bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



最近のワタクシ
先日、半年ぶりに「ぶらぶら」と一人で外出しました。疲れ切っていて、動くどころの騒ぎではなかったのですが、なんと言いますか、私でも精神的に?肉体的に(これは本当。いい年ですから。)困っちゃう事があるらしい。

で、忙しくて一日おきに夜勤で、休みは週に一日しかないので、休日は寝てるしかないんですが、えいや!で強制的に「ぶらぶら」しに行きました。

それなりに楽しかったです(^-^)☆

ところが、ぶらぶらしに行ったのに、後で良く考えると「一人ガイドヘルプ」状態で、「こんな時にも商売っ気が抜けないわ」と自分でおかしくなりました。
今度の週末、ガイドヘルプがあるので、その時にでもそのコース使いましょうか。

交通費数百円、コーヒースタンド460円、昼食690円でしたから、まんまガイドヘルプで使えます。


都会の大きな公園をぼーっと歩いてみました。
様々な変な人たちがいます。
売れない芸人さん、歌手もどき、集団で体操している人たち、ダンスの練習してる人たち、楽器吹いてる人たち…
イベントもごちゃまぜでやってました。オリエンテーションもやっていたし、視覚障害者マラソンもやってました。
ジョギングしている人もサイクリングしている人もいました。
日本人も外国の方もいました。

2~3時間歩いて、遠回りして次の駅まで行って、そこから違う経路でバスと電車で帰ってきました。


最近。

GHも3年目になり、かなりシビアな問題、課題が山積しています。相棒は若いので、それほど苦にならないか、そこまで真剣に実感できないのかわかりませんが、それほど深刻ではない様子。
私は発足当時からいろいろ全部やってきたので、限界も見えてきたり、どうにもならない事があったり、で、ちょっと今、苦戦中です。

利用者さんはみなさん、元気に楽しく目毎日を送っておられますよ。利用者さんに悟られたり、ご家族に悟られたりするようじゃ、支援者失格ですからね。

たまには自分を解放してやりたいものですね。
介護屋稼業、なかなかそうもいきません。

今の夢は…

趣味を持つことです。
私の趣味、大したものはなくて、読書とDVD鑑賞くらい。最近はする気力がありませんが、あとはネイルアート。

ちょっとお金と暇のかかる趣味がしたいんです。
今の第一候補は射撃です。
クレー射撃がいいなぁ~。
飛んでるものを撃ち落とすって、ちょっとやってみたいんですよね。

いつになります事やら…

スポンサーサイト




野球帽
今風に言えば、キャップですかね?前つばの帽子です。

ずっと疑問に思っている事があるんです。
知的障害のある男性方、みなさん帽子をかぶっているのはなぜでしょうか?しかも、揃って野球帽です。作業所や生活介護の通所施設でも外出の予定があると、必ず持ち物に「帽子」と指定してきます。

保護のつもりなんだと思うのですよ。一応は。
真夏などは帽子で熱を防ぐという意味もありましょうし、真冬なら冷えないようにとかね。

でもでも。
これも、私たち一般人やりますか?普通帽子かぶって出かけます?

年配の方で、実にかっこよくシックな帽子を使っておいでの方がいます。
若い方で、おしゃれで帽子をかぶっている男性(もちろん女性でもいますけど)結構います。
帽子が悪いとは思いませんが、なんと言うか、センスがなさすぎるのね。
実用的すぎると言いますか…

野球の応援に行く時に、球団の野球帽をかぶる は、われわれでも熱心なファンならやるでしょう。サッカーは知らないけど。球場近くならかぶりますが、地元の駅からかぶっていくのは、私は結構勇気が要ります。当地、とある野球の球団の本拠地があります。拙宅からなら電車で20分でついてしまいます。(どんな田舎かご想像下さい。)電車の中に球団の野球帽かぶった人、勿論たくさんいます。でも、それは野球のある日です。普段の日にはいません。

ここまで書いてきて、やっと分かってきました。
いわゆるTPOの問題ですね。

どーも知的障害者の方は、「お散歩」「遠足」「歩く」がどうしても多くなります。それにはもちろん意味があり、自己責任で運動しない事を選択する事が出来ないから。われわれが運動しないのは自己責任です。彼らはその点について自己責任を取ることが難しいです。ですから、「お散歩」「遠足」「歩く」はあり得ると思っています。GHでも散歩、良く連れて行きます。

発散という視点からも有効と考えられます。エネルギー有り余ってパニック起こしてしまう人などは、発散によって安定して過ごせます。そういう意味から「お散歩」は別に悪い事ではないでしょう。

ですから、お散歩する時に、野球帽をかぶって歩く というのは、理にかなっていますが、お出かけするときはいつも野球帽 というのはいかがなものかと。
おしゃれな帽子買いましょうよ。ねえ?お母さん?お父さん?

ホームの利用者さんもほとんどが野球帽なんですよね。
私もつい、暑い時などは、通所時に「○○さん、帽子をかぶっていらっしゃい!」とやっちゃうのですが、その帽子がねぇ…いつも野球帽。間違うとあちこちの球団の野球帽とか。そうじゃなくてもいかにも野球帽的な野球帽。

うーん…
これ、何とかしたいもんですね。

子ども時代、みなさん子供は結構帽子かぶっています。体力的に弱いからです。遊んでいる時にあちこちぶつけたりもしますから。そういう場合は、男の子はやっぱり野球帽ですよね。それは理にかなっています。私が知的障害を持つ成人男性の野球帽にどうしても違和感を覚えるのは、「それ、子供の頃のままひきずっていませんか?」と言う事なのかもしれません。

暑さ、寒さの緩和する為に、自己責任で調節できない知的障害を持った方に帽子をかぶってもらうのはやむを得ない部分はあります。あちこちぶつける人とかも。スーツで出勤と言う様な事はほとんどない人たちですので、普段着になんにでも合うのは男性の場合は野球帽になっちゃうのしょうがないのですけれど、私自身、おしゃれや、暑さ、寒さをしのぐ為に帽子をかぶろうという場合に、野球帽は恥ずかしいのでかぶりません。恥ずかしいかどうか は、これは個人の感性ですけれど、知的障害を持った成人男性が外出する時、誰も彼も野球帽をかぶっているってのは、どうなんでしょうかねぇ…

キャップじゃなくて、せめてハットをかぶろうよ と思ったりするのですけれど。




ファミリーレストランにて雑感
先日PHSを洗濯してしまい、データ復帰に出していて、やっとのことで、PHS屋さんにデータを拾ってもらいました。いいお値段でした。もう洗濯はしないようにします。仕事の電話帳がきれいさっぱり消えてしまうとかなり困るので、預けてから10日間以上経ったのですけれど、その間にせっせと人海戦力で電話帳を作っていました。借り物のPHSに。

無事だったのですが、ついでに新しい方の電話番号なども借り物に入れてあって、それはしょうがないから、家内の携帯電話にメールで送らせてもらい、あとで送り返してもらって、登録します。

ふう。

で、今日は明けでそのPHSを取りに行きました。
いろいろあり、夜勤明けはやっぱりふらふらです。特に土曜日は3日泊まった後ですから、(月、水、金に泊まります。)へろへろです。

取りに行って、お金を払ってPHSを受け取って(ああ。本体は駄目でした。新しいのと交換になりました。データが生きていたのが不思議です。PHS屋さん、凄いですね。)お昼を墜落寸前でファミリーレストランで食べました。明けで調子悪いですから、何かおなかに入れておかないとますます消耗しちゃうので。自宅に帰って材料一から洗って作るなんて元気はありません。家内も忙しいので、買い物からしないと食事は作れません。割り切っています。お互いに。じゃないと平穏に過ごせないしね。

と言う訳で、ファミリーレストランで食事をしていて、「キャー!キャ!」みたいな声に気付きました。隣の席には子供さんがおられました。右隣。声は左の奥の方からします。左の奥の方には少し年配の女性と娘さん?かな?と思われる方のお二人連れがおられました。良く見ると若い女性の方は荷物をリュックサックにしています。

もしかしたら?

どうも、その若い女性が「キャ!」と言ったようなので、軽度の知的障害か、発達障害のある方だったのかも知れません。わかりませんが・・・伺ってみる訳にも参りませんし、伺ってどうする?と言うのもありますし。

「キャ!」が迷惑でした という話ではなくて、障害者の方って(どんな障害の方でも)日常的にどこにでもおられますし、何でもしていますし、特別な存在ではないのですよね。
私はこの仕事を始めてからやっとその事に気付いたような勘の悪い支援者ですけれど、普通の方と言うか、一般の方?健常者の方?って、気づいておられるのでしょうかね?当たり前に社会にいる人々の中のお一人にすぎないという事を。

特別な人だという感性の方はたくさんおられると思います。当たり前の一人の人間だという感性の方は少し少ないかも知れませんね。

当地は何故か(PHS屋さんは少し先の駅にあります。ここはド田舎ですので。)やたらに自転車と車いすと障害者の方が目立つんです。どこにもかしこにもいます。私がこの仕事をしているから分かるんじゃなくて、明らかに多いんです。何ででしょう?

支援態勢がしっかりしている自治体はすぐそばにあります。たぶん、障害者支援では日本で有数の自治体でしょう。そことはここは、レベルが違って、ちょっと下がります。なのに、ものすごくたくさんの障害を持った方々があちこちにおいでになります。ちょっと外に出れば必ずいる。これも結構珍しいかも知れません。

一つには大きな療育病院があるという事もあるかな?二つにはその模範的な自治体は地価が高いので、そのそば という意味で、当地に住む方が多いのかも知れません。
あとは、それほどとは思わないけれど、いわゆる作業所の類、共同生活介護の類、まあまあ多い方でしょう。みんな弱小のNPOか、自治体主導のものですけれど。

食事をしながら、何となくその親子さんらしき女性お二人を見ていて、(その自治体は模範的な日本で有数の自治体です。その自治体の大きな駅の駅前のファミリーレストランでした。)意外に、この駅の近くって、当事者さんに会わないよねぇ?と改めて思ったりして、食事を済ませ、とにかく帰ってまいりました。

寝ますです。

私が子供の頃、同級生のお姉さんに今思えば知的障害を重度に持った方がありました。学校に来ていなかったので、養護学校?(うーん。全員就学の時代だったかどうか、私にはわかりません。昭和40年代の話ですが。)に行っていたのかなぁ?
私のクラスにも、今思えば、軽度の知的障害か発達障害があったのかも知れないと思う同級生がいました。

あの頃、私たちは当たり前に接していたのか、何も知らなかったのか、今となると区別がつきません。当たり前に接していた気はしますが、障害と言うハンディキャップを持った人がいて、その人たちも普通に暮らしているのだ という理解はなかった気がします。当時からどういう当たり前の感性を皆が持っていれば、(私も持っていませんでした。)自立支援法がごちゃごちゃしたりしなかったのかも知れませんね。

だいぶ話が飛躍しますが、同じ小学校にいわゆるハーフの男の子がいました。当時「混血」という言葉を使っていた事を思い出します。

やっぱり当たり前に普通に暮らしている人たちなのだ という理解は私も含めてなかったのかも知れませんね。養護学校知りませんし、勿論特別支援学級もなかったように思います。


本日の献立
080919_1854~001.jpg
麻婆茄子。茄子、ピーマン、人参、エリンギ、春雨。

サラダ。キャベツ、キュウリ、人参。

イエローミニトマト。

梨。

借り物PHSからなので、ちょっとだけ編集しました。

しかし?写真の方向が毎回変わるのはなぜでしょう?
先日横になってしまったので、今回は向きを整えたのですが?

本日お洗濯したPHSを取りに行きますので、これからはまともに書けると思います。




天狗
霊山などにおられますが。最近相棒が慣れてきて、自信を深めています。

それは良い事なのですが、結果だけ見て、私より自分が能力があると、天狗の感じが少しします。

利用者さんの行動などに改善すべき課題があったりする場合があります。目的は
たとえば単一のその行動を阻止すれば良い事もありますが、多くは複雑な利用者さんなりの、間違った思考回路から来ているものですから、単一の行動を阻止しても利用者さんの生活の質は上がらないのですね。それがまだ若い相棒には分からない。

単一の悪い行動を阻止するのは比較的簡単です。それに至る価値観や思考回路を改善するのが、利用者さんの将来を拡げていきます。このあたりで大変苦労しています。

温度差かな?



夜の公園
自分が病んでいて、なかなかネタを書けなかったのですが、どうしても気になる事があって、それが本日のネタです。

先週の金曜日、イベントがありました。イベントと言うよりは、我GHの利用者のご家族は、何かと言うと利用者を自宅に引き取りたがるので、口実をつけて半ば強引に宿泊を促しています。それが月に一回のイベント宿泊なのです。金曜日にみんなで宿泊して、翌日は通所が休みだからちょっと遊ぼう という様なものですね。

ボーリングをしに行った事もありますし、まあいろいろなのですが、今月のその金曜日に相棒がちとおかしな?事をして、私はいまだに納得できずにいるのです。

いつもいつも本当にイベントにしては意味がないので、何となくだまくらかして?ちょっとした楽しみ程度にしています。目的は家族に利用者を手放さない心を改善してもらうためなので。

ですから、今月のその日は、私はちょっとした高級スーパーにお弁当を買いに行こうと思っていました。相棒にもその話をしていました。シフトを見たら、当日の夜勤は相棒でした。じゃあ、お任せでよろしく という事で、「お弁当を買いに行く」と言うのは、何となく決まったような感じでまあ、当日を迎えた訳なんですが。

お弁当は良いのです。買ったのです。私は高級スーパーのお弁当を買おう、それをGHに持ち帰って、皿にでもきれいに盛り付けをみんなでして、お茶でも入れて食べよう と思っていました。
相棒は違うお弁当を考えていたのです。それ自体はおかしくないです。チェーン店のファストフードの牛丼屋さんで、お弁当にしてもらうと考えていたようです。ちょっと疑問は残りますが・・・ファストフードが悪いとは全然思いません。利用者さん、そんなところにはめったに入りませんので、経験無い人もあります。未知の経験は良いものです。

が、何で店に入ったのに、お弁当?
店で食べればよいんじゃないかしら?

これは小さな疑問でもっと納得できない事はほかにあるのです。

そのお弁当に仕立ててもらった牛丼を、「歩いてしばらくかかる整備された公園に持参して、芝生の上で食べた」のだそうです。
自然の中でピクニック気分で。

あのね。ピクニックというのは、昼間やるからピクニックです。
花火大会がある、花見の季節でその公園に桜がある、などなら、夜の公園の芝生でお弁当わかりますが、何もない季節の夜ですよ、夜!
何が悲しくてせっかく温かい牛丼が冷める距離の夜の公園まで持参して、大の大人7名が輪になって牛丼を食べないといけないんでしょうか?時間はたぶん、18時から19時ころ。

障害者の方は自然の中で という固定観念があるんだと思います。無駄なお金を掛けないという意味もあると思いますが、店で食べても値段は一緒。だったら、店で食べて、公園を散歩すればよいんです。それならおかしくありません。

普通、一般の私たち、夜の公園でお弁当を広げて食べますか?花火も花見もないのに?おかしいでしょう?恥ずかしいでしょう?それを障害者の人だから、自然を満喫してもらう、ピクニック気分で楽しむ というのは、明らかにおかしいと私は思います。

ところがねぇ。
ご家族大喜びなんですよ。
本人さんたちも楽しかった様なので、まあ、仕方ないのですが、本人さんたちに一番難しいのは、羞恥心なんです。一般的な常識の羞恥心を教える事が出来たら、ものすごい事です。普通は獲得させられません。羞恥心がないから、つまり、障害故に獲得できないから、恥ずかしくない=楽しかった という事です。

親御さんも「お金のかかることよりも自然を満喫する方がずっと価値がある」とか言ってます。困ります。

でも、やってしまったものに文句をつけても仕方ないので、まあ、黙っていますがね。価値観の違いもあるでしょうし。
理事長にその話をしたら、「夜の公園で?弁当???」とあきれたように笑っていましたので、私の感性それほどおかしくないんじゃないかな と思っています。

障害者だから良い事 ってありません。
一般の人に良い事は、障害者の人にも良い事です。
一般の人が恥ずかしくてやらない事は、障害者の人にもやらせてはいけません。たとえ、本人さんたちが楽しく過ごしたとしても、です。

これ、障害者支援の基本だと思うんですが、いかがですか?
本人さんたちが楽しく過ごせれば、一般人が恥ずかしくてやらないような事でもすべきでしょうか?
夜の公園でお弁当を食べる というのは、一般の人も普通にやるちょっとした楽しみとして認知されているでしょうか?

こういう事には私は気をつけたいと思っているのです。
高級スーパーでお弁当を買おうと思ったのは、私たちでも「今日は面倒だし、でもおいしいものは食べたいし、そうだ、高級なお弁当を買おう」と言う事はあり得ると思ったからなんです。
牛丼屋さんには行ってもかまいません。店で食べてきて!で、散歩はそれから身軽になって行って欲しかったです。

次に私が夜勤のときはおかしなことはしないようにしましょう。


今朝の献立
今朝は煮物です。かぼちゃと豆腐揚。あとはサラダと林檎ヨーグルトです。



本日の献立
080919_1854~001.jpgPHSを洗濯してしまったので、これは借り物のPHSからの投稿です。画像が悪いですよ


鮪のぶつ、キャベツが敷いてあります。

ゴーヤと茄子、きのこの炒め物。

さつま芋と林檎の甘煮。

豆腐とひらたけの吸い物。

梨。

このPHS改行も出来ないんです。もう洗濯はしません(>_<)

しかも、私の使っているPHSと画像の方向が違うし!これはね。編集で直すの面倒なんで、みなさまちと横を向いてごらんくださいませ。しかも画像が荒れてますし。失礼しました。




検査結果を聞きにいきました。
大体何もない というのは、昨日分かっていたのですが、担当の先生に話を伺いに行ってきました。

何もない は何もない なんですが、ない事もない。

えーとですね。
年を食うと胃が食道に逆流してくる事があるんです。食道ヘルニアとか言うそうです。何が起きるかと言うと、胃液が食堂に逆流するので、逆流性食道炎というのが起こります。加齢によるものがほとんどですって。私の他界した母がそうでした。

それがありました。

あとね。いわゆる胃炎はちゃんと?ありました。

それからピロリ菌さんもちゃんと?いました。

なのですが、胃炎くらいは現代人はみんな多かれ少なかれあるんですって。ピロリも私の場合は悪性所見がないので、除菌対象で無い=大した事はない という事で、要するに何もないようなもん という事でした。

逆流性食道炎はね、ちょっとむかつきなどが出やすいんです。症状は結構出るんですけど、病気としては大した事はない。体質みたいなもんです。胃炎もまあ、しょっちゅう起こしていますので、これも体質みたいなものですね。

184円の薬を続けて飲んだらどうか?と提案していただいたのですが、とにかく高いので、今持っている分を飲みきって、それでも症状が改善しなかったら、なだめる程度の安い薬を探して(いわゆるゾロ品です。ジェネリックですね。探すの得意なんです。私。)それをかかりつけから処方してもらって、具合の悪い時は飲もうかな と思っています。

私は更年期もあるので自律神経も多少は関係ありそうです。東洋医学で言うところの未病?

まあ、それほど大した事はありませんでしたので、ご心配くださった皆様ありがとうございました。



普段の生活がイケませぬ。
仕事しながら、職場で夕食、朝食ですので、あちこち介助やら雑用しながらの食事です。いきおい、放り込むように食べる羽目になります。それが一日おき。お体に良い様子ではありませんよね。ちょっと自重しましょう。

それにしても。

大した事はなくてほっとしましたが、胃は順調に痛いです。はい。


自律神経でした
胃潰瘍?とか騒いでいたのですが、どーも症状が強い薬でも緩和しませんで、紹介状
で胃カメラにきました。主治医も精神科の医者も、潰瘍じゃないだろう、と言ってい
たのですが、当たりです。胃の中なにもありません。自律神経ですね。ようするに更
年期。症状が取れないのが困ります。もう三ヶ月以上になりますし。強い薬は要らな
いかも。高いので。精神科で何とかして貰いましょう。