか。

私は決めると早いので、案外さっさと転職してるかも知れませんよ。

職安に行ってみましょうか。職員がアルバイトに格下げ、と言う事は、解雇されたに等しい状況になってしまったから。

定年迄、今の職場で働きたかったなあ〜。


歯医者
一昨年、心臓切る迄、歯医者に定期的に行く習慣がありませんでした。
年配ですから、虫歯が出来た時に、治療に行く所、だったのです。

心臓の悪い患者は、虫歯作ってはダメなんです。抜歯しないとダメ、な時は、抗生物質の投与が必要です。麻酔して削る場合も、用心の為に使う事があります。
手術の前に、10数年ぶりだと思いますが、当時の自宅近くの歯科に行きまして、依頼、なるべく半年に一度くらいは行く様にしています。

秋頃から、かなり体調が不良でしたので、年に一回、みたいに、様子観察して頂いているお医者さんは、軒並み行けませんでした。

歯科もその1つ。

あと半月ありますから、行けなかったお医者さん、全部回ろうと思い、あちこち行っています。

肝炎騒動の時は、それどころではなかったので、先週あたりから、普段お世話になる訳ではないが、年に何回くらいは、診て頂く所に、予約で行っています。

歯医者さんは、まあまあこんなもんかな、歯石を取って、ポケットが改善するか診て、隠れた虫歯がないか、診てみましょう、との事でした。

虫歯やら、歯槽膿漏は今はない様ですが、私の歯並び、とても悪いのです。どうしても磨き残しが出てしまうので、歯周病の治療、と言う事になります。

歯並びの為と、歯磨きは食べたら磨く習慣ですが、下手らしいので、ポケットやら歯石やら、に、なっちゃいます。

昨年の春に、マンションを中古で買いましたから、やや離れてしまいましたが、医師は信頼出来る方で、質問にも、丁寧に答えてくれます。

私、病気のデパートですが、主治医には恵まれていて、助かります。


妻は、かなり前から、虫歯になっているそうで、歯科に行かねばならぬのですが、うちのマンションの隣、30秒の所にある歯科に行けずにいます。予約がネックなのと、電池で予約するパワーがないんです。

ネックと言うのは、予約した日時に、動けるかどうか、判らないからですね。


あと半月
4月15日の夜勤から復職します。あと半月くらいですね。

つくづく思いますが、肝炎は厄介です。皆様、感染なさいません様に。私はなんで感染したんでしょうね?判りません。

2ヶ月休職しますが、最初の1ヶ月は、もうどうにもならん状態でした。その後半日は動ける様になり、今は1日動けます。但し、半日の時は、午後から、今は夕方から仮眠はします。

この稼業についた頃からの習慣でもあり、電池が切れるもあり。



じゃ、毎日、何をしとるか、と言うと。
まずは家事雑用、週に二回はヘルパーさんが家事援助に来て下さいますので、買い物、あとは洗濯、掃除、簡単な調理ですね。

それから自分の医者に行く。

妻の支援機関への手続きや、連絡、報告、様々な役所への相談、手続き。たまに自分のもあります。障害者福祉課が多いですが、違う役所もありますね。

妻の介護は、物理的にはやりません。まずいな、と言う状態は、ほぼ毎日なので、半分仕事で、提案をします。決めるのは妻ですが、時に有無を聞かずに、と言う事もあります。


昨日、夫婦で外出しましたから、昨夜から妻はぼろぼろです。ちょっと外に出る、デパート巡りをする、人様とお目にかかる、段々ハードルが高くなります。

疲れ果てて、寝た切りに拍車が掛かります。と、循環しないので、ますます動けなくなります。

自分でリラックスグッズを使うやら、マッサージグッズを使うやら、根本的にはストレッチをきちんとしないと、良くなりません。

とは言え、1人で出来れば、ヘルパーさんの派遣は取れない訳でして、こちらもかなり壊れていますから、悩ましい。

こんな事をやっています。


意外と世間は狭いかも
日曜日の午後、夫婦でオフ会に行きました。

私が参加しているSNSがあります。日記を書けるの多いですよね。私も時々書きます。

日記仲間の1人の方が、妻が働いていた頃と、同じ業種の方です。ある時、妻にパソコンを頂きました。

その時、お目にかかる掛かりまして、頂戴してきたのです。それで、私にも、皆さんでお茶でも飲みませんか?と、声を掛けて頂きました。

妻はシステムエンジニアのマネジメント、と言う仕事をしていたので、障害で労働を医師から禁じられた今でも、パソコンと、精神障害と、日常なんかを書いたブログをやっている様です。私への愚痴も書いてるかも知れませんね。

うちはお互いのブログ等は、お互い読みません。目の前に居ますし、相手の愚痴も書けませんからね。

パソコンを頂いた時に、妻のネットネームをお知らせしたのです。したらば、探して下さったそうで、読んで下さっている由。


別の方も参加されています。別の方と、オフ会を企画なさった方は面識がおありで、私に妻があり、障害があって、こういうネットネームでブログを書いている、と、知らせて下さいまして。

妻は、そのSNSには参加していません。

ところが、別の方は、妻のブログの読者の方だったのであります。インターネットの世界は、遠く離れていても、読む事が出来ますが、たまたま会える距離の方でした。


世間は意外と狭いものですね。妻も一緒に、と、企画なさった方が知らせて下さり、別の方からは、メッセージ機能で、妻のブログを読んでいます、会いたいです、と、私宛てにご連絡がありまして、全く別のご縁で、夫婦して参加させて貰ったと言う訳でした。


奇妙な事もある様です。


それで、数人が集まってオフ会となりました。

私は初対面の方、ドキドキしたりしないのですが、妻はやっぱり障害の為に、少し疲れた様子でした。


別の方からは、又、奥さんと直接やり取りしてみたいーとも言って下さり、明日にでも、妻の連絡先をお知らせして見ようかと思います。


ピアス
例によって、インターネットのザッピングをしていたら、小学生のお嬢さんが、お友達同士で、ピアッサーを買って、子供同士で、開けあっていて云々、と、お母さんが困っている日記にたどり着きました。

子供って、大人びた事を、その時代なりにしたがりますよね。

まあ小学生はまずいと思いますが。



私は妙な男でして、ピアスつけてます。金属アレルギーがお年と共に酷くなってきて、腫れてしまう時は外しますが。

男性でも、若い人は結構開けてますよね。但し一般的には片耳の人が多いでしょ?大学の頃開けましたが、両耳開けてます。

更に妙なヤツですから、タトゥーがあちこち入ってます。夏場、半袖シャツの袖丈と、短パンの長さで、ヒヤヒヤしたりするのですが。

なので、介護屋になってから、仕事でプールの付き添い、健康ランドの付き添いが出来ない訳です。

刺青は、30代になって、親から解放されて、縁が切れて、やっと入れました。勿論機械彫りです。

ピアスは外科で開けました。当時は自費ですが、インフレの関係で、4000円だった記憶がありますが、曖昧です。

タトゥーは、数年掛かって、数ヶ所入れました。4つかな?小さいのから、目立つの迄、同じ彫り師さんに入れて貰いました。

実はまだ増やしたい時もありますが、介護屋、服装自由な面がありますが、利用者さんで、重度の方はともかく、ご家族にはまずいので、ちょっと気を使う事はあります。

刺青は人に見せるものではない、趣味趣向ですから、タンクトップはめったに着ません。

妻が一時入れたがっていまして、好きにしたら良いよ、と写真集を買ってきた事があるのですが、今一つ、その気にならないようなので、そのままです。

ヤクザではありませんから、社会生活に支障がない程度に、大人は楽しんだら良いかと思いますが。

小学生のピアスは、結構驚きました。


解りにくい年金の話
先日、社会保険事務所の分室に行きましてね。自分の年金、妻の年金の話を聞いて来ました。

まあ、それは良いのですが、分室の中に、山程パンフレットが積んでありました。何枚か貰って来て、読んでみて、呆れてしまったので、笑い話で、一つ書こうと思います。

現在、厚生年金の支給は、60歳?65歳?コロコロ変わるので、良く知らないのですがね。

良くある年金に対する質問の誤解を解く、みたいなパンフレットがありました。

良くある年金に対する質問として、こんなのが挙げてありました。

曰く

特別支給の老齢厚生年金の請求

特別支給の老齢厚生年金を受けとると、減額されるのですか?』

特別支給とあるからには、本来より早く貰う、と言うケースかな、と思いました。

答えに呆れて、笑ってしまいました。

『減額されません!』と赤い太い文字で、まず書いてあります。

説明文は以下でした。

『厚生年金保険に加入されていた期間が12ヶ月以上ある場合、「特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分」は、60歳から受け取ったからといって減額はされません』

「」部分は、赤字太文字です。

続けて、『また、受給権が発生した「特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分」は、請求時期を遅らせても増額はされません』

請求時期を遅らせても増額はされません、の部分には、下線が太く引かれています。


質問している人は、年金を65歳で貰うのと、60歳から特別支給で貰うのでは、60歳で貰う方が、金額が少ないのではないか?=減額になるのではないか?

と聞いているんじゃないかな、と、私は感じました。そういう話、あちこちで聞きますね。ファイナンシャルプランナーや、受け取る予定の口座のある金融機関の、年金相談で聞いたり、相談したりする方、多いと思います。

良くパンフレットを見ると、欄外に<#STAR>がついていて、小さな読みにくい文字で、注釈がついています。

<#STAR> 60歳から:生年月日によって異なります。必ずご自身のケースをご確認下さい

<#STAR>増額はされません:65歳以降に受給権が発生する老齢厚生、基礎年金には、請求時期を遅らせて年金額が増額する「繰り下げ」制度があります。


高齢者の人が読んで解ります?


年金制度は破綻している、とも言いますが、とにかく仕組みが複雑です。貰える筈の年金が消えた人は、星の数程いるそうです。

特別支給の老齢厚生年金だか、老齢厚生年金だか、老齢基礎年金だか、知りませんが。

老齢厚生年金=厚生年金制度に加入して、25年以上納めた人、だけが、いわゆる満額が貰える筈です。

厚生年金制度に加入して、25年以上、掛け金を納めた人は、国民年金も、同期間納めた、と、見なされます。


老齢基礎年金は、国民年金だけに加入して、国民年金の掛け金だけを納めた人が貰うものです。

厚生年金と、国民年金と、どちらが沢山貰えるか、と言うと、同じ条件の下では、必ず、厚生年金の方が、貰う金額が多いのです。例え1000円でも、必ず多いです。

仕組みを私も良く知らないので、曖昧ですが、「特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分」だけ、60歳から貰って、本体にあたる、65歳から受給権が発生する、老齢厚生年金、老齢基礎年金を65歳から貰えば、金額は満額になりますよね。

「」別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分」って、本体じゃ無さそうですよね?


名目は何でも良いのです。
65歳から、年金を貰うのと、60歳から貰うのと、どちらが沢山貰えるか、を皆さん知りたいのではないでしょうか?

全体として、ね。

満額貰えるが、65歳迄待った方が、全体として、沢山貰えるのではないですか?
と、皆さん聞きたいと聞きたいんじゃないかしら?

減額される事はないらしいです

そうですが、65歳迄待てば、受給金額に増額がある訳で増えますよね。


パンフレットじゃ訳が解らんです。



これ、税金で作られていますね?社会保険事務所の中、あちこちの役所の中にだけ置いて、誰が手軽に手に取るのでしょう?

コンビニエンスストア、ファミリーレストラン、各種金額機関、いくらでも置ける場所があります。銀行、郵便局、になんで置かないんだろう?

社会保険事務所は、夫婦して、障害年金受給者ですし、時々用事で行きますが、ブースが幾つかあるに、二時間、三時間待つのは当たり前です。

用紙が欲しいだけ、でも、決まりがあるのか、待たされます。

説明の仕方も、当地の場合は余り上手じゃありません。高齢者の方で、あちこち話が飛んでしまって、聞きたい事がまとまらなくなってしまう方等もおいでです。

要点を整理して、メモ紙で良いですから、持たせてくれるくらいしても良い、と思うのです。

我が家の事で、聞きに行きましたが、質問をまとめて持って行ったのに、メモのし損ないで、曖昧になってしまい、判らなくなった部分もあります。


何より、労働者が、平日の9時〜5時に、二時間待ちで相談に行けます?働き盛りの頃から、備えていないと、後でしまった!と言う事起こりそうでしょ?


1ヶ月足りないだけで、無年金、みたいな事、もう起きて欲しくないですよね。

妻も、金銭的に著しく困窮していた時期があったそうです。延納や、減免の制度がありますが、知らずに、期限一杯迄未納にして、期限ギリギリから、追い掛けられる様に、納めたらしいですよ。様々な税金やら、保険料やら。


お困りの方が、気楽に相談出来る所、があるといいのに。