bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



体調管理
代わりの居ない現場職には、体調管理が不可欠です。特に私の様に結構なトシを食っていますと、死活問題です。

段々体調管理が難しくなってきて、困っています。

夜勤があけるのは、午前中で、大抵はそのまま帰宅してまず寝ます。時間は幾らも眠れません。1~2時間でしょうか・・・そして、目が覚めると結構な肩こり、背中の痛みなどに遭遇します。元々肩こり体質ですが、以前ほどひどくないのですよ。でも、夜勤明けは駄目です。

しょうがないので、半分居眠りしながら、体をほぐしていきますけれど、これに大体半日かかるんですよ。
15時頃から起き上がれずにごちゃごちゃやっていると、あっという間に、21時とか22時になります。

何が困るか と言うと、食事する暇と気力がなくなるんです。

昼は、眠ったあとか、前に簡単に何か食べますが、そのあとあちこちほぐしている間は、全然動けないんで、食事を作る事はおろか、買ってあるものを食べる、食べに行く事も出来ません。

と言っている間に21時とか22時になるわけですね。
風呂は入らないとまずいでしょう?
と言うか、風呂に入らないでとりあえず寝るというの、私、出来ないんです。そういうところは潔癖。

勢い、端折るのは食事です。
カロリーメートの類はいつも買って置くようにしているのですが、たまには面倒で切らしている時もあるんです。今日は「意外に疲れていないかも?夕食は食べにいけるかな?」と思って、昼の分だけ買って、帰宅して、寝て、食べて、雑用をして、それからほぐしにかかったら、あら駄目でした。22時ですよね?と言う感じです。

明日はたまたま通院の予約が変な時間にあるので、有給休暇を取りました。
だから、いつも仕事に行く時間よりも早く起きなければなりません。(ココ、大切。)
これから風呂に入って、実はどーしても見たくて「ラッシュアワー4」(ジャッキー・チェンのアクション物です。)を2泊3日で借りてきてしまいました・・・
いつ見るんでしょう?

とは言え、この時間になりますと、体調はかなり回復します。
翌日には余り持ち越さないんです。
これが私の体調管理でしょうか?
コツはですね。
私だけに通用するんだと思いますけど、テレビ(うちのテレビは6インチ、ラジオみたいなモンです。)でも付けておいて、(ニュースが多いですね。)アイマスクをしたまま、体をほぐしています。
アイマスク、かなり私の場合は有効みたいです。

それでも体が辛い時は、睡眠薬のピンチヒッターを出してきて(夜勤の時には2種類使うんですが、自宅ではいつもは1種類。それを2種類出して来る。)さっさと飲んで寝ます。

一般の方よりも倍以上眠っていると思います。
仕事以外の時間は全て横になっているか、眠っていますから・・・・

じゃあ、夜勤中は徹夜か と言うと、違うんです。
私はかなり夜勤中に眠ります。
勿論睡眠薬利用。
普段から睡眠薬がなければまったく眠れないので、夜勤中に飲んだところで、何かあれば、すぐ目が覚めるんです。
何もなければ5時間くらい?運が良ければ6時間くらいは寝ます。
でも翌日の明けはぼろぼろです。
仕事中だから でしょうかね・・・

元々ロングスリーパーで、何もなければ(完全な休みの前の日 とかですが)0時頃から翌日の11時頃までは眠っています。じゃないと体が持たないんです。

ショートスリーパーの方とか、横になれば眠気が来て、ぐっすり眠れる と言う方もおいでですよね。
どこでも寝られる方とか。
健康な証拠で羨ましいです。
もう20年近く精神疾患と付き合っていますので、睡眠薬無しで眠った事は在りません。

でも。

無理してお酒で寝るとか、精神科はコワイとか言っているよりも健康的だと思うので、まあまあ、体調管理は出来ている方なのかも知れません。

スポンサーサイト




トライアルさんの結果
結論から言いますと、破談になりました。
どうしてもお母さまが納得しなかったからです。

お母さまが認知症の疑いが濃厚
ご本人が中年の域を超えかかっている
母一人子一人の生活
お母さまのご本人への障害認知度が薄い

などの理由から、是非入居させてあげたかったです。
お母さまも程なく認知に著しく問題が出てくるでしょう。
そうなった時に、たとえ一時的にでも、お母さまにもご本人にも多大な精神的負担が掛かります。

なんとしても入居させてあげたかったのですが、どうしようもありません。
残念です。



破談になったとたんに問い合わせが2件来ました。

1件は、破談になった方が通勤されている作業所の利用者さんだそうです。
お母さまと二人暮しで、お母さまが脳梗塞で倒れられ「該当者なので」と問い合わせがあったとか。
ちょっと違うんですがね。
親が介護しきれなくなったその時に、緊急避難的に本人が生活できる場所をいきなり作るのがGHではありません。
本人の心の自立を促し、より充実した人生を送るための一つのツールがGHなだけなんですが・・・
まあ、だからと言って断る理由にはなりませんので、事業所で検討しているでしょう。

もう1件は、地域の「地域生活移行センター」みたいなところからの問い合わせでした。
直接GHに電話がかかってきたので、事業所に電話は回しました。

今、競争率2倍です。

どうも、「施設には入れたくないが、もう切羽詰って本人の行く先が無い」となると、GHを考える支援者、親御さんが多いような・・・

「施設には入れたくない」は感性なので、尊重します。
であれば、「切羽詰るまで家に置いておく」のはどうなんでしょうか?
本人さんは、親御さんとの生活が永遠に続くと思っています。
親御さんが切羽詰って、もしくは他界されて、初めてGHにいやおうなく連れて来られたら?

本人さんが置き去りな気がするのは、私の商売柄でしょうか?
普通、30代になった子供が実家でのうのうと暮らしていたら、普通の親は自立を促します。
今は変な親御さんも多いので、40代になっても50代になっても、親御さんに食事や洗濯の世話をしてもらっている「変な大人」も居るようですが。




ところで。

ちょっと別の話です。
中国産の材料で作られた惣菜にとんでもないものが入っていたとか。

うち、生協が近くにありまして、普段の食事の材料は生協で購入しています。共同購入、個人宅配ではなくて、店に買いに行く組合員になっています。
生協の共同購入用の惣菜に毒物が入っていたと言うので、親御さんへの連絡に追われました。

当GHは市販の惣菜は一切使っていません。
冷凍食品で稀に使うのは、とうもろこし、ミックベジダブル、グリーンピースで、亜米利加か豪州産です。

又、共同購入は利用していないので、該当商品は買うことが出来ません。

食べ物ですからね。
困りますね。
手の混んだものは出来ませんが、ごく普通の食事を提供していて良かったと思います。

たまには冷凍食品とか、使ってもいいよね とはいつも思っているのですが、食事を作ってくださるパートの方は、みなさん余り使いたがらず、ありがたいと思っています。


さて。

2倍の競争率になった次の利用者さんですけど・・・

体験で来る迄話が進むと良いのですが。
体験されれば、ある程度話が進みます。
本人さんにとって不幸だけがある と言う事には絶対になりません。
幾ら障害が重くても、地域で普通の生活をすることは人としての尊厳です。
「この子は私が居なければ」と言う親御さんも多いのですが、もし、障害ご当事者のご家族の方が、これを読まれていたら、是非、一度考えてみて下さい。

かわいい子には旅をさせよ と言います。
他人の釜の飯を食う とも言います。
身辺自立、生活自立は目的ではありません。
心の自立が目的です。
身辺自立の為に訓練をされる と信じている親御さんも居られるようですが、違います。

自主事業で体験だけ出来る事業所も数多くあります。
是非ご当事者のお子さんが20代前半のうちに、どんなに遅くても30歳までに自立させてあげて下さい。

それがご本人の未来を広げる事になり、幸せを多くつかむ事に繋がります。



苦戦中
あまりに内容が複雑なので、書ききれないのですが、今、非常にドタバタしています。

簡単に述べますと。

①新規利用者の方が入所されるかも知れない。
②その新規利用予定者の方の保護者の方に、認知症の疑いが濃厚で、契約行為に問題が生じそう。
③夕食を作ってくださるパートさんが一気に不足。
④登録アルバイトさんが一気に不足。
⑤上記の結果、常勤、非常勤の職員は、いつも目一杯になってしまう。

ので、疲れがなかなか抜けません。
朝、夜勤から帰宅して、緊張をほぐして、体を休めて とやっていると、あっという間にこの時間です。
まともに食事も出来ません・・・

あとですね。
プライベートで引越しの予定があるのですが、ちょっとした大事(少々なのか、一大事なのか分かりませんが。)で、揉めてます。

シフトの変則的なのは変わらず・・・
夜勤なら夜勤だけですと、かなり計画が立てられるのですが、諸事情で、今週は夜勤のみ、次の週は変な平日に休みが来て、土日は朝から丸一日歩いてのガイドヘルプの繰り返しでして、結構おっさんにはしんどいです・・・

仕事は好きなので、苦にはならないのですが、体の疲れを翌日までに戻して、ちゃんと仕事をするのに、結構四苦八苦。

大抵夕食が抜けるか、カロリーメイトになるんですがね。
明けた日の昼食は、上がるのが遅ければ外食してきますし、早ければ何か買ってきますけれど、夕食を食べに行ける時間には動ける様にならないんです。

トシは食いたくありませんなぁ・・・

GHの利用者さんはみなさん元気です。

明日はほがらかさんの入居の契約がある「筈」ですが、お母さまが認知に問題があるので、出来るかどうか分かりません。
出来たとしても、お母さまも不安に駆られますので、(初めて息子を外に出すので と、自分の認知に障害があるので、不安に駆られやすいのとで。でも、お母さまはご自分が認知症を発症している事に全く気付いていません。ほかにご家族が無いので、医者に連れて行く方が無いのです。)今後GHがしっちゃかめっちゃかにされる と言うか、なりそうなのは目に見えて・・・


保護者の方も介護、支援が必要で、判断能力が無い と言うケースは私は初めてなのですが、これからの高齢化社会、増えていくのかも知れません。


とりあえず。

風呂に入りませんとね。
で、おなかは空いているのですが、食欲はありません。
風呂に入ると多分空腹を覚えると思うので、カロリーメイトを齧ったら、寝ます。
昼間中倒れていたのですが、又、倒れます(^-^)☆


爆裂タイフーン
みたいな利用者さんが居ます。
在宅の方で、昨日ガイドヘルプに行ってきました。

タイフーンと言うか
ハリケーンと言うか
サイクロンと言うか

まあ、そんな方です。

人なつこいのですが、限度と言うものが分からない方。勿論障害ゆえです。
立ち止まる、待つ、考える と言う事が出来ないので、絶えず歩き回り(凄いスピードで)買い物好きなんですけど、目的のものがあるかどうか、どこの売り場か などを私が聞いている間にもう飽きて、どこかに行ってしまいます。(かなり理解はある方で、明後日の方向とか、そういう事は無いのですが。)

なので、目的は達せられない、イライラする、無闇に歩き回って疲れるので、すぐ飽きる、と言う感じの方でした。

まあそれなりに工夫して何とかしましたが、あれは本人さん、生活しにくいだろうな と思います。

手持ち無沙汰が1分耐えられないんです。
ぼーっとする事も出来ません。
電車の中で座っていて、3分座るともう飽きて電車内を結構なスピードで移動し始めます。
力が強いので、余り揉み合いにはしたくありませんし。

言葉は非常に達者です。
表面的な意味も理解できます。
ちょっと見ただけでは知的障害があるとは見えないでしょう。

でも、実は文字は余り読めませんし、お金の勘定は出来ません。
本や新聞は好きで良く読んでいるのですが、記事を読んでいる訳ではなくて、写真や絵を眺めているんです。
買い物などもかなり出来ますが、札を出して釣りを貰う事が可能と言うだけなので、金銭の価値は分かりません。
たまたま1,000円札を出したら、買ったものが1,000円未満だったと言うだけなのです。

こういう分かりにくい障害を持った方はかなり日常生活暮らしにくいと思います。
又、わがままと誤解されやすく、力が強いと外で揉め事に(私たち支援者と。ふさわしくない行動に固執する事があります。)なった時、喧嘩に見えたり、人目を引いたりする為に、ついふさわしくないわがままを(本人はわがままと思っていないんですよ。手持ち無沙汰なんですよ。)聞いてあげてしまったりすると、なかなか難しいものがあります。

生活の知恵的なことも、本人はふさわしくない形でかなり会得しているので、たまのお出かけ程度では治せませんしね。たまのお出かけはそういうものを治す機会ではありませんから。

昨日は1つだけ私の中で決めて、あるふさわしくないが、本人さんが生活の知恵的に会得している悪い癖を止めました。毎回大騒ぎになりましたが、何とかそれだけ止めて、後はまあ、楽しく過ごしてきました。

ああ と思ったのですけれど、ふさわしくない行動をしながら、本人さん楽しそうに「○○は駄目」とか「○○だから、止めよう」みたいな事を口に出して言っています。言われなれてしまっていて、本当の意味は分かって居ないと思います。かなり言葉での理解はある方ですが、意味まできちんと分かっている訳ではないようです。

でも、言葉が達者なので、その辺も誤解されやすい点ですね。
限度を知らない=分からない(分からないんですよ。限度を超えているのは分かっていて、やっているのは、悪い根性ですが、一般の人とはそこが違うんです。分からないんです。獲得できないんです。)=しつこい訳です。

しつこいタイプの知的障害を持った方 と言うのは実は居ます。
一見軽度の障害に見える人が多いですね。
その障害の重さはその方により、様々ですけれど。

昨日の方は、手帳は重度、障害程度区分は5、行動援護付きですので、実際はかなり重い方です。
でこぼこが激しいと言いますか、一見わかりにくいので、下手な支援者が障害程度区分の認定にかかわると、間違いで軽く出てしまう恐れがあるようなそういう方でした。

こういう方は、一見して分かる重度の障害を持った人とは別の暮らしにくさがあります。
大変だろうな と思いつつ、過ごした一日でした。




ケーキ屋さんへ
プライベートじゃないですよ。仕事ですよ。

今日のお出かけは、うちの事業所で多分一番障害の重い方です。お若いです。二十歳です。

散歩が好きな方で、食べる事が好きで、電車が大好き。

来週もその方とお出かけするので、今週は散歩、来週はグルメと提案しまして、今週は散歩に行きました。
当地方では、散歩道路がありますので、またまたそれをせっせと歩きました。
この方は、お体も少々難しく、かなり重い何とか症候群なのだそうですが、本人さんは非常に明るい好青年です。

散歩道路を1時間少し歩いて、3つ先の駅迄行き、そこからバスで繁華街に行きました。昼食は、普通の定食屋にして、その後ちょっとぶらぶらしてから、目的のケーキ屋さんにレッツゴー!です。

その方、ケーキ、甘いもの、大好きなんです(^-^)。普段ご自宅ではけじめをつけていると言う事で、「じゃあ、今日はケーキやりましょう!」とお母さんの了解を貰っていきました。

ケーキ屋さんはファッション雑誌に載る様なところです。
始めから目を付けていきました。
今時の飲食店、2階以上のところが多いんですよね。
1階のところって余りありません。
階段の上り下りが少々支援の必要な方なのですが、こちらもだいぶ慣れたので、まあまあ、階段でも昇って貰えます。下りもいけます。
ケーキ屋さんも定食屋さんも2階でした。

ケーキ屋さんに入って、2階に上って、甘い香りがして、メニューにケーキの写真が一杯あるのを発見した利用者さん、もう大喜びです。
言葉は無いんですが、満面の笑み。
舞い踊っているというか、舞い上がっているというか。

チョコレートが好きなんですって。
ところが、この方、食べる事が余り上手ではありません。
効率的に食べる事が出来ないの。
障害のためです。
本人さんのせいではありません。
口から食べ物がこぼれてしまうのです。
咀嚼すると、食べ物が口の奥から手前に出てきてしまい、そのままこぼれる。
なるべく奥の方に入れる、スプーンの背で押し戻すなどしますが、全部は無理。

折角なので、大好きなチョコレートのケーキにしたのですがね。
チョコレートクリームたっぷりの。
好きで美味しいから、唾液が出るわけです。
で、元々手前に戻ってきてしまう方なので、よだれとともに大量のチョコレートクリームが戻ってまいります(^^;;

頑張りました!ワタクシも。
美味しいもの、食べたいですものね。

満面の笑みで食べて、お母さんが持たせてくれるタオル(こぼれるので、胸に掛けたり、膝に掛けたり、口を拭いたり色々)を全部使い尽くし、足りなくて、私のハンドタオルまで使いましたけど、無事食べられました。

今日はまあまあの天気で、寒い事は寒かったけれど、かなり歩いたので、それ程寒さは感じませんでした。
利用者さんは二十歳ですしね。大丈夫です。



さて。

明日が又、大変なんですよ。
私は余りガイドヘルプは得意じゃないし、好きじゃない。
仕事ですから、一生懸命やりますが。

明日の方は、本人さんには言えませんけど、別名「タイフーン」とか、「ハリケーン」とか「サイクロン」とか、職員達が冗談で言う方です。

躁鬱がある、精神障害と知的障害合併の方。
なので、本人さんのせいではなく、発作的に走り出すとか、飛び降りるとか、ジャンプするとかの事柄があります。
かなり理解力などはある方で、説明すればいけないことなどは分かりますが、どちらかと言うと、悪乗りタイプと言うか、しつこいタイプ(こういうタイプの知的障害を持った方は結構居られます。性格が悪い訳では無いです。)。

若いんです、この方も。26歳だったかな?
拘り行動があり、新聞紙を収集して歩きます。
いつも10キロ単位の新聞紙を持ち歩いています。
ですから、凄く腕の筋肉が発達しています。
発達するほど毎日収集している訳ですね。

だから、力も強いです。
相撲ごっことか、プロレスごっこをすると、私はいつも負けますの。
力を加減する とかは出来ない。夢中でやっちゃう。
実は障害程度区分は5。
手帳は重度。
でも、一般の方が見ると、さほど重い障害があるように見えないでしょう。
だから、本人さん暮らしにくいわけですけれど。

とは言え。

余りガイドヘルプに馴れていない私にはかなり高度な技術の必要な方です。
温泉ランドが好きな方で、必ず入るらしいのですが、私は温泉ランドに入れません。TATOOがあるので、温泉ランドはお断りなのです。
とはご家族には言えませんので、(まさかね。好きで入れてるものですからね。)「塩素が駄目なのか、温泉ランド、銭湯、プールは蕁麻疹が出てしまうので・・・」と言って在ります。(これはどのご家族にもそういいます。)ご家族は納得してくれていますし、本人さんは一人では入れるので(重度なのは、躁鬱合併である事や、パニック的な発作があること、少々行動障害があることなどで、行動援護が付いているからです。日常の生活などは一人で出来ます。電車通勤もしています。見た目で障害は分からないものなのです。)良いのですが、「一緒に入ろうよ~~~~」としつこいのが始まると、止まりません。限度がわからないから・・・
他のお客さんに迷惑なくらい派手に騒ぐ事もあります。いわゆる悪乗りですね。

それをどうやって食い止めて、楽しく過ごしてもらうか が課題になってきます。
怒るのは簡単ですが、怒られれば楽しくないし、反発しますし、お出かけの意味がありません。

ガイドヘルプって本当に奥が深いと思います。

日常生活の支援をしていると、その人の本質が少しですが、見えてきます。その仕事が私は好きですし、得意です。
ガイドヘルプは非日常に対する支援でもあります。
勿論お出かけをするのは、日常生活なのですが、衣食住では無い部分がありますのでね。

ガイドヘルプの仕事はかなり簡単な講習で取れるのですけれど、本気でやると結構難しい仕事です。特に中度、軽度の人の将来に繋がるような支援としてのガイドヘルプは難しいです。

とりあえず、明日は悪乗りが少ないように、温泉ランドで大騒ぎにならないように頑張りたいと思います。


トライアルさん続き
今週の火曜日からトライアルさんが又来ています。

最初の情報票とはかなり差が在る方で、(これはご家族の話によるものなので、プロが見るとかけ離れている事が多く、それ程驚く事では在りません。)四苦八苦しましたが、かなり展望が見えてきました。

しかし思うのですが、個人の能力とは、当たり前ですが、障害の度数や、障害程度区分では分からないものですね。
この方、仮称で「ゆったりさん」とつけましたが、変更します。「ほがらかさん」です。
明るいお茶目な方ですよ。

手帳の度数は重度なのです。
障害程度区分が間違っていて、(親は出来ると思っていても、実は支援が必要な事が沢山あったので)多分、契約が決まったら、再調査に出すと思います。
きっと障害程度区分は5です。

5程度なのですが、驚く事に、本人の足で30分程度かかる道を自力で歩いて、電車に乗り、作業所の最寄り駅で降りて、又、30分程度歩いて自力通勤の見通しが立ちました。
たった、5回の付き添いや見守りで出来てしまったのです。
地理的な能力はかなり高い方です。
今まで自宅からですが、自力で通勤されていたので、能力が花開いているのでしょう。

反面驚いた事もあります。

食事をちっとも食べません。1時間経ってもほとんど手をつけない。
ご飯だけお代わりを要求します。おかずを食べない。
何でかなぁ?と思い、「先におかずを食べてから、お代わりをしようね。」と伝えてみたり、切り上げさせてみたり、色々やって、やっと気付きました。

握り箸なのですが、食べ方が良く分からないようなのです。箸とスプーンが出ていても、習慣的に箸を持ってしまい、食べ方は分からない。
だから、おかずが残るんです。
ご飯は握り箸でも掻き込めます。
作業所では軽度の方が多いので、特にスプーンの提供は無く、「おかずも食べよう」と毎回毎回言って聞かせているらしいです。
まあ、作業所ではそれで食べられるのですから、構いませんが、ホームで朝、出かける時に1時間経っても食べられない だと切り上げさせなければならないので、それではおなかが空いてしまいます。

スプーンのみを出し、スプーンと器を持たせるように支援してみました。
何の事はなく、おかずも綺麗に食べ、ご飯のお代わりの要求もなくなりました。
本人なりのおなかが空かないための生活の知恵だったのかもしれません。

ずっと不思議だったのですが、髪の毛がいつも寝癖の様に立っていました。朝、ドライヤーで整えるのですが、帰って来ると又、立っています。寝癖そのまま出勤させているみたいで、気になっていました。

これも何の事はなかったです。
ほがらかさんの髪は柔らかいです。
どちらかと言うと薄くなっている。
で、帽子を被る習慣なのですが、帽子の後ろに幅調整のベルトが付いていませんか?頭の円周は人によって違うので。
あれがですね。一番短くなっていたのです。
ほがらかさんの頭の円周は広いほうです。
きつきつの状態で帽子を被るので、髪の裾がめくれ上がって帽子で固定され、寝癖の髪が出来上がっていたという・・・

それもですね。ベルト調整をしたら、なんと!金具が緑青で固まっていました。
作業所に9年通勤しているんですけど、誰か気付かなかったんでしょうか?

ま、日中活動場所の職員さんのスキルではないので、これは生活支援の我々がやれば済む話で、私が直しましたけど。

これから色々分かってくる事があるでしょう。何しろまだ5日間しか泊まっていないので・・・


少々と言うか、大分困っている事もありまして、親御さんが、ちと困る。
どう見ても考えても、初期の認知症の方です。
ちょうど指向が支離滅裂になりかけて、都合の良い事は覚えているが、現在の事は忘れてしまう、でも、まだ、日常生活が出来るくらいの記憶の継続はあると言う状態です。
物忘れ外来でしたら、後期ですね。
今の時期にアリセプト(認知症の進行を遅らせると言われている、健康保険適用外の新薬です。保険が効かないので、1錠500円します。)飲めば、進行を遅らせる事が出来るかと思いますが、親御さんに自覚がなく、本人(トライアルさん)と二人暮しなので、誰も親御さんに支援する人が居ません。

将来が不安なのと、論理的な思考が出来ないので、契約に支障が出そうです。
幸いにして、息子さんはもう一人居て、その方は、本人のお兄さんに当たり、別居しているが、比較的協力的との事。
そのあたりを取っ掛かりにするしかないのでしょう。
理事長が苦戦しています。



そう言えば。

シーズン到来ですね。
何って、花粉症です。
うちの利用者にも花粉症居ます。
と言うか、ほぼ全員そうじゃないか?
私は通年性の植物アレルギーですから、一年中花粉症。
だから、体感で分かります。
トライアルのほがらかさんも、結構ひどい花粉症のようです。
でも、親御さんにその自覚が無いので、放置のまま・・・
契約されたら、医者に連れて行きましょう。
花粉症、結構辛いですし、ちゃんと治療しないと悪化します。
我慢すればよいものではないのです。

コーヒーさんもかなりひどいのですが、親御さんが「大丈夫」と言うので、医者で薬がもらえません。
これも困ったなぁ・・・今年はひどいらしいですから、もう一度親御さんに言って見ますか・・・コーヒーさんの・・・

ほがらかさんの親御さんだけが認知症初期の疑いが濃厚で、後の方は、頑固では在るが、認知に問題はありません。
認知症の保護者は初めてです。
なんとしましょう・・・

認知症自体は別にびっくりしないんです。
何でもやっておくものですね。
大嫌いな老人施設福祉の世界に1年だけですが、居ましたから、認知症は分かります。
段階も何となく分かります。
だから、親御さんが認知症な事は困らないのですが、契約行動とか、ほがらかさんに必要な事を自宅で準備してもらう際などに、適切に進まないので、困ります。

作業所の担当さんが尽力してくれる事になるのかな と言う感じです。

今日は休日。

明日明後日は、ガイドヘルプなので、今日は一日寝て過ごします。
やはりトライアルさんが来たりしますと、慣れない為に本人も疲れますが、我々支援者もわからないことを手探りなので、結構疲れます。
体も疲れますが、精神的にも疲れます。


そうそう。引越しが決まりそうだったのですが、諸事情で、今回の部屋はうまく行かないようです。
又、探して、春のうちには引越ししたいな と思っています。

最期の悪あがきで、インフルエンザもまだ生き延びています。
花粉も飛びます。
みなさまも健康には十分ご注意くださいませ。


明け入り
隔週で明け入りが続いています。人が居ないのです。

朝10時の明けで、いわゆる現地に15時と言うのが多く、ほとんどは夕方の長時間の散歩です。

11時~14時辺りに狙って寝ますが、食事をする時間はなく、カロリーメイトを時間のある限り、水分で流し込んで、次の仕事に出掛けます。

翌日休みなら助かりますが、そうでない時の方が多いですね。

時差惚けるのと、体の疲れと神経が立っているのとで、翌日の夜勤は結構大変です。

夜勤と言っても、夜出勤する訳じゃないんですよ。早い時は13時頃には家を出ます。

今、トライアルさんが来ているので、バタバタ。

夕方の仕事が現地で終わったのが、21時。これから歩いて帰ります。バスが存在しない場所なので…

頑張ります。



休日でした
バタバタと落ち着かない毎日です。
新しい利用者さん、新しい支援、新しい人間関係、新しいご家族・・・・・

もうどうしましょう と言う感じですね。
何とかしないといけませんから、何とかしますけど。

昨夜、久しぶりにパニックDVDを見ました。
実に3時間もの。
うーーーん・・・・・
余り面白くなかったので、ご紹介はしませんが、題名は凄い。
「壊滅大津波」カナダの映画です。
人工の地震?みたいなのを、海底で起こして、それで大西洋から津波が来る と言う映画でした。
大西洋は津波起きないらしいですよ。
絶対起きないそうです。
これは知りませんでした。

まあ、津波起こした犯人が居て、結局金儲けの話が英雄の活躍で壊れる、英雄も死んじゃうと言う話です。

ストレス解消にはドンパチ、パニック(災害ものですね。ホラーは駄目です。トイレにいけなくなります。)が大好きなのですが、余裕が無い日々が続き、大分しばらく見ていませんでした。
もう1本借りまして、これは90分だったので、少し前に見ました。
こちらの方が面白かったですね。「スーパー・ストーム」これ、主演がジョン・トラボルタです。「サタデーナイトフィーバー」の。
当時のイメージと全然違うのですが、今のトラボルタ、かなり良いかも知れません。
ちと太りましたね・・・
お話は、研究中に「暗黒物質」と言うのが出来てしまって、それが放射能漏れみたいに漏れてしまい、さあ大変 と言う話です。
ありえない話ですので、これはこれで面白かった。
トラボルタが良かったんでしょう。

本日は、珍しく出かけていました。
昼頃から夕方まで。
何の用事かと言いますと、お引越し。
正確には物件探しです。
良さそうなのがあって、申し込みをしてきました。
審査が通れば、来月には引っ越します。
といっても、2つ隣の駅です。
事務所には近くなるんですよ。
私は荷物がほとんど無いので、まあ、引越しといっても大した事は無いのですが・・・

11月に行進しなけりゃ良かったけど、その頃は今の物件は出ていませんでした。しょうがないですね。

久しぶりに物件探しをして、申込書を散々書いたら、結構疲れました。
引越しって、かなり面倒ですから、余りやらないのでえすが、今回は諸条件にぴたり!と当てはまる物件が出てきてしまいまして、その場でお申し込みとなりました。

決めると早いんです。
探しに行ったはずなのに、申し込みしてきちゃったんですから。
まあ、勇み足とも言いますが・・・

引っ越すと、今のGHには少し遠くなります。
事務所には近くなります。
ちょっとだけ便利になる予定です。


今朝の献立
080119_0844.jpg昨夜の出来た損ないの中華旨煮

昆布佃煮

BROCCOLI、ミニトマト、蒸し鶏サラダ

林檎、kiwiのヨーグルト

利用者さんは、旨煮は無しで、菜飯の小さなおむすびです。

今朝は少したっぷり目の朝ご飯です。



1月17日
15年程前、私には子供がありました。

違いますよ。私は婚姻した事がありませんし、実子は居ません。

国際NPOによる、経済支援をPhilippineの9歳の女の子にしていました。一月5000円の支援でした。その女の子の誕生日が1月17日でした。

彼女から、NPO経由でお見舞いの手紙も貰いました。Philippineでも報道されたそうです。

13年前に阪神大震災はあった訳ですが、その後体調を大きく崩してしまった私は、数年の療養生活を余儀なくされ、社会からdropoutの日々でしたから、経済的、精神的余裕がなくなり、中断してしまいました。その支援を。

学校の先生になりたい、と、彼女は書いて来ていました。もう20歳を過ぎたかも。Philippineでは婚姻年齢が若いので、結婚したかも知れませんね。

実はその前に支援していた、やはりPhilippineの3歳な男の子は、災害で亡くなり、支援が終了になり、他の方をと希望して紹介されたのが、彼女だったのです。

経済的里親は、自分の都合でいつでもやめられます。里子の方も支援が必要なくなったら、いつでもやめて良い制度です。



又、やりたいな、とは思うのですが、お金を出すだけの支援にはしたくないので、ちょっと迷っています。
里親は手紙を書く義務はないのですが、そういうものでもないでしょう。
その子供がその地域での成人に達するか、婚姻、就職などで経済的に自立する迄の10年単位の支援なのです。だから一月5000円なんですけれどね。

私が参加していたのは、fosterparentと言う制度で、fosterplanと言うところがやっているものです。現在も活動しています。

Philippineの子供さんを指定したのは私でして、catholicの家庭を、と指定しました。発展途上国でAsiaでは、Philippineの方にcatholic信者が多いからなんですが。

1月17日近くなると、震災と共に、彼女の事を思い出したりします。元気に学校の先生になっていたら良いなあ。