bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



実は事件勃発
今年になってから、事件だらけです。実は殿様の伯母さまが今、危篤なんです。殿様のお母さんのお姉さんで、かなり遠方に居られます。回復の見込めない病で、今回は残念ながら無理だと思います。

そうしますと、お母さんは遠方迄行かねばなりません。身内ですから忙しい。本当は殿様も連れていき、お別れをした方が良いと私は思いますが、家庭にはそれぞれ事情と言うものがあります。

どうも日曜日にお母さんは出かける事になりそうです。日曜日は私の週に一度の貴重な休日ですが、多分返上です。本日昼間事業所から打診が来ました。

今、徹底的に人が居ないので、どこを見渡しても私が休日返上するしか手段がありません。代休が月曜日に取れれば助かりますが、月曜日は元々私はGHの入りですから、これも代わりが居ません。

と言う事で、休日返上の上に連泊です。

代わりに来週の週末に3連休貰いますけど。明け入りですから、公休を代わりに一日余計に貰える事になりました。今週休み無いですし。

休みになるのは、殿様だけが泊まる金曜と明けに当たる土曜です。日曜日は元々公休ですから、3連休。

でも。

休日返上の3連休よりも、例え週に一度しかなくても定期的な休みの方がマシですね。

事業所も百も承知なんですが、お悔やみも利用者も待ってくれませんから仕方ありません。

理事長もコーディネーターさんも疲弊しています。気の毒です。現場の我々も体力の限界と戦ってる感じですね~。

月曜日は朝から昼前迄、本当は新規入居の方の契約があるので、行かねばならないのですが、仮眠無しでの連泊は無理なんで、理事長に頼んで、その時間は休ませて貰う事にしました。




現場は待ってくれませんから、文句は無いのですが、ちと疲れますね。




スポンサーサイト




本日の献立
080229_1905.jpgデータがいっぱいなんで、写真が付かないかも知れませんが…

ご飯

アスパラガスとベーコンのソテー

さつま芋と人参の煮物

トマト

いよかん

大根、油揚げ、わかめの汁物風

暖かい奴豆腐
大根菜と鰹節の振りかけを乗せて、ぽん酢醤油

細かいおかずが沢山出来まして。
実は買い物してないんです。残り物の整理です。



トライアルさんは一旦帰宅しました。
当事業所では、トライアルさんは、2週間にわたって、最初の週は2泊、次の週は3泊していただき、検証をして、契約、しかるべき時期から入居 と言う感じの流れになっています。

第2弾のトライアルさんは、ほぼ決まりそうです。

たった5泊なのですが、我々世話人もいくらか見る目が出来てきまして、その方の当面の課題や支援の重点ポイントなどは5日あればほぼ把握できます。

この方は、かなり難しい家庭環境に在った様で、難しい事が沢山あるのですが、基本的にはGHで環境を整えてあげれば、まだまだ十分に間に合い、かなり飛躍的に本人さんの暮らしやすさは改善できると思います。

障害名でその方を見る事は余りしたくないのですが、この方はかなり典型的な自閉症の方です。
例によって自宅に居た為に障害程度区分が軽すぎるケースで、入居されてしばらくしたら、認定調査はやり直しでしょう。今、3なんですが、どう考えても5なんです。でも、若いので、適切な支援を入れれば、かなり早い段階で4には出来るかも知れません。若いと言う事は、それだけ可能性が広いと言う事です。
早く本人を自立させて欲しい と私が書くのは、そういう面が沢山あります。家族では難しい事がプロが入れば出来ると言う事が沢山あるのです。それは愛情が無いから ではなくて、家族だからこそ難しいのですね。我々はプロですので、家族には愛情を注いでもらい、我々はプロとしてその方の世界が広がるような工夫が出来ます。
特にこの方は、ご両親が既になく、大変高齢のおじい様が主たる介護者ですので、逼迫しています。おじい様が難しい事になったら、もう生活する事、生きることが出来ません。

うまく行くと良いな と思っています。

昨日この方について、事業所の理事長と会議をしました。
結論としては、「大丈夫だから入居させて下さい」です。
今の利用者に多大な不具合が生じる相性の悪さなどが目立てば人間関係なので難しくなってしまうのですが、幸いにして?本人さんは他人には無頓着、今の利用者さんは、年齢が今回の方の倍以上なので、お兄さん感覚を持っていて、「あ。若いのが来たな。煩いな。まあ、しょうがないか。」と言う感じなので、何とかなるでしょう。

かなり特徴的な事が見られて、「ああ。こういう事は起こり得るな」と思うことが沢山・・・

人間、悪い事はすぐ覚えます。
で、怒られる。
嫌な事が増えていく。
嫌な事をさせるためや、本人さんの不安定化を防ぐ為にわがままを聞いてやってしまう。
助長する。

こういう事が知的障害者の方の教育に失敗すると良く起こります。

今回の方もそういう行動を良く取ります。

ここで肝心な事は、「一回その嫌なことだけれど、必要な事をやる」と、支援者が行動する事にしたら、的確に本人さんに伝え、伝えた後に実行しなくてはいけません。
時々散見しますが、本人さんに伝えずにいきなりやる、本人さんが激しく嫌がり抵抗する、「じゃあ、次はやるんだよ」などと支援者が諦める と言う様なことがあります。

これ、最悪です。
本人さんは、「ごねればやらなくて良い。」「この支援者はごねれば言う事を聞く」と言う事を学習して行きます。
これが続くと立派な社会に参加できない強度行動障害者が出来上がります。
『これは支援者のせいです。』

今回の方も生活に必要な清潔などが全く受容できません。
形だけはやることも在るのですが、本人さんは5ですから、的確には出来ないです。当たり前。そこに支援を入れると嫌がる。嫌がるので、「やらないようにしていた」と言う様なことが在り、通院して改善しないとどうにもならない事が沢山あります。

通院勿論大嫌いです。
良くない生活習慣の結果、悪化した状態ですから、治療も少し負担があったのかも知れません。
やらないので、悪化する、悪化するので、通院を嫌がる、嫌がるので、行かない、益々悪化、更に嫌がるの繰り返しですね。

こういう方には一発でやってあげないと受容出来る様になりにくいんです。
で、イヤなのは本人のわがままではなくて二次的障害ですので、受け入れたら『褒めなくては駄目。』。

ちょっと前に通所先の支援者の方がおかしな通所バスへの添乗をしてきて参ったことがありますが、同じ様な事が日常茶飯事のようです。

家庭で出来ない事を通所先に依頼していることが沢山あるのですが、通所先では「かなり嫌がるので、月に一度だけ(スパンはそれぞれですが・・・)実行しています」と言う感じで・・・

それらは毎日行うべき事、毎週行うべき事だったりします。

本人さんが嫌がるので、月に一度にすれば、状態が悪化しますので、益々回復させるのに手間隙が掛かります。抵抗しますから、完全に回復させられません。結果、通院してどうこうと言う話になるのです。状態も悪く痛みなどが現在伴っている と思われることもかなりあります。痛いので、触れさせない、触れさせないので、悪化 ですね。

先日爪切りをした話は書きましたかね?

爪を見たら鬼の様に伸びている。
で、切りました。
本人に引導渡して切る訳ですが・・・
手の爪は切らせましたが、足の爪を切ろうとしたら、パニック的な声を出します。暴れます。
ここで引き下がったら、私も「パニック的な声を出したり暴れたりすればいう事を聞く支援者」になってしまうので、「爪、切るよ。切りますよ。」と引導渡しながら、切りました。暴れますが、危険なほどは暴れません。様子見ながら暴れています。かなり分かっているんです。

要するに私たち新しい支援者を試している期間なのですね。
試していう事を聞く支援者だったら、拒否しようと思っているわけです。
勿論明確にそういう思考が働いている訳ではありませんが・・・結果としてはそういうことです。

ですから、必要だけれど、大嫌いでやらせない事も、「この支援者には暴れても通用しない」事を伝えていかねばいけません。
で、こればっかり書きますが、「実行させたら褒める。場合によってはご褒美を提供する」などが必要です。達成感があれば人間だれでも頑張れます。

爪切りのときも一応全部の足の爪が切れたので、「頑張ったねー!偉かったねー!さあ、コーヒーを飲もう!」(本人さんコーヒー好き。家庭では体に悪いので余り与えたくないようですが、そのうち、コーヒーに頼らなくても出来る様になりますので、心配要りません。コーヒーさんがそうでした。今では大して飲みません。最初はコーヒーを使って色々必要な事を実行していたのです。)と、大好きなアイスコーヒーを作って一緒に飲みました。

本当に本人さんの為になること、必要な事、未来が広がる事、は、受け入れられるようにしていくのが私たちプロの仕事です。
嫌な事を無理やり押し付ける訳ではありません。
たかが爪切りで大暴れしていては、生活していけないでしょう?
足が不潔なので、白癬もあるようです。どう見ても白癬にしか見えません。
そこに至るには、風呂で生活が保てて居ないからなので、因果は巡って、本人さんが暮らしにくくなっているのです。

暮らしやすく楽しく自己実現して生活してもらうのが、GHの役割です。

そして、住み慣れた地域で、仲間と交流しながら、地域住民としてその場所で平穏に本人が希望する生活を実現していくのが我々地域日常生活試案者の仕事です。

これから色々な問題が勃発すると思いますが、私たち世話人は「今、入居してくれて良かった」と思っています。(契約はまだですが、ほぼ決まるでしょう)今ならまだ間に合います。この方は通所更生施設に通所していますが、かなり近い将来、作業所に移行させる積りです。作業所ならば工賃が出ます。工賃によって本人の希望を生かした生活がより実現しやすくなります。
工賃が出る事によって、作業を頑張れる、褒められる、工賃支給日に好きなことが出来る喜びを体験させられるなど、金額の大小では無い効果が作業工賃にはあります。
ひょっとすると、この方は、福祉的就労、企業内授産まで持っていけるかも知れません。
現在は問題行動山積の方ですが、若いと言う事は、それだけの可能性を秘めていると言う事で、かつ、ご家族もおじい様以外の方は兄弟姉妹ですので、(両親は他界)かなり柔軟な思考が期待できます。

今のGHの利用者さん達は楽しく生活していますが、家族が高齢な為に「現在の良い状態を変えたくない」と言う気持ちが強すぎて、本人さんの可能性を試みないまま、本人さんたちは中年の域を超えてしまっています。
通所更生施設に10年以上通っている方も在ります。
それでご本人は本当に幸せなのだろうか と悩む日々でしたので、この方がきっかけで、他の利用者さんやご家族にも風が吹くと良いな と思っています。

まずは、楽しく暮らしてもらう事。
ここの支援者はごねても言う事は聞かないと認識してもらう事。

これが最初の一歩ですね。


こんな時間に書いているのは、例によって断眠だからです(^^;;
昨日は明けでこの方の会議をやっていましたので、中途半端に仮眠、中途半端な食事、疲れはピークのまま、夜になり、寝ては見ましたけれど、いい加減にして!と言うくらいに目が覚めます。

ので、諦めて、家計簿つけて、洗濯物の始末をして、ブログを書いているんです。

昨日は昼から碌なものを食べていないので、実は空腹・・・余裕が無いんで、自宅に食料は無いんですよね。カロリーメイトと職場の食事で生きていますが、(あとは諦めて外食)カロリーメイトも尽きてしまいましたし・・・・・

買い物に行こうかなぁ・・・
夜中に買い物できるところ、限られていますけど。

明日は昼過ぎまで何回目が覚めてもしつこく寝ます。明日は(って、日付は今日ですが。)殿様と二人で夜を過ごします。


トライアルさん第2弾続行中
昨日からトライアルさんのお二人目が来られています。

先週良い感じだったので、色々頭の中で「今週はこういう経験もしてもらおう」などと考えつつ、かなり早く行って、いわゆる雑用で、夜やらねばならぬことを片付けて、さて!と迎えに行って見ましたら・・・

面倒な事が起こっていまして。

見ると通所施設の職員さんが添乗しています。予定外です。
で、本人は、いわゆるパニック状態になっています。
何がなんだか分からず「○○さん、お帰り~」と笑顔で元気にやったのですが、座席にしがみついて降りません。

何が起こったんでしょう???

あとで判明しました。

本人は、先週GHと言う変な場所に行った事を覚えているのですね。来月20歳ですから、記憶力は衰えておりません。
で、前の日や朝に家族から「GHに今日は行くよ」と説明を受け、「行かないの」とか「通所施設を休む(休めば行かなくて済むと考えたようです。)」とか駄々をこねたようなのです。

それを受けた通所施設の職員さんが、「やっちゃった」訳なんですよ。

本人がイヤなんだから と言う訳で、昨日一日全くGHの事には触れず、帰りのバスがたまたま自宅へ帰るバスとGHを通るバスが同じで、いつも同じバスに彼は乗っているのですが、「今日はGHで降りるよ」という事も告げずに通所施設の職員さんが、そ知らぬふりで添乗し、GHのバス停に着いた途端に「○○さん、降りるよ」とやったらしいんです。

これはね。
本人、自宅に帰るつもりでバスに乗っていますから、パニックになって当然です。
添乗してくるのも困るのですが、本人にストレス掛けない積りで一日中話題にせず、暴れた時の用心に職員さんが、何も告げずに添乗してくるなんてもってのほかです。

とは言えませんけれど、もってのほか。

本人さん、暴れるわ、パニック的な言葉は連発するわ で気の毒でした。

自閉症の方なんですが、勿論変わった事は受け入れにくいです。受け入れにくいけれど、伝えて本人に乗り越えてもらわないといけません。イヤだ、行かない と言っていても、的確に本人に情報を伝えてもらえば、あとはGHの方でちゃんと下車できるような支援はするのです。毎回先生が付いてこなくちゃ降りられないでは困ります。本人さんの為になっていないんです。

でも、本人さん偉かったのはね。
こだわりの衣服 があるんです。
それを着ると落ち着くらしく、お気に入りです。
何とか下車してGHに来て、ある程度それなりに過ごしたのですが、着いたとたんにそのこだわりの衣服を着用しました。
本人なりに落ち着こうと頑張ったんです。

昨夜は少し遅くまで寝付けませんでしたが、来てしまえばそれなりに暮らせます。その積み重ねが自己確立、心の自立に繋がっていくのです。

先週のトライアルが終わった時に、「来週は添乗してこないで下さいね。」と担当の女性職員さんには伝えてあったのですが、どこがどうなったのかは分かりませんが、担当でない力の強い男性職員さんが添乗・・・・・

もう、知的障害者支援やってる専門家なんですから、何とかしてくださいな。
彼らは実は社会福祉協議会の職員さんたちなのですよ。我々みたいなそこらのNPOの適当な職員とは訳が違うんです。相談支援活動なんかもやってるようなエライ人たちなんです。

先が思いやられます・・・・・

しかし、本人さんは頑張りました。
20歳と言うのは可能性を秘めています。
家庭環境に難しいところがあり、少々難しい問題を抱えている方ですが、きっと楽しく生活してもらえる事が出来ると思います。

契約になるはずですが、うまく行くと良いです(^-^)☆


起きましたよ(^-^)
午前2時3時頃、目が覚めてしまってどたばたやっていましたが、あれから運良く眠れました。11時頃まで熟睡。こんなに長い時間目が覚めずに眠れたのは久しぶりで自分でびっくりしています。

うーん?
ほんの少し先週は楽だった?かなぁ?
そうでもないんですが・・・
でも、明けの夕方、仕事、仕事なのは少し少なかったです。

昨夜、そう言えば久しぶりにDVDを借りてきて見ました。
ジョニー・ディップの『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』です。少し前にDVD屋さんで新作で出たのですが、この作品長いので、旧作に落ちてからにしようと思って待ってました。

かなり早く旧作になったので、「あ。駄目かも」と思いつつ、昨日は旧作がダンピングになっていたので、(普段の半額)久しぶりに2本借りてきたんです。
で、もう1本の方は見当が付くので、ジョニー・ディップを先に昨夜見たと言う訳であります。

DVD見る気になると言うのは、少しはゆとりがあったのかも知れません。

作品の方は、実は私には外れでした。
物凄いスケールでお金一杯かかっているんですが、面白くない。
筋が複雑すぎて焦点がぼやけているんです。
CGも多すぎてねぇ・・・・・

一箇所「凄い!」と思ったところがあって、いわゆる殺陣のシーンなんですけど、床がありまして、床の下には味方が潜んでいるんです。
ヒロインと相手役(ジョニー・ディップのシーンじゃないです。)が危なくなりまして、武器を全然持っていないのですが、床下の隙間から味方が刀(とは言わないか?剣?)を4本上に向かって放り投げると・・・・ヒロインと相手役が2人とも同時に両手でつかんで、いざ、戦闘開始!と言うシーンが在りました。

ピアノ線かな?とは思ったけど、動きがピアノ線じゃないんで、あとでNG集を見てみたら、実写でした。
下から剣を投げる味方も床下透けて見えるので、その場で俳優さんが放り投げていたようです。
このシーンは凄かったかな?

11時過ぎまで眠っていて、12時だか13時だか頃もそもそと起き出して、今は放心しています。

明日から又、トライアルさんが3日間宿泊しますので、頭の中で色々整理したりして。
多分、この方は決まりますので、短期的な視野の事と、中期長期的な視野の事と少しは整理しておかないといけませんし、本当は28日に整理の会議があるので、(どうやっていこうか?とか、この方はいけそうか?とかそういう事をちょっとまとめます。)今日あたり書類でも作っておけば良いのですが、明日からあと2日私が泊まるので、(先週は初日1日しか見てません。2日しか泊まっていないからね。)それを見てからのほうが良いかとも思い、何となく書かずに居ます。
今日書いてしまうと楽なんですけど、もう少し見てから書いた方が良い物が書けそうですしね。

では何をしましょう?って、放心するのですが・・・
昨日半額で借りてきたも1本のアクションもののDVDもあるので、夜はそれを見るかも知れません。




覚めちゃいました・・・
医者には今日は行っていませんが、まあ、病気ネタなので。

慢性的に時差ぼけです。
いつ食べたのが朝食で、今食べたのは何食なのか今ひとつ分からない毎日です。

昨日(日付とっくに変わっていますので)も夜?と思う時間に何か食べたのですが、(とても何を食べたかは言えません。ネコ缶詰ではありませんが。)一般的な時間に少し疲れも感じたので、(本日は夜勤明け。明日は休日ですよ。)睡眠薬を飲んで素直に寝てみたら。

やっぱり3時間で目が覚めてしまうんですね。

精神科の専門用語で言うと「概律リズム睡眠障害」とか言う状態だと思います。要するに夜更かし朝寝坊のタイプですね。
夜勤が主ですから、しょうがないんです。

一頃は精神疾患によって、全然眠れない時期がありまして、その頃から精神科、睡眠薬とはお友達。

今は、仕事が怒涛のごとく忙しいのと、夜勤オンリーではなくて、夜勤明けの夕方だとか、夜勤明けの翌日の朝からとか仕事が入るので、もう全然定期的に寝る事は出来ません。

そう言えば、先日介護職、特に自立支援法の介護職相手の「もうちょっと介護職が食えるようにしてくださいよ。これじゃ仕事できません。」みたいなアンケートが回ってきた時も「慢性的に寝不足」とか「仕事の為に常に食事が不安定、不規則」とかそういう項目がありましたっけ。
勿論○です。○!

仕事が忙しかったり、その中でリズムが狂ったり、頭抱える事(仕事ですよ。恋の悩みじゃ在りません。)が多かったりすると、明けは動けない、その夜は断眠と言う面倒な事になります。

先日風邪引いて行った東洋医学系統のお医者さんは、「あなた、睡眠浅いでしょう?長く寝ているかもしれないけれど、熟睡していない。体調もいつも悪いでしょう?」とか見事に当てましたから、東洋医学も凄いのかも知れません。
結局「これとこれが原因。それを改めない限りは治らない」とか、風邪で行ったのに小言言われて気分悪かったんですけど。

まあ、変えられる物は物は試しですので、ちょっと変えてみましたが、「概律リズム睡眠障害」はこれは無理です。治すんだったら、転職しなくちゃ。

元々睡眠はへたくそで、精神疾患ひどかった時はもう凄まじかったのです、今は、睡眠のスパンと言うかピークが午前中にあるようで、早く布団に入っても大抵はもって3時間、普通は1時間半毎に夜間は目が覚めます。

以前は夜勤中だけ何度も目が覚めていたのですが、夜勤がほとんどの生活になって数年、もうそろそろ睡眠薬を変えないと無理なのかも知れませんねぇ・・・

今は眠れませんが、こんな事をやってしばらく遊んでいて、明け方になるとかなり熟睡できるんです。なので、仕事中はもうすっぱり諦めて、出勤ぎりぎりまで12時間とか15時間とかかけて睡眠確保しています。

普通の生活できる土壌を整えて欲しいなぁ。
ねえ?
厚生労働省さん?

アンケートは厚生労働省への陳情の為にあるNPOさんがまとめてくれているようです。
夜勤ですと16時間とか17時間とか拘束ですが、計算上は仮眠時間を労働時間から引くので、(これは労基法上の休憩時間で、違法でも何でもありません。その間の分は夜勤手当とか、宿直手当が出ますから、合法ですよ。)計算上の労働時間が短くなってしまい、日勤だったら(って、ありえないけど。うちの様なタイプの事業所では。)一日8時間×5日間で、週休2日制に出来るのですが、夜勤と明けの繰り返し、その間に夕方などの数時間の勤務が単発で入る と言う勤務形態は疲れる割には効率が悪いんですよね。

さて。

しばらく遊んだし、おなか空いてしまって眠れそうになかったので、ちょっと物も食べましたから、又寝てみましょうか。
最近、眠れない!と騒がなくなりまして。
眠れないのは、当たり前 になりつつあります。

良いんだか、悪いんだか・・・
気にならないし、仕事は出来るし、それは良いんですけど、いい年なんで、少しは健康上良くないかも知れません。

我々が居ませんと暮らせない利用者さんが居ますからね(^-^)
プロですので、頑張ります☆


明日は休日
天気が凄く乱れていますね。
みなさま、体調にはご注意下さい。

怒涛の様な毎日、明日はやっと休日です。
毎週同じ事を書いていますが、一日寝込んで過ごします。

ふと、DVDを借りたので(特売?セールで貸していたので。)元気があったら、DVDを見るかも知れません。

確定申告はへろへろになりながら、行きました。
還付金はありませんが、うちは住民税が普通徴収なので、何もなくても所得税の申告には市役所に行かなくちゃ行けません。
なので、ついでに税務署が近所なので、医療費申告してきますから、確定申告。

今年は珍しくすくなくて、10万円に少し足りなかったので、還付金はありませんが、住民税の算定基準が少しだけですけれど下がるので、申告できるものは何でも申告しに行くんです。

常用薬が国産のこなれた値段の薬物→輸入の国内では無認可の薬剤に変わった(と言うか、変えたのです。私が。健康が保てない事が分かったんで。個人輸入扱いで取り寄せてもらっています。病院さんに。)ので、毎月1,200円だったその疾病の為の治療薬が、毎月12,000円と10倍になったので、来年からは還付金も出てしまいますね・・・

毎年一人で10万円以上使うのが当たり前の生活なので、まあ、休みは寝込んでもしょうがないかしらね と思いつつ。

やっぱり明日も寝込みます☆


本日の献立
080222_1900.jpg豚肉ときのこ、葱、白滝のすき焼き風

青菜のソテー
ちんげんさい、アスバラガス、エリンギ

ひじきの煮付け
ひじき、油揚げ、まいたけ、人参

果物
林檎、いよかん

今夜は汁物サボりです。



バタバタバタバタ
委細省略でドタバタです。今夜は殿様だけなので、雑用をみんな済ませるつもりでして。

月曜からは又二人目のトライアルさんが、3泊します。慣れる迄は本人さんも、今の利用者も、私共世話人もバタバタになります。

今の利用者の家族さんも騒ぎますしね。

昨朝実は、寝坊しました。

トライアルさんが帰宅して、利用者も疲れが出たらしく、みんなさっさと寝てしまいました。なのでその分早く起きてしまう訳ですね。

夜勤中は熟睡は出来ませんから、5時から利用者の様子を聞いていたら…
宿直室から出るべき時間の少し前に私がうとうとしてしまいました。15分寝坊です。

利用者は悪くありませんが、急いではくれないので…

のんびりさん=私が起こしに来るのを布団の中で待ってました。彼は支度がとても遅いのですが、ちゃっちゃと自分で起きて支度出来たら、世話人は要りません。

殿様=見事にトイレを失敗してあちこち云々。

コーヒーさん=彼は支度出来るし早いんですが、私が起きて来ないし、自分は5時から起きてて暇ですから、あちこちぶっ散らかして遊んでました。

悪いのは私です。

作業は手早く
利用者にはいつも通り接して、ひたすら謝るしかありません。
私が失敗したんで、みんな楽しくてもう興奮して参りました。

でも何とかみんなそれなりに協力してくれて、通所には間に合いましたよ(*^^*)



いよかん
080220_1530.jpg6個剥きました。
剥くのは30分、食べるのは1分…