bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



小さな光景
本日も病院さん、三件回っています。


あちこちなので、電車で移動中です。一件目が終わり、一度帰宅する為に、電車の中に居ます。

ホームのすぐそばで、知的障害のある自閉症の方かな?と思える、高校生か、中学生くらいの女性が、お母さんと一緒に、電車を待っていました。

彼女は、何か、お母さんに訴えたい事がある様子でした。短い言葉を繰り返しています。その意味は、お母さんは理解されている様子。

希望を述べているのでしょうか。ついつい声が大きくなります。自閉症のある方に、大声が止まらない方もおいでになります。

自己刺激を楽しんでいるのか、自然と自己刺激で興奮してしまうのか、その方によって、色々の様子ですね。

お母さんが、お嬢さんに、サインをしました。唇に、人差し指を縦に宛てました。

しー!ですね。

次の瞬間、失礼ですが、ちょっと驚いた。

お嬢さん、えーと、頭声とか言いますが、声なく話す事が、我々出来ますよね。囁くと言うヤツです。

それで話しをする様に、話し方を変えました。


結構、囁き声で話しをする事は難しいんです。
力一杯!と言うのは簡単なので、いつも興奮的な話し方になる方は、かなり居ます。

技術が知りたいなあ〜


今はそれどころではないので、まずは完治しませんと。

最後の予約は夕方、17時15分。丸一日病院の掛け持ちなので、明日は1日寝込むつもりです。


毎日一ヶ所を3日通院するなら、1日に固めて、2日は丸々休める方が、メリハリがつきます。だらだら毎日半端に通院すると、休まらない。

昨日も三ヶ所でしたね。


明日こそは、寝込みます。

スポンサーサイト




騒動は続く
肝機能障害の再検査の為に、本日も拠点病院に予約で行きました。


医学的な見地からは、ほぼ正常なのですが、一応、まだ基準値をオーバーしています。私の体調は、一進一退。半日は動けますが、丸1日はもちません。

激症的な時期は収束した、との事で、掛かり付け医に戻る事になりました。

原因らしきものも、特定されつつあります。ウィルス感染か、薬剤性しか考えられないそうで、濃厚なのは、ウィルス感染の方だそうです。

何に感染した可能性が高いか、と言うと、EBウィルスとの事。
何かに感染すると、抗体が出来ますね。EBウィルスに抗体反応があるんです。陽性と言う事です。

感染して、しばらくすると、遅れて抗体値が急上昇するそうで、ウィルス感染ならば、あと1週間くらいで、値が、がーっと4倍、5倍になるそうです。それが出たら、EBウィルス感染による、急性肝炎と言うか、肝機能障害と言うか、の確定が出来るとの事。


EBウィルスって何か、と言うと、エライショボいウィルスなんです。耐性ブドウ球菌、とか言うと、かなり酷いな、と言えますが、EBウィルスは、要するに、ヘルペス菌です。単純ヘルペス菌は、口腔ヘルペス、帯状疱疹なんかを作りますね。私も左の口端に感染していて、たまに出ます。

EBウィルスは、亜種だそうで、アフリカ大陸では、悪性リンパ種の元凶で、中国大陸では、名前を忘れましたが、特定のガンを起こす元凶なんだそうですが。

単純な細菌、ウィルスは、そこら中に、うじゃうじゃ居ますでしょう?健康なら感染したりしません。高齢者病棟やら、施設やら、療養病院なんかでは、集団感染が起こる事があり、患者さんの基礎体力や、抗生物質の使い方で、運悪く耐性化すると、厄介な事になりますね。

耐性黄色ブドウ球菌やら、MRSAやら、耐性病原性大腸菌やら。

EBウィルスに対する抗体は、日本人の9割の人が持っていて、症状化していないケースがほとんどなのだそうです。

私にも抗体化がありますが、一般的な抗体値より、かなり高いそうです。

そこら中に、うじゃうじゃいる、どうでも良い簡単なウィルスに感染しちゃった、と言う事になりますから、どれ程体力が落ちていたんだ?になっちゃいます。


使い物にならんですよね?

薬剤性の方だとすると、ややましで、以前投与されていて、一度中止していた物を再投与した場合、アレルギー反応が起こり、抗体化する事があるそうです。

これは疲労とは関係なく起こる事になっています。私はIgEと言いますが、アレルギーっぽさの値が、基準値を遥かに越えていて、花粉反応も強く、立派なアレルギー体質です。だから、抗体化が起こってもおかしくないのですが。

抗体化が起こった、と考えられる薬が、マズイのですよ。精神薬です。汎用では、統合失調症の薬、と出ます。私は統合失調症は病んだ事がありません。効果として、交感神経の感度を下げます。

どうやら、元々交感神経の感度が通常の方より高いらしく、それが元で、15年程前ですが、当時はかなり酷い状態の精神疾患になり、数年、社会からドロップアウトしてました。

精神科医師の良い方に廻り合い、治して頂き、今は落ち着いていて、再発防止に月に二回ずつ通院し、少量の薬を飲んでいます。


職員に、精神疾患経験者が居ると、トップは不安になるようです。だから、今は、精神科は行っていないか、たまに不定期に顔を出す程度、と言う印象にしてあります。

ルーランと言う薬が、抗体化して、アレルギー反応を起こした可能性も否めないので、ルーランは禁忌になりました。

ちょっと調べれば、精神科で、統合失調症に使う薬、とわかってしまうのに、正直にトップへの連絡に書いてしまいました。


ばいきんまんが、腹膜炎を起こした、みたいな話か、精神的に病の状態にあり、その為に、勤務に著しい困難を生じている、みたいな話になってしまいます。


案の定、新年度は、一番短い非常勤職員でも、職員としての雇用は難しいと考える、と、トップから返事が来ちゃいました。


心臓切っていて、すぐ疲れて、ばいきんまんに感染したり、精神的に病の状態にある職員は、確かに使い物になりません。


誤解を解こうとすると、山程墓穴を掘ると言う状態。

精神科は出さずに、肝臓を見てくれた二人の医師の見解では、私の身体に不具合がある可能性があり、それは生活訓練で、克服出来るので、掛かり付けの医師が指導をしてくれる、としましたが、又、穴を掘った様な気がします。


職員に拘るのは、責任を持つ権利と義務が欲しいのと、生活の為の2つですね。責任を持ちたい、支援計画を立て、実施する義務と権利が欲しいのです。

重度の障害者になったのは、ひとえに、団体の勤務形態がキツすぎる為でした。言えませんけれど。

当団体の様な過酷な勤務形態の団体は、当自治体にはありません。だから、うちで少し使える様になった登録さんは、他の団体で、正規職員になります。

誰かがうちの役割を果たさないと、地域の障害者の方は困るでしょう。
と言って、勤務が楽そうな団体に移る気は、私にはないんです。

寝た切りの妻を抱えて、どうしたものか、話がややこしくなってしまい、困っています。

トップとは、元々の個人的な感性が違うので、拗れやすいのは、前からなんだけど。

さて。どうなりますかね。


今回の騒動の発端は、1月に、義父が海に転落したことから、です。交感神経上がりっぱなしになってしまい、へとへとに疲れはて、肝臓やられてしまった、と言う単純な事なんですよ。
交感神経下げる為に、ルーランを使いはじめて、数日で、肝機能が悪化。今に至る、でしょうか。


本当に困りましたね〜


大東京マラソン大会
以前は、東京マラソンと言った気がします。テレビドラマの『相棒』が映画になった時、舞台になりましたね。芸能人なんかがわらわら出て、お笑い番組のネタになったりもしています。

昨年でしたか?

お笑いタレントさんが、心筋梗塞で、倒れて、大騒ぎになったの?急性心不全でしたっけ?

心臓に負荷が掛かり過ぎ、所謂心房細動が起こり、ばたり!と倒れたかと、記憶しています。

本人さんは、気分が悪くなって、倒れたんじゃないかな、と思います。市民マラソンですから、鍛えたプロのアマチュア選手だけが出る訳ではなくて、一般ランナーは、規定時間迄に、完走したい、等の別の目的で参加しますよね。

仮装して走る人や、のんびり風景を見ながら、歩くに近い方もあります。

イイですよね。こういうの。全国から応募者があって、くじ引きで、当たった人が参加出来るそうです。


そうです と言うのは、ホームの利用者さんが、普段お世話になっている、内科の個人医院の医師の方が、何回目の大会かは知らないのですが〜昨年度かな?〜勿論中年は肥えた方ですけれど、抽選に当たって、東京迄参加に行かれ、35000人のうち4000位くらいで、ゴールされた写真が掲げてあります。

参加費用に含まれているのかな?と思いますが、六ッ切りくらい?の走っている姿の写真に、名前、所属(地元の医師の運動倶楽部?)、記録、順位 なんかが記載されていて、びっくりしました。

3時間40分くらいの記録でした。趣味の方としても、結構凄いですよね?



私は幼い頃から、走る競技、水泳等の全身有酸素運動は、禁止されていましたから、した事がありません。

中学生の時、1000メートルだったか、3000メートルだかを走ってみる授業があって、体育ね、走った覚えがあります。短距離はまるでダメでしたが、このくらいは走れた様な。

母親に自慢話をして、怒鳴られた覚えがありますよ。


子供の頃は、心筋梗塞を起こしたら、治療方法がなかったようなので、学校が怖がって、学校用の無料の診断書があるので、それにダメと書いて貰って来て下さい、だったから、出来ませんでした。


学校の体育の授業なら、出来たと今は思います。ちょっと残念ですね。いま思うと。


心臓切った後は、疲れている時等は、重い荷物を持つ、持ったまま、速足で、なんキロと歩く、短距離でも、ばっと走る、等をすると、動悸、息切れで、困りますから。

とてもマラソン大会には出られません。


地元で毎月、市民有志が、(歩け歩け大会)をしていましてね。20キロくらいのぐるりと回れる、遊歩道があるんです。そこを好きな様に歩く、と言うのをやってます。


時々団体のイベントでのっかって、利用者さん1人に、私達支援者1人がついて、参加する事があります。

歩みがゆっくりな方の付き添いになって、仕事で歩く事が前はありました。

心臓はかなり悪化していたから、と思いますが、ゆっくり歩く利用者さん、と言うのは、歩行能力に問題があるから、ゆっくりなんです。介助が必要な方が多い。

自分1人なら、調節して歩けますが、それが出来ない+利用者さん、介助つき、は、実に困った覚えがあります。



趣味と健康を兼ねた、気軽なスポーツは、やっぱり歩く、でしょう。


ご自分の健康を良く知られて、安全に楽しまれて下さいね。


何ヵ月かに一度だけ、寝不足で、早朝から出掛け、朝からビールをのみながら、クラブを振り回す のは、運動とは呼びません。


結構死亡事故多いです。


少しだけ回復中
肝機能障害真っ最中です。
発覚したのが、18日。
発症したのは、原因薬剤を飲み始めたのが、14日ですから、本格的に肝機能障害になったのは、その辺りでしょうか。


怪しかったのは、義父が海に転落した頃から、怪しかったと思います。


で、何もせずに寝てる様にしていますから、肥えたかな?とも思い、普段より食べられないので、やつれたかな?とも思い。

夕食前に風呂に入って、目方を計ってみました。

一時的な事でしょうが、やつれてました。ほんの2キロ。体脂肪が5%。本格的に発症してから、1週間経っていない感じなんですが。


普段、中年肥りで、ちとオーバー気味なんで、このままキープしたまま、元気になりたいなあ、と思うけれど、そうはいかないでしょうね。


肝炎じゃないんですよ。
肝機能障害です。
仕事に出ても構わないくらいの、データなんだそうですから、やつれなくても良さそうです。


もうしばらくおとなしくしています。とはいえ、妻は身体に病はありませんが、脳の伝達経路がやられていますから、動けません。

私は身体が病ですが、伝達経路はやられて居ないので、必要最低限の事は、病人がしていますです。


東京渋谷の、高齢者傷害事件
しばらく前迄、マスコミが、わーわーやっていましたが、いきなり、報道が消えましたね。


こんな事件だったかと思います。

東京の渋谷駅は広いらしく、地下街に商店街が広がっているそうで。

その中の商店街の1つの、目立つところに、手洗いがあるそうです。女性の手洗いに入った方が、血を流して倒れている、60代の女性を発見なさったとか。


緊急配備をすると、商店街か、手洗いのごく近くに、茫然自失になっている、女性高齢者がいたそうですね。

警察官の方が、おかしいな、と思ったのでしょうか?調べてみたら、血だらけの包丁を持っていて、奇妙な供述をした、と。


福島の病院に入院中。外泊許可を得て、東京の友人に会いに来た。
手洗いで、不審な女性がじろじろと見るので、刺した。
包丁は、戦う為に持っていた。



お決まりに、精神科通院歴があり?云々。


拘束された時点で、どこの誰だか、判っていたんだろうか?

精神科通院歴があり は、ちょっとおかしな犯罪があると、マスコミが大好きな言葉ですね。

こうして、一般市民に、精神科に通院した事がある人は、何かあると、人殺しをする、精神鑑定で、責任能力無しになって、無罪放免。


なんて言う風潮が広まる訳ですかね。



素人のゲスの勘繰りですが。

刺した高齢者女性ですが。病は何なんだろう?
お婆さんの年齢で、急性期症状が出るって何だろう?
急性期症状?

まあ、幻覚、幻視、妄想、幻聴、等が出る病はありますね。特に高齢者の方には。

認知症です。

事件が起こったのは、丁度。初期の認知症の方が、黄昏症候群、帰りたい症候群を起こし、不安、不安定、不穏な状態で、徘徊する時間帯でもありますね。


でも。でもなんです。
認知症の方は、認知が障害されている訳ですから、不安定、不安、不穏になっても、敵に狙われている、嫁に殺される、等の妄想に取り付かれても、系統立って、包丁を用意出来るか、信じかねるのですよ。


こんな事も考えてみました。真実かどうかは、プライバシーですから、判りませんけれど。


何らかの病で、どこかの病院に入院経験はある人かも知れません。今、入院中だったかも知れない。

大震災で、首都圏に移り住む事になった人では?と感じます。福島に心のふるさとがある人ではないか、と。

黄昏症候群、帰りたい症候群って、認知症の人は、今を理解する事が難しい為に。自分にとって、一番印象深い場所を帰る場所と確信していまうのですって。

今はもう存在しない。子供時代の家や、環境等に帰そうしてしまう。


精神科範疇で、ほぼ間違いなく、攻撃的な妄想になるのは、違法薬物依存症でしょう。

統合失調症の激しい急性期症状を起こす方、ありますけど、その場で、攻撃的行動が出ますので、福島から東京の渋谷迄、包丁持って無事?に大人しく出ては来られません。

急性化した時に、手元に刃物があれば、自意識なく、振り回しますけどね。



と言う事で、被疑者女性の話が、ピタリと消えた、と言う事は、と、私は邪推しています。

確かに傷害罪ですし、殺人未遂かも知れないのですが。どこの誰だか判明し、法的な保護者が、被害者の方に、説明陳謝されて、示談にされたんじゃないかな、と。

示談になり、しかも本人さんは、運悪く、不穏な状態で、となれば、刑事事件にならなくなったのではないか、って思うんです。



精神科通院歴がある
認知症がある

何をしでかしてもおかしくない、危険人物

と言う図式を作ったのは、間違いなくマスコミです。


本当に危ないのは。
何かのおかしな事柄に固執して、社会が悪い!等と責任転嫁している、健常者じゃないかなあ。


勿論真相は判りませんが。精神科の範疇で、急性期症状を起こした人、とも、認知症のゆえとも、どうにも説明がつかぬ気がしています。


悪戦苦闘中
正式な病名がやっと判りました。

薬剤性肝機能障害

肝炎迄はいっていない様です。

ERから受診した医師が、いかにも軽そうな事を言うので、それでなくても、なんやかんやで、ポンコツな私は、いつから仕事になっても良い様に、少しずつ動いてみましたら。

泥の様に疲れてしまいます。

障害が重くて、病気している方が、障害の軽い方の様子を見ている状態です。

妻は私が病んでいるので、明らかにおかしいですし、私は動けません。データは綺麗に下がっている様子ですから、昨日は、電車で1駅移動して、妻と昼食を摂りました。

帰り道、ほとんど歩いてもいないのに、全身疲れはて、どうにもなりませんでした。

医療関係の友人に相談したら。

データだけ下がっても、身体は心底疲れてる。
動いたら回復しない。
ひたすら寝ていないと、ぶり返すよ。

と、真面目に脅されてしまいました。私は妻の面倒をみても、妻は私の面倒を見られません。


どうしましょう。
困りましたね。


確定申告済みました
サラリーマンの方、今は確定申告されますよね?

会社ではやってくれない控除が沢山ありますから。

私は医療費です。障害者医療証で1割負担ですが、結構な金額でびっくりしました。200000円越えたんです。一般の方なら、600000円にあたります。

住民税なんかはどうなるか、と思い、市民税課に質問してみました。所得税と住民税は、計算方法が違い、限度額も違うのです。


結論としては、住民税の計算方法で計算して、所得が1250000円以下の障害者は、非課税です。昨年度は1310000円あり、ギリギリで課税対象。障害者医療証の1割負担も、NHKの受信料も消えませんでした。

今年度、平成23年度は、1140000円なので、私も非課税になります。

都道府県レベル、所得税レベルから、私と妻は、別世帯です。

市役所のレベルでは、同一世帯。

ややこしい事が山程ありますね。

妻のヘルパーさんの代金の一部負担金は、国レベルどすから、ありません。妻は障害年金しか収入がないから。

障害年金、障害基礎年金は、非課税なんです。自治体の重度加算金なんかも非課税ですね。

老齢基礎年金は、課税対象です。

新年度から、諦めて、格下げにする事にしたので、ずっと我が家は非課税かな。
昨年の大震災で、寄付金を出した方。まともな領収書があれば、寄付金控除使えます。今回は、還元率がかなりアップしています。


還付金は大した事ありませんが、還付申告をすると、次の年の住民税が格段に少なくなる方、実は結構おいでです。


薬物性肝機能障害

こんなのですがね。

薬物性肝機能障害





ずっと不調でしたが、様々あって、昨日、業を煮やして、掛かり付けの内科を受診。
即 で検体を出して貰って。

10時頃、事務所経由で、電話がかかってきました。事務所の同僚が受けてくれたんです。
『すぐ電話をするように』って。

電話すると、『すぐ受診して下さい』


なんかやったな と想ったから、検査を頼みに昨日行ったんですよ。
多分肝炎だな と思いつつ行くと、まあまああたり。

その医院は個人医院ですから、地域の3次救急まである大きな病院に、すぐ紹介状を書いてくれて、問い合わせをしてくれて、受け入れします の返事まで貰ってくれました。

拠点病院で、詳しい詳しい血液検査を2回して、とにかく疲れました。
肝機能障害ですから、疲れているんですが。
原因は、どうも疲れやら、ウィルスやらではないらしいです。

薬物反応性のがあるんですって。


中毒の様に、大量に何かを飲んだ時
珍しくふと再利用になって、又飲み始めた薬がきっかけになる事もあるようです。

幸いにして、劇症化は避けられていて、ピークは終わった様子との事で、入院のつもりで行ったのですが、入院はせずに済みました。半月程度は、自宅で安静ですって。薬物に過敏になってもいるので、薬は出ません。ただひたすら安静。静養じゃありません。安静。


どんな病気だろう?とパラパラザッピングしていたら、上記のが出てきて、どんぴしゃり。
1カ月ほど前から、全身が激しく痒くて、(発疹は無いです。発疹があると、中毒性になるそうです。大量に何かの薬を勝手に飲んじゃった と言う事ですって。)突発性か、再使用のショックか、珍しい薬を飲んだか と言う感じですが…

しばらく前、1カ月ほど前から?半月ほど前から?鎮痛剤を飲んでいました。ロキソニン。副作用が激しい胃の痛み。退所の為の、ガスター20がなくて(市販のガスターに20は有りません。市販のガスター10を2錠飲んでも、成分含有量が違うので、効きません。私には。)胃が痛いまま、吐き気がするまま、我慢して、鎮痛剤を飲んでいました。それこそ、半月くらい、毎日。日によっては、2回飲む事もありました。

これと。

数日前に精神科で処方してくれた、久しぶりの再利用の薬 これが、最後の引き金になった様な気がします。


肝炎ではなく、肝機能障害(軽い)ので、自宅安静になりました。
半月から1カ月くらいでしょうか。

治ってくれないと、今もあちこちに引っかき傷と膿を拵えている、全身の激しい痒みが止まりません。
初期症状が痒みと知って、発症したのは最近ではなく、1カ月程度前なんだ と思っています。
再使用の薬が劇症化の引き金になったのだろう事も伝えましょう。

昨日から、立て続けに2日間で、4回採血しましたので、あちこち穴だらけです。
月曜日にも採血しますので、安静の為にはそうそう動く訳にいきません。
妻に、以前利用していた、NPO法人さんの作業所が、弁当の宅配をやっているので、(おかずだけ が出来ます)それをしばらくは頼もうか と思っています。


絶対に今年は天中殺だと思う!!!


主治医から電話を貰いました
私の主治医は、主な方で、三人居ます。

内科

精神科

このお二人は大体15年くらいのお付き合いです。

循環器

この方は、以前から存じ上げていた方ですが、最初の主治医が他界されてから、のお付き合いですから、10年には足りません。


この三ヶ所は、何かアドバイスを頂く度に、何らかの形で、私が報告して回ります。

今日は、幾らなんでもおかしいな、と思う症状があり、先に内科に行きました。検査して頂き、循環器へ。
そこの話を持って、又、内科と、精神科に報告に行きました。

満身創痍ですから、帰宅して横になっていると、精神科の主治医が診療もとっくに終わった頃、自宅に電話を下さいました。

妻が受けたので、お互い、あの、その、えーと、になった様で、何とか起き上がって、電話の場所に行った時は、妻が、夫は動けないので、お掛け直し致します、と、切ったところでした。

内科に相談した事の原因の可能性の1つに、火曜日から精神科で出して頂いている、精神薬があるのでは?
と、内科の医師に言われた、と、受付の方に伝えて貰ったのです。精神科医師の30年の経験上、一度もないそうですが、確かに不具合の原因として、教科書には載っているそうです。

まさかとは思うが、万一、その副作用であったら、大変な事になるので、違うと思うが、検査結果が出る迄、中止した方が良い。心配なので、との事でした。

私は医師が合わないと言う事が余りなくて、合わないと判れば、一回で失礼してしまうので、余程の事がない限りは、何十年と同じ主治医に通います。何かあれば、報告も必ずします。

でも、15年の中で、精神科の主治医が心配して電話を下さったのは初めてです。
私も違うと思いますが、数日で判る事なので、今夜から数日、中止しておこうと思います。

有難い事です。


天皇陛下のご病状
私どもの様な庶民には判りませんが。

冠動脈に、狭窄箇所がおありになるそうですね。

ご病状は判りませんが、明日、バイパス手術をなさる、と聞きました。

冠動脈バイパス手術は、決して気楽な手術ではありません。ご年齢に照らすと、多くの患者さんのおいでのご年齢ですね。

私は、尊皇でも攘夷でも、右翼でも、左翼でも、ありませず、ただのそこらの庶民ですが、心臓の病は、実に厄介です。

最高の医師団が組まれているのでしょう。無事成功され、お元気になられるのを、お祈りしたいと思います。

幸い、私は、冠動脈には狭窄はなく、バイパス手術は必要ありませんでした。



今上天皇陛下は、どうも、ご成婚が私の生まれる少し前、とあって、いつまでも、皇太子殿下の様な気がしますが、実は、私の父親と同じ年のお生まれです。

現在の皇太子殿下、秋篠宮殿下、黒田清子様、は、大体私と同年輩です。秋篠宮殿下が一番年がお近いですね。私より少し年下であられます。


皇族の方々も、お1人の人間であられますから、病と無縁ではおいでになれないのでしょう。

早くお身体、お楽になられる事をお祈りします。