bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



インフルエンザ
071130_0858.jpgとりあえず。

利用者の通院を早朝からやったりしていたら。
気持ち悪かったんですな。

2時間で38度に体温があがり、自分が通院。
で、結果は写真の通り。5日間は仕事出来ません。


スポンサーサイト




連鎖反応
今朝4時半、睡眠薬の追加を飲んだところで、2階からゲホゲホ変な声?がします。多分のんびりさんです。おかしいです。寝たら普通は朝迄トイレには起きません。

行ってみると今にも泣きそうな様子でトイレに腰掛けています。水様便がかなり大量にあり、本人は嘔気を強く訴えて、こみあげる様にゲホゲホやっています。

一応下痢が終わって、汚れたものを換えて寝かせてみましたが、盛んなゲホゲホは止まりません。気持ち悪いと辛そうです。

こうなると仕方ないので、提携病院に連絡して受け入れて貰う事にしました。

忘れてはいけないのは、コーヒーさんを一緒に連れて行く事です。何時に帰れるか分かりませんから。

可哀想ですが起こしました。「のんびりさんが病気なので、一緒に病院に行ってくれる?」と頼みまして、洋服を着て貰い、のんびりさんを連れて車で提携病院に行きました。



実は。

こんなに辛そうなんですが、医者の見立てでは、下痢が一回だけ、嘔気だけで嘔吐がなく、喉、聴診しても風邪症状がなく、まあ何と言いますか、何事もない状態なんだそうです。

どうやら殿様の体調不良を目のあたりにして、ショックだったと言うか、伝染しちゃったと言う感じみたいです。

勿論本人さんは、本当に苦しいのですよ。いわゆる仮病ではありません。精神的なショックから、殿様と同じ様な症状が出ているのです。



結局本人さんは辛いので、吐気止めを点滴して下さいました。先にソルデムを入れてるうちに、吐気は治まってしまいましたが、吐気止めのナウゼリンも入れて下さいました。提携病院は障害者の方の特性や辛さ、暮らしにくさをわかって下さるので助かります。

帰る車の中で嘔気は再発して、自宅にも連絡したら引き取りたいとの事になり、のんびりさんは本日は休みました。

ホームに帰って寝かせて、自宅に帰る事を伝えたら落ち着いたのですが、いざご両親が車で迎えに来ましたら、自宅に着く前に又、下痢を失禁してしまったそうです。気の毒ですし、お茶目さんの二の舞いにならないか、かなり心配しました。病気の気分にどっぷりつかってしまい、社会参加が出来なくなる方も居られます。今、お茶目さんがその状態で、半年自宅に篭っていますので…

先程理事長が自宅に寄ってくれたところ、一眠りしたらかなり安心した様子で、顔色も良かったとの事。長引かないだろう、と連絡が来て安心しました。

まあ強いて言えば病気でも何でもなく、通院も点滴も不要!なんですが、それは我々の理屈でして、本人さんにとっては不安いっぱいの重病なのです。ですから、通院も点滴も休んだのも正解だと思います。

あとは本人さんが早く抜け出せる様に祈りましょう。

ところでコーヒーさんですが、実に静かに付き合ってくれました。彼は精神的に強いので、こういう連鎖反応には影響されないので助かります。かなり凄い事なんですよ。

私と朝食を食べ、元気一杯通所しました。




最初に戻ります。
私、追加の睡眠薬を飲んだところで事態が勃発しましたでしょ?
飲み慣れていますから、寝てしまう、と言う事はないのですが、薬の作用に逆らった行動をしている上に、寝不足です。

オチですけど、私が吐気が強くて、運転して自宅に帰るのがきつかったです。実は今も布団の中で書いてるんです。

又これから続きを寝ます。おやすみなさいませ。



ごめんなさい
先程利用者さんの号泣の声がしました。のんびりさんの声です。

行ってみると確かに泣いています。のんびりさんは、消化出来ない事があると、泣く事で爆発させます。理不尽な事があった、とかですがね。

聞いてみました。大抵要領を得ません。説明、消化出来ないから泣く訳ですし。

でも今夜は利用者さんは二人しか居ませんから、私か、コーヒーさんが犯人の筈でしょう?私は台所に居ましたので、二階の部屋に居たのんびりさんの犯人にはなれない様な気がします。

多分要領を得ないだろうと思いながら聞きましたら、「コーヒーさん」と言います。嘘はつきません。理不尽と感じた事が、コーヒーさんの悪意によるかどうか、は、ともかくとして。

なので今度は、コーヒーさんに聞いてみました。原始的ですけれど、これしかやりようがないですし。「のんびりさんとどうしたの?」と聞きましたら、コーヒーさんは、頭をゴツン!とやる仕草をして、ごめんなさいポーズをしています。

私は何があったんだか、さっぱり分からないのですが、犯人さんに自覚がありますので、「ごめんなさいしなくちゃダメだよ」と言うと、犯人さんたるコーヒーさんは、スタスタと謝りに行きました。

コーヒーさんは人を叩く事は絶対にありません。ゴツン!が何だか分かりませんが、ぶつかったのかも知れませんね。

でも、本人同士が納得する事はとても大事なんです。だからこれで良いのだと思います。




でも…
ちょっと気になる…
一体何があったのでしょうね?
謎です。



今夜はおでんです
071128_1818.jpg昨夜は騒ぎでしたが、殿様は快方に向かっているそうで、安心しました。

今夜は私が夕食を作りました。パートさんの都合が悪かったのです。

おでんは、野菜だらけですがね。

ひじきの煮付け

小松菜と平たけの和え物

蓮根のきんぴら

果物
苺と林檎

はあ~

忙しかった(>_<)

若い常勤さんも明けなのに、サポートが入っていたので来てくれました。仕事ですから仕方ありませんが、助かります。

風邪をひどく引いているので、定時前に帰しました。明日は又、彼が入りですからね。

あとは利用者さんと、のんびり過ごしましょう。

おでんの中身はね。
大根、人参、蕪が大量で、少しの鶏肉と練り物のボールが串に刺してあるのが入っています。あ、竹の子も入れました。



急性の脱水。
殿様ですが・・・

実は月曜日の夕方から、調子がおかしくなりました。最初は精神的な自家中毒かな?と思いました。たまたまちと強引なアルバイトさんが月曜日に来てくれていて、殿様ともみ合いになりまして、それからおかしくなったのです。知的障害者の方、こういう事は時々あります。もみ合いになったのには、殿様が理解できない方法で介助をごり押ししたアルバイトさんに私が気がつかなかったからの失敗でした。

その夜は、いつもと違うおかしな状態が続き、翌日つまり火曜日の朝も変でしたが、体調不良の様子ではなく精神的なショックと思われましたので、作業所には通所させましたところ・・・

昼間作業所で嘔吐と下痢があったそうです。
で、その後はけろりとしていた と言う事で帰ってきたようです。
が、帰って来て状態が悪くなり、若い世話人さんから連絡が入り様子を見に行きました。明けなのに・・・

その時点では、精神的なショックによる自家中毒的な感じかな?と思われて、とにかく寝かせて、夜勤の世話人さんに「こういう事があったので、精神的なショックが体の症状に表れているのかもしれないから、様子を見て」と指示して、一応、私は一回自宅に帰りました。

その後、状態が更に悪くなり、20時頃、若い世話人さんからまたまた、連絡が入りました。
嘔吐と便失禁がぶり返し、目がうつろ、焦点が合わないと言う状態になって、救急病院に通院する事になりました。こうなると、精神的なショックかどうか、精神的な自家中毒かどうかは、もうどうでも良いです。通院させなければ、脱水で死んでしまいます。

もう大慌てで飛んでいきまして、とにかくお母さんと(この際、色々な事をごちゃごちゃ言っている場合では無いです)若い職員さんが提携している病院に救急扱いで通院し、私は利用者さんの世話と留守番、雑用、後片付けに回りました。

要するに、原因は、アルバイトさんだか、風邪だか、疲れだか、もう分からないですが、とにかく下痢と嘔吐が続き、本人さんは症状が辛くて水分が取れないため、急激に脱水してしまい、更に症状が悪化したと言う事です。

色々検査もしましたが、幸いにしておかしな菌は検出されず、体調不良 と言う程度のことで済みました。
点滴をしていただいて、かなり回復し、ここまで来るとお母さんも心配ですし、無理からぬ事でも在り、又、GHでは昼間土曜日まで繋ぎきれなかったので、(世話人は2人。交代で24時間勤務になってしまいます。ちょっと無理です。他の利用者さんもいますので・・・)ご自宅で療養する事になりました。

これで、今、GHには利用者さん2名になってしまいました・・・・・

殿様は、程なく帰ってこられると思うのですが。

昨夜は利用者さんが混乱しているので(他の元気な利用者さんですよ。)理事長も飛んできてくれて、利用者さんに分かるように説明してくれ、私も深夜まで残って、片付け、雑務、色々しながら、利用者さんの面倒を見て、深夜1時頃帰宅しました。

本来ならば、若い世話人さんが夜は居る筈なのに、私が居る訳ですから、繰り返し説明もしないと混乱しちゃいますし、不安になります。
友達がバタバタ居なくなった(通院した)のですし、嘔吐している様子を心配して見に来てくれた利用者さんも在りますので、とにかく落ち着かせることと、嘔吐、下痢ですから、後始末が大切。後始末をきちんとしないと、そこから他の利用者に感染します。

それから、それから、朝食の用意とか、山の様な洗濯物(当たり前ですな。嘔吐に下痢ですから。)をして、夕方から現金も使っているので、(夕食の準備などでパートさんが買い物します。)帳簿付け、他の利用者さんは本日普通に通所するので、その申し送りを通所先へ連絡帳記入、台所も戦場になっていますから、それも片付け、最後に殿様の通所先に「急病で28日は休みますので、送迎はは不要です。29日以降の事は、自宅から連絡します。」とファックスを送って・・・・・・・・

などしていたら、あっという間に0時は回った訳であります。

その頃、やっと殿様は帰って来て、自宅に帰りましたので、若い世話人さんと少し話して1時頃帰ってきたと言う事であります。

殿様、血管が細いんです。
成長が悪いとも言いますが、ダウン症候群ですしね。
なので、点滴を落とすのに、スピードを上げられないのです。500ccの点滴落とすのに、2時間半かかりました。本人も大変だったでしょう。
でも、症状の直接の原因はやはり脱水だったようで、点滴が終ったら、かなり元気になったようです。
しばらく自宅で療養すれば、回復されるでしょう。

知的障害者の方は、体調不良を的確に訴えられない事と、例えば気分が悪くても水は飲まなければ脱水しちゃうなどの判断が出来ない為、徹底的に症状を悪くしてしまう事があります。危なかったです。
気持ち悪いと水分飲めませんよね。
我々でしたら、多少気持ちが悪くても、何とか飲めそうなものを介護してくれる人が探してくれれば、頑張りますが、その判断は殿様には無理ですので、たかが体調不良なのですが、エライ騒ぎになってしまいました。

誰も悪くありませんが、気の毒な事をしました。

早く回復されて、元気に又、みなさんで過ごせるようになってくれればと思います。

一瞬、ノロウイルスか?とか、いわゆる細菌感染か?とか、大変心配したのですが、幸いにしてそういうものは検出されなかったので、多分数日で回復されます。来週からはGHにも作業所にも行けるでしょう。

救急病院の扱いに、軽症、中症、重症、などとあるようですが、殿様の場合は、一応軽症です。でも、放置しておけば、生命にかかわりますから、軽症のうちに何とかできてまあ、助かりました。提携病院は、障害者支援を主にしている療育病院ですので、その点は安心です。
普段の簡単な事には近所の一般の医院を利用しています。

ついでに。

若い世話人さんが、先週あたりから風邪を引いているのですが、ばっちりぶり返しました。
今夜は私と若い世話人さんだけでの支援なのです。
夕食を作ってくださるパートさんの都合が悪いのです。
今夜は私が夕食を作り、風邪がひどいのですが、若い世話人さんにも来て貰わないと利用者の世話が出来ません。休ませてやりたいですが、こういう時は気の毒です。
若いので、体力もありますので、余りいとわずに来てくれるのがありがたいです。

福祉現場は、今、どこもぎりぎりで運営していますので、順調な時は良いのですが、一人の利用者さんに何かが起きたり、世話人、職員が体調を崩したりすると、一発でアウトなんですね。
我々世話人も迂闊に風邪は引けません。

体調管理しながら、余り無闇に無理をしないことが大切になってきます。
今週は本当は殿様の皮膚科と、コーヒーさんの床屋がもうぎりぎりだったのですが、どうしようもないので、来週に延期です。利用者さんをあちこちに連れて行ってもあげたいですが、この状況ではなんともなりませんので、本日はGHの中で過ごしていただく事になると思います。

ふー。

理事長もあちこち飛び回っている中、夜中の21時頃、すっ飛んできてくれて、頭が下がりました。

こういう上司が居るから、うちの法人は今のところ大過ないのかも知れません。


明日の朝食
071126_2311.jpg朝食に、良くナムルを出します。少量の胡麻油で合えた物です。
良くやるのはもやしと小松菜、これには焼いたひらたけが入っています。
回りの茶色いのは、厚揚げの焼いた物で、醤油を少し絡めてあります。

サラダは朝には良し悪しで、第一食べにくい。それからドレッシングが必要だと最悪。油を食べさせる事になってしまいます。

ヨーグルトも良く出しますが、果物を合えます。そうすれば砂糖が必要ありません。

パンは食パンにして、バターの類はつけない。納得出来ない方には少量を片面に塗って、サンドイッチの形にします。両面塗るのの半量で済みます。

当GHは平均年齢40歳で、成人病のデパートの方が多いのです。いかに見えない余計なカロリーを採らせない様にするか、は、毎日の積み重ねですね。



とは言え、ワタクシ自身は、他で余計なモノを食べるので、痩せる気配はございません(^-^;



本日のお出掛け
071118_1409.jpg今日のガイドヘルプは、先週遊園地に行った利用者さんです。今日はどこに行こうか考えて、ご家族と相談して、あちこちお散歩にしました。

当地方に国宝のあるお寺さんがあります。そこ経由で新興タウンのクリスマスの飾り付け見物でもと言う予定で出掛けました。

この方、当法人で多分一番重い障害がある方なんですが、先週ガイドヘルプして驚きました。説明しにくいのですが、凄く成長されています。今日お母さんに聞きましたら、作業所に行くのに送迎は勿論あるのですけれど、敢えて電車で通っているそうです。1年続けているうちに、花が開いたと言う感じです。

で、本日は付き添いのアルバイトさんは居ませんから、私と二人です。先週よりも様子が良かったのは何故でしょうね?お散歩だったので、分かりやすかったのかも知れません。

何に驚くって、今までみられなかった行動なのですが、興味のあるものを探す、その方向を見る、と言う行動がはっきり分かります。

これは凄い事でして。
たまたま見た方向に興味を引くものがあり、少し見る、と言うレベルの事は今までもありました。
探す、視線を注ぐと言うのは、それよりかなり上のレベルです。

しかも、しかも!
その興味を引くものに近付いて行こうとしてくれます!

かなり驚いているんですよ。急に花が開いたから。

今日は国宝のお寺さんのお寺の建物そのものが気に入ったみたいで、飽きずに眺めて居られました。ちょうど、護摩を焚いていまして、本堂に入れたので、中に入らせて座らせてみました。

お坊さんの衣は綺麗ですし、太鼓も鐘も鳴りますし、お経は見事ですし、かなり気に入ったみたいで、手を叩いて居られました。彼にとってはコンサートかな?ショーかな?

ちなみに。

信仰の厚いご家庭の方が居ないとも限らないので、余りに本格的な宗教っぽい体験は、ご家族に確かめてからにしています。私自身がクリスチャンなので、「あー。これはちとやりたくないねー」と言う様なコト、たまにはあるんです。

関係ないですが、私が一番抵抗を感じるのは、いわゆるお賽銭。仏像を拝むとか言うのは、作った職人さん、凄いねーとか、文化は凄いねーとか思うので、割合平気なんですが、お賽銭は抵抗あるんです。

もっと脱線しますが、お弔い。これは何でも先様の宗派通りにお参りしますよ。故人への敬意ですから。

元に戻します(*^^*)

護摩を焚いているのを体験して、お昼を食べて、時間はまだあったので、電車で少し移動して、街並みを歩きました。

興味があるものが実に良く分かって嬉しかったです。だって自分で近寄って行くんですもの。私は危険がないか、とか、邪魔にならないか、とか、気を付けるだけで、利用者さんの興味の向くままに散策しました。楽しかったです。

一番好きなのは食べ物屋さんみたいですよ。あとは綺麗なもの、光るもの、音楽の流れているところなんかがお好みの様です。アクセサリー売り場も気に入っていました。



帰り道、おうちに帰ろうね、と話しながら帰る訳ですが、勿論本人さんは、言葉では理解出来る訳じゃないんです。風景で自宅に帰るとわかるんです。

おうちには、大好きなお母さんが待っているのも分かりますから、ルンルンでした。これも最近です。はっきりわかる様になったのは。

帰りましたら、お母さんに満面の笑みで、言葉はありませんが、「楽しかったよ!ただいま!」と言って居られる様でした。


彼は手帳は最重度な訳ですが、何も分からない訳でも、自己実現がない訳でもないのです。

小さく思えるかも知れませんが、彼の大変化を嬉しく思った一日でした。

しかし。疲れます(^-^;これは多分私のトシのせい。私は独身ですが、「お父さんですか?」と、散々声をかけられます。子供が居たら、彼くらいの子供が居てもおかしくない年齢なので…

今夜は早く寝ます。明日から又夜の仕事に戻ります。



写真は遊園地の時のです。利用者さんと遊具に乗っているのはワタクシではありません。付き添いのアルバイトさんです。



ガイドヘルプ
071124_1255.jpg071124_1230.jpg今日は掛け持ちです。ガイドヘルプとホームヘルプ。

先にガイドヘルプで、遠くの博物館迄お出掛けしました。電車に乗って居られますが、この電車は動きません。つまり展示品です。車両開放している鉄道の博物館なんです。

この方、いわゆる行動障害がかなりある方なんですが、電車がお好きだそうで、ならば、とのご家族の希望でかなり遠く迄足を延ばしてみました。私は知らなかったのですが、かなり有名で大規模なところだそうです。

で、非常に納得した事がありました。ご本人余り興味が無さそうなんです。なんでだろう?と考えて気付きました。動かないからでしょうね。この方が興味があるのは、普通に運行している電車、それも自分が乗り慣れた電車の様です。帰ってくる時に、途中から乗り慣れた電車を使う訳ですけれど、そこでやっと笑顔が出ましたから。

我々の感性ですと、珍しい電車がずらりと並ぶ博物館の方が興味深いだろう、と感じますが、彼には彼の興味がある訳ですね。ちと学びました。

帰ってくる時に途中の駅で、多分疲れたのでしょう、ぐずって「ヤダ!」を一人で連発していたと思ったら、ドアの閉まり際に無理矢理ホームに降りてしまいました。

もちろん私にがっつり叱られて、快速から各駅停車の車両に引っ張っていかれ、しばらくしゅん!として居られましたよ。

危険な事、非常識な事には、かなりきちんと叱ります。大声を出すとは限りませんが、本人さんに分かる様に叱ります。本人さんの為になりませんからね。

外で食事をしない、店内で走り回るなどがある方なんですが、どーも待てる限界時間が短すぎるみたいな…
私は喫茶店とか、ファストフードとか、そういう簡単な店で、陳列してあるパンとか、サンドイッチとかと、飲み物を買って、手渡しながら私も食べる、と言う形が多いのですが、このレベルだと食べられるみたいですねぇ。

ややこしいものをじっと座って10分待つとか、箸やらフォークやらを駆使して、とか言うのは、限界越えちゃうみたいです。理由は分からないのですが…短気なのかも知れませんし、食堂で食事をすると言う事が理解出来ないのかも知れませんし、走り回ると支援者が慌てたりする為に楽しくて、飲食店は走り回って支援者や家族を困らせて楽しむ場所と思っているのかも知れません。

将来的にはレストランで普通に食事が出来たら本人も楽しみが拡がるだろうと思いますけれど、今のところ私が提供出来る事は、簡便な軽食程度です。他の職員には、もう少し高度に対応出来る人もいるかも。

この方に私が一番心掛けているのは、なるべくヤダ!と言わせない事です。思わずヤダ!と言いたくなる様な下手くそなアプローチをしないと言いますか…

でも、今日も飛び降りていますし、彼もなかなかやるもんです。今日は何をしてくれるかしら?と言うのは、少し期待もしています。誉める訳にはいかない事が多いですから、がっつり叱るんですが、叱りながら「キミ、なかなかやるなあ」と、内心感心している時は良くあります。

動かなけりゃ電車じゃない!は、彼の勝ちですね。確かに動かないなら、只の置物ですわ。

そういうところはね。知的に障害のある方にぐんばいが上がる事も良くあるんですよ。



明日もお出掛けです。別の方と紅葉を見に行きます。この方はお体も知的にもかなり重いんですが、なかなかの好青年です。

今日の方もなかなかのハンサムボーイで、作業所の人気者です。ハンサムに見えなかったら、電車が動かないせいだと思います。



本日は休日
今月は祭日が沢山あるので、利用者の方をご家族が自宅に引き取ってしまい、仕事のシフトが崩れています。本来ならば、今は日曜日が公休なのですが、(当法人の常勤は、週に一度しか公休がありません。)この3連休で、ガイドヘルプの依頼が多いので、本日が休日、明日、明後日はガイドヘルプとホームヘルプになりました。

これで又、月曜日から3連続夜勤(通常通り)なので、明日からは体力的にかなりきついです。
床屋にも行きたいのですが、床屋さんは、昔馴染みでちと遠方にあるため、今日は諦めました。少々ヤマアラシになりますが、しょうがないです。

明日のお出かけの方は、いわゆる「嫌だ」の方。
生育歴を知りませんし、理由は私も良く分からないのですが、「○○をしましょう」等と色々情報を伝えますと、必ずといってよいほど「嫌だ」と仰います。で、反対方向に走っていく・・・・・

何か が生育歴の中であったのだと思いますが、「嫌だ」と反対方向に走る事は、本人さんにとってなんなんだろうか?と時々考えます。一つはわかっていまして、「嫌だ」と反抗?すると、介助者が困ったり、怒ったりするのが楽しい と言う事です。これに意味を持たせては駄目なので、その点だけは注意しています。

明日はご家族のご希望で、最近当地方に出来た観光施設に行きます。まだ出来たばかりで、かつ、少々遠方なので、入場できるかどうか、甚だ不安なのですが、その観光施設は数少ないその「嫌だ」の方が興味を示しそうなものを多数展示してあるので、ご家族としては是非、見学させてあげたいと言う事のようです。

何とか頑張らなくては。

その方だけでしたら、少々「嫌だ」が出て、時間を食っても構わないのですが、実は、その方の後、ホームヘルプが入っているんです。おしまいが決まっていますので、時間の遣り繰りが大変です。
夕食に間に合うように何とかしなくちゃなぁ・・・
ホームヘルプは夕食つくりです。一人暮らしの方で、これまた、少々ナンな方・・・

ナンじゃなければ、手帳はお持ちじゃないので、ナンなのは構わないんですけどね。
その為に我々プロが居るんですから・・・
でも、余りに空腹になっちゃったら、気の毒なので、何とかしなくちゃいけませんね。

明後日は、先日遊園地に行った方と又、ご一緒します。今回はアルバイトさんの付き添いはありません。
クリスマスイルミネーションを見に行こうか、グルメツアーにしようか、考えているところです。

てな訳で、明日から、来週の土曜日までノンストップなので、本日はぐーたらする事にしました。まあ、休みはいつもぐーたらしていますけど、いつもに増して、ぐーたらする事にしたんです。

こういう忙しい時は、もうすっぱり諦めて、自炊はしません。外食とカロリーメイトの類で凌いでいます。
今日は、昼頃にブランチを食べに外食に行って、帰りに薬局でカロリーメイトの類を買い込んで来ました。
今夜、明日の朝(食べないかもしれないけど。)はきっとカロリーメイトの類でしょう。

嫌だ の方は、食事を嫌うので、(食堂に入って、注文して、さあ食べましょう に行くまでが大変です。何故だかは分かりませんが、店に入ったとたんに=ご家族曰くですが=窓際の席に突進して、人が居ようとお構いなしだとか・・・・で、3分席に座っていられないとかで・・・まあ、食べる事を拒否しますと、大抵のわがままは通りますので、そのあたりかも知れませんね。)余り食事には重点置いていないんです。
だから、私も昼飯適当になると思います(^^;;

知的障害者の方って、時々凄いな と思うのですが、自分に不利益な事を回避する術は実に徹底的に習得している事があります。

嫌だ の方もそうですが、嫌だ と言われても大して困らない事もありますし、困る事も在りますよね?
食事を食べないのは、困ります。
出かけて移動中に、交通機関の乗り降りなどを拒否されるのも困ります。
困る事=楽しい事 になっているのかも知れませんが、下手をすると「じゃあ、これをやっても良いから、食べてください。」「このわがままを聞いてあげるから、電車に乗ってください。」になっちゃいます。

すると、もういう事を聞かない。
いう事を聞かないのも、「ここまでやっては危険だろう」とか「ここまでやっては世間的な常識から外れて、他人に迷惑だろう」と言う判断が出来ないから手帳があるわけです。手帳があるのは、本人のせいではなくて、障害のせいですね。

だからこそ、我々プロはある程度その方をコントロールしつつ、未来を切り開いて行かなくちゃ行けないんですよね。

ガイドヘルプは本当に難しいです。
しょっちゅう書いていますが、苦手、嫌いです(^^)
仕事なのに。
やっぱりGHの世話人の仕事の方が、体力的には大変ですし、勤務時間カウントも悪いけれど、好きです。

とも言っていられないので、明日と明後日は、ガイドヘルプとホームヘルプに頑張ります。
月曜日からはGHの仕事を頑張ります。

ので、本日は休業です(^-^)


カレー
071121_2007.jpgあはははは(^-^;

食事の時に写真撮るの忘れましたね。明日の朝にも回すので、鍋にあるのを撮影しました。

中身が分からんですよね~

骨付き鶏肉、豚挽き肉、玉葱、人参、セロリ、ピーマン=みじん切り
形のある野菜は、茄子、ズッキーニ

あとはサラダ、ゴマ和え、スープ等でした。

明日の朝はカレーにーナムルとヨーグルトを添えましょうかね。