bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



仮面ライダー
ホームで昔のアニメや特撮ヒーロー物を提供しています。

で、古い方から順番に見ていきまして、一段落したところです。

みなさん、仮面ライダーの順番、ご存じですか?

仮面ライダー一号
仮面ライダー二号
仮面ライダーV3
仮面ライダーアマゾン
仮面ライダーX
仮面ライダーストロンガー

ここで一段落するみたいですよ。

藤岡弘さんが主演したのは、一号かな?本郷剛と言う役柄だったと思います。二号が一文字隼人?逆だったかも知れませんが。一文字隼人の俳優さんはその後は余り有名にはなられなかった様な。

V3は、俳優さんは、宮内洋さんですね。役柄の名前は…あ!風見志郎!

ライダーマンと言う相棒がいたのですが、途中でなくなります…

アマゾンはちと外れて、半年くらいだったでしょうかね?

その次のXに記憶がないんですが、先日ストロンガーの最終巻を見ていたら、Xが出てきて気付きました。
どうやらストロンガーを最後にするつもりで、それまでの仮面ライダー全員出したみたいなんです。総攻撃みたいな事をやって、仮面ライダーストロンガーが勝つんです。

ああ。ストロンガーの役柄は城茂と言います。じょう しげる、ね。相棒も居ました。女の子の相棒で、タックル。この女の子も最後の方で死んでしまいます。そのあとに歴代ライダーが勢揃いするんです。

ふむふむ。

で、記憶になかったXを見ていないので、来週はXを借りてきます(^-^)

昔の特撮物を見て思うのですが、今に比べてかなり残酷です。差別も出てきます。でもね、それによって、子供が今の時代よりも残酷と言う事ではなかった様な気がします。

今のは良く知りませんが、仮面ライダーは今も健在ですね。イケメン若手俳優の登竜門にもなっているみたいです。今の人気は、オダギリジョーさんが主演されてからみたいですよ。


スポンサーサイト




本日の献立
K3200003.JPGニガウリと厚揚げの炒め物
ひじきの煮付け

トマト、ズッキーニ、きゅうりのマリネサラダ

オレンジ

ご飯


今夜は突発事項があり、夕飯が遅くなりました。

ああ。忙しかった。



ワンピースさん
K3200002.JPGそう言えば、しばらくワンピースさんの記事がありませんでしたね。

先日ワンピースさんは、数年振りにホームから床屋に行きました。

自宅からも地域の床屋に行っていたのですが、店長さんが変わったら、拒否されて行けなくなってしまったそうです。実に許せない事です。ワンピースさんは、声を出す特徴があります。それで新しい店長さんが拒否したそうです。

ワンピースさんは言葉で表現するのが、豊かなのか、乏しいのか、判断が難しいのですが、嫌な体験は覚えていて、不安定な時にそれが言葉に出ます。

例えば『床屋さん行くよ~』と、変なテンションで叫ぶ、と言う不安定さです。そういう時に出る嫌な言葉が沢山あります。

が、観察したところ、その事柄自体が耐えられない苦痛、と言う事ではない様子。嫌な時に使う言葉が嫌な体験をした事がある言葉、と言う様子なのです。

それからワンピースさんは、言葉での予定把握が出来ます。1週間くらいは記憶出来ます。あらかじめ伝えておけば、心の準備をしています。習慣も覚えます。

だから前の日に『明日は床屋さんに行くよ』と伝えて、当日は『床屋さんに行ってかっこよくなっておいで』と送り出しました。

コーヒーさんも、そこの床屋に行って居ます。彼は床屋さん大好きなのですが、ちと難しい点があり、省略バージョンで少し安くやって貰っています。そこの床屋さんは理解が深く、毛先を揃えるだけ、みたいな事から対応してくれます。手間が掛かる割には安い料金しか取れない事をしてくれます。だから、コーヒーさんは楽しみに
床屋さんに行って居ます。

で、ワンピースさんですが。
実は一般のコースで出来るんです。帰って来て相棒にその事を聞いた時は、正直驚きました。だって、嫌な時に出る言葉のひとつが『床屋さん』なんですよ。

実にかっこよくなって帰って来て、みんなびっくり!です。いわゆる障害者カットにはしたくなかったので、付き添いした相棒に頼んで、『あなたが思う若い人の普通のカットにしてきて』と言いまして。

出来上がった頭は写真の通りです。奇抜な頭じゃありませんが、なかなか良く似合います。

ワンピースさんは二十歳です。これからどんどん伸びていくでしょう。それを楽しみに良い支援をしたいと思います。



出勤前
夜勤ですから、定時は15時半です。出勤するだけなら15時に出れば間に合います。

大抵は13時とか14時に出ています。ひとつは雑用を先に片付ける為。ひとつは昼食をどこかで食べる為です。お茶だけの時もありますが、直接は出勤しません。どこかに寄ります。

我々の仕事は現場では一人。利用者は複数居ますし、なんだかんだと深夜迄エンドレスです。朝は6時半に起きれば間に合いますが、仕事中にそうそう熟睡出来る訳はなく、自宅に帰れば、ひたすら寝るか、家事をするか、と言うところです。

仕事中はもれなく利用者がいつも一緒な訳ですから、ぼーっとリラックス出来る場所がありません。

で、直接出勤しなくなったみたいです。ワタクシ。

本日はジョナサンに寄りました。スタンプサービスが明後日迄で、あとひとつで全部貯まります。マグカップをくれるそうです。貰って行こうと思います。デザインが今一つなんですが、まあそういうものでもないので、遊びですね。



ただ今多忙につきまして
説明の記事を書く余裕がないのですが、ちとと言うか、かなり多忙です。
原因は…
アルバイトのヘルパーさんが居ないのと、事業所がこれから展開しようと思っている私の現場への支援と、私たち現場が日々格闘しているニーズとが微妙にずれている点にあります。

利用者さんは毎日楽しく有意義に生活されていますから、ご心配なく。

どのくらい忙しいか と言うと、数日間、家内とまともに口をきいておりませぬ…
家内も役職はありませんが、仕事を実際に指揮する立場にあるので、かなり忙しい。(介護屋ではありませぬ。一般の仕事です。)




シンポジウム
今日は月曜日。ちと忙しいので簡単に。

土曜日に事業所の主催でシンポジウムがありました。『私の夢をかなえるぞ!』事業所のサービスを利用して、ケアホーム、グループホーム、一人暮らし等をしている方々をシンポジストにして、生活の様子を写真付きで紹介しながら、ご本人に色々話をして頂き、最後に将来の夢を伺うと言う趣向でした。

うちのホームからは、のんびりさんがシンポジストになりました。のんびりさんの手帳の度数は重度です。障害程度区分は5に近いですが、一応4です。

立派にシンポジストを務めました。

勿論知的にかなり障害のある方々にシンポジストで話をして貰うには物凄い準備が必要です。司会は事業所の理事長が務めて、上手に話を引き出しました。

私は介助人で、二人のシンポジストの方の後ろでアドバイス係。

結論としては大成功でした。シンポジストの方々、実に楽しそうに自信を持って話をしてくれました。のんびりさんも理事長の話術で大笑いしながら楽しそうに話しました。

こういうイベントは良いものです。準備に追われた常勤職員の一人は高熱で倒れてしまった程大変だったのですけれど。

夢はお一人3つずつ出して頂きました。引き出した理事長には感服します。

のんびりさんの夢をご紹介しますね。

新幹線に沢山乗りたい
唐揚げと豚カツを沢山食べたい
加藤茶(ドリフターズのかとちゃんですよ)に会いたい

の3つでした。

新幹線は実現早いと思います。
唐揚げと豚カツは、誕生日に出しましょうか。糖尿病なので、普段は出せません。
かとちゃんなんですが、こぶちゃバンドのコンサートなんかが無いかなあ?と思っています。
出来れば楽屋に入れてやりたいですが、それは無理そうなので、前の方の席で観覧したいですね。

夢は実現してこそ、夢なんです。

他にも利用者の方々は沢山おられます。皆さんの夢を実現していきたいと思います。


そう言えば。

『他に夢を話したい人?』と理事長が発言しましたら、コーヒーさんが元気良く手を挙げました(^-^)

聞きましたら『コーヒーが飲みたい』のアクションでした。コーヒーさんなりに『やりたい事を発言したい』と思ったのですね。

コーヒーさんは、休憩時間に無事にコーヒーを飲みましたよ。



低温火傷
電気毛布などで長時間使用していると、寝返り出来ない方が低温火傷を起こす事がありますね。

世にも不思議な事が起こりました。

先日、利用者が通っている施設で健康診断がありました。採血もしました。

暴れた話ではありません。採血で火傷した話です。

のんびりさんは、障害特性上、極端に皮膚が弱いです。肥満なのと血管が細いので、採血の時に血管が出ません。なので、蒸しタオルで温めていたそうです。

外してびっくり!
500円玉より大きい2度の火傷が出来上がっていたそうです。

蒸しタオルですよ!蒸しタオル!

蒸しタオルは冷めていきますから、どうして2度の火傷が出来たのか、世界七不思議ですが、確かにかなり重傷なんです。

のんびりさんは境界性の糖尿病。加えて信じられない程代謝が悪い。これも障害特性です。治すのに2週間は軽くかかります。

普通の絆創膏とはいかず、キズパワーパッドを使いました。患部が大きい為、はみ出してしまうので、プロテクターフィルムもかけています。化膿したら一大事になってしまうので。

幸い今のところ抗生物質だの消炎剤だのは不要そうです。

この仕事、まあまあ長いので、簡単な怪我の手当てくらいは出来ますが、蒸しタオルで火傷したヒトは初めてです。

注意してあげなくては、と、つくづく考えてしまいました。



訃報
正確には訃報じゃないんですが。

数年前迄、私は流れの介護屋でした。その頃お世話になっていたある事業所があります。身体障害者の方の在宅支援を主に行う事業所でした。私は当時アルバイトでしたが、都合5~6年在籍していたと思います。

70代の1種1級の脳性麻痺の在宅一人暮らしの男性がおられました。40代迄施設に居て、在宅に出たそうです。当地方の身体障害者の仕事をしている者なら、誰でも知っている様な方でした。私が伺う様になった頃は既に寝たきりでしたが、若い頃から権利闘争に参加され、当時の厚生省にも度々集団交渉に行かれた方です。

生まれが昭和8年。戦争の頃が小学期。勿論学校には行っていませんよ。

この方から、身体障害者支援とは何かを随分学びました。

今年の冬、静かに他界されたそうです。たまたま当時のコーディネートさんと連絡を取る必要があって、知りました。

この方が良く言っておられたことがあります。

障害はしょうがない。

我々が言うのと、当事者の方が言うのでは意味が違うのです。

ご実家は裕福なお医者様だったそうですが、最期迄頼る事なく、自立して在宅生活を貫かれました。凄い方だと思います。

前日の夕食を召し上がり、泊まりのサポートが泊まり、翌朝のヘルパーが伺ったところ、意識がなかったとか。そのまま静かに他界されたそうで、コーディネートさんは、大往生でした、と言っておられました。

障害があるから物理的に不能な事は沢山あります。でも、己を貫き、尊厳を持って生きる事は、誰でも出来る筈です。勿論、今のうちのホームの利用者さんも、です。

我々支援者は彼らが主体的に人生を送る事を実現する為の手足に過ぎないんです。だからスキルが必要なんです。

私は現場の叩き上げですから、綺麗な手をした上級国家資格者の方には懐疑的です。資格者が悪いとは思いません。ある方が良い事はまちがいないでしょう。でも今の上級国家資格者の方には綺麗な手を絶対使わないで書類だけ書きたい人が増えているのです。

現場にはアルバイトさんが増えて、プロが定着しません。

行政の在り方にも私はかなり懐疑的です。
ひとつの時代が去った気がします。その方に学んだ事はこれからもきっと忘れないでしょう。

ご冥福をお祈りします。



TVの音量と目覚まし時計
ワンピースさんのTVの音量は凄まじいです。向こう三軒両隣に響きわたります。

音が大きいよ!と、指示していたのですが、2ヶ月目にしてやっと気付きました。

彼の障害特性で、音がどう聞こえているのか、は、分かりませんが、彼は闇雲に大きい音にしているのではありませんでした。

音量メモリで決めていたのです。その音量が60。小さくして!と言うと30。早く気付かない私も私ですけど。

音量は15!と指示する様にしたら、ちゃんと15にするので、結果的に音量が下がる。

60の半分が30と言う知恵があるのか迄は不明なんですが、ゼロがある事に拘るなら20にしようか?と考えていましたけれど、15でいけそうです。

数字で決めていたのに気付く迄が遅すぎますね。私。相棒は気付いていませんでした。


同じ様な話がもう一つあります。

のんびりさんはスケジュール表に従って生活するのが好みです。が、実行出来るかと言うと出来ません。

何故なら、何時に何々をします、と書いてあると、その時間あたりから、の~んびり取りかかります。だからいつも遅くなります。

これにはかなり早く気付きまして、要所要所で彼が取りかかれば良い時間を書き、間に合う様に支援を入れています。

で、起床時間。

無闇に遅いヒトだと思っていた頃、6時20分と書きました。色々観察したところ、6時45分に起こせば間に合う事が分かりました。それからはそうしています。
がしかし、なんです。本人が6時20分に目覚ましをかけてしまい、何度45分に直してもダメです。夜寝るのが遅いので、その30分は眠っていて貰わないとばてるんですもの。

じゃあ、6時20分にベルが鳴ると自分で起きるかと言えば起きません。世話人が起こしに行くと起きます。起こしてくれるのを待っているんです。6時20分に目覚ましかける意味なんぞは、全然ないんです。

これも話は簡単でした。スケジュール表に6時20分と書いてあるから、幾らこっそり45分にしても、彼の中では間違っているので何度でも正しくしてしまう訳です。

スケジュール表を書き換えれば良いのです。理由の説明は要らない。

ある夜書き換えました。

のんびりさん!新しいの作ってあげようか?と話ながら6時45分に書き換えました。他の事はそのままです。実際にはそのスケジュールは時間的に不能なスケジュールなんですが、それを見て、のんびりさんが実際の行動を的確に出来れば良いのです。

翌朝。

6時20分にベルが鳴ったと同時に部屋に行きました。6時20分に鳴ったな!と冗談めかして言いまして、スケジュール表を見せました。45分だよ!ほら!と言う訳です。
本人は、6時20分?とか、混乱していましたが、ううん、違うよ、6時45分、と又伝えて、ほら、直して!直して!と時計を渡しました。本人せっせと直しています。

で今度は45分にベルが鳴った頃再び行き、鳴ったか?と聞く。鳴ってますから、うん!と返って来ました。
その翌朝からぴたり!と、6時20分にベルが鳴るのが止まりました。

重度の知的障害を持った方、闇雲に意味がない事に拘っている様に思える時があるのですが、実はかなりの確率で本人なりの理由があります。例えそれが宇宙の理屈であっても。

正しい理屈を説明して理解出来れば、もちろんその方が良いに決まっていますが、理解出来ないから重度なんです。

とすれば、その方が理解出来る理屈の中で支援するのが我々の仕事じゃないかと思います。昔、駆け出しの頃、上司に、まず観察しなくちゃダメだ、と、散々指導して貰いました。その意味がやっと今分かる様な気がします。

闇雲に大きい音量ではありませんでした。
本人が時間を決めて断固として拘って、意味の無い時間に目覚ましを掛けているのではありませんでした。こういう事は山ほどあります。

いかに本人さんの宇宙の理屈を満たしながら、相応しい方向に持って行くか、は、重度知的障害を持った方々への生活支援者には必要なスキルだろうと思います。

昨夜、のんびりさんは自宅に帰ったので、こっそり目覚ましを見てみました。しっかり6時45分のままになっています(^-^)

ああ、良かった♪

ワンピースさんの、音量は15だよ!も、程なく定着すると思います。ちなみに二人の障害特性は全然違いますよ。自閉症だと思った方、自閉症の方だけが宇宙の理屈を持っている訳ではありません。重度の方でも少し自分で考えて行動出来る能力がある方に起こりやすいのは事実ですが。もっと重い方は思考が単純ですから、別の意味の支援が必要になって来ます。うちのホームで言えば、殿様とコーヒーさんが比較的重い重度さんに当たるでしょう。



本日の献立
K3200001.JPG冷しゃぶ

きんぴら

トマト

オレンジ

豚肉を茹でたスープ

冷しゃぶの野菜は、市販のカット野菜と、きゅうり。
スープは葱を入れて豚肉を茹でて、味付けして、ワカメを足しました。

ちょっと豪華かな?
当地方、今日は少し蒸し暑かったんです。

金曜日は利用者さんは一人ですが、週末の片付け物が山の様にあるので、実は忙しいです。毎週走っています。

今夜は好きなDVDを借りて来ました。ドイツの刑事ドラマです。仕事を早く終わらせて、見てやろうと思っているのです。

さて?見る時間はあるかなあ?