bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



お茶目さん発熱!
遊んでいる場合じゃないんです。実は先ほどお茶目さんのご家族からお電話がありまして、お茶目さんが発熱したそうです。38度5分ほど熱があり、食欲が無く、眠っているそうです。駄々もこねているそうです。
本格的に風邪を引いたみたいです。
本人は通院できず、お母さんが代理で通院して、汎用風邪薬を貰ってきたそうです。

実は、お茶目さん、此処しばらくやけにハイテンションで、睡眠時間も少なくて、元気すぎたので、疲れたのかもしれません。

お茶目さんは、朝日とともに起き出します。
雨戸は立てるのですが、それでも朝日とともに起きてしまいます。
良く良く観察していると、普段からトイレに行くのが大嫌いなのですが、帰寮してから翌朝までトイレに全く行きません。
強引に言って行くなら、少々強引に言いますが、言っても絶対に行かないので、言いません。
ですけれど、通所先でトイレに行くのは、最後の最後に行ったとしても15時です。それから翌朝まで一回もトイレに行かないのです。
これは私たちの懸案事項の一つでもあるのですが・・・

一度もトイレに行かずに眠ってしまいますと、人間の睡眠リズムは45分の倍数で出来ていますので、4・5時間、6時間などのスパンで眠りが浅くなりますね。トイレに行っていませんから、その浅い睡眠の時に目が覚めやすくなるのです。4・5時間か、6時間のスパンで目覚めてしまいます。一度目が覚めたら、二度寝る事が出来ません。リビングに出てきて、うつらうつら舟をこぎながらでも、二度と布団に入る事が出来ません。これは知的な障害がある為に、彼が獲得しにくい事の一つです。

なので・・・・

今までは、入浴したあとくらいにトイレにどうしても行きたくなるような感じに生活リズムを整えていました。習慣化すれば、その習慣に従う事は出来るのですが、その習慣化は、あくまで彼の体が求める反応(トイレにどうしても行きたいと言う切羽詰った感じ)による訳です。

飲み物など勧めるのですが、何故か最近飲みません。
変な話ですが、喉が渇いていても、トイレに行きたい感覚があって、その為に飲まない と言う様なことが起こりうるのです。どうも、今、そんな感じがします。

夜、しっかり寝てもらう為に、昼間の時間に十分に水分を取ってもらい、寝る前にどうしてもトイレに行きたくなるように仕向けるって、これ、実はかなり大変です。なかなかうまく行きません。先日まで半年ほどうまく行っていたのですが、何かのきっかけで崩れたようです。

その為に、彼は毎日4・5時間もしくは6時間しか寝ていないのです。
21時とか22時とかに寝て、3時とか4時とかに起きてしまう事もあります。うまく寝てくれて、5時半です。
気候も不順ですから、体が疲れますね。
体が疲れると、何故かハイテンションになったりします。
本人はその自覚が出来ないので、ハイテンションでゴキゲンなのですが、実はかなり疲れて居たのかも知れません。

この辺り、重度の知的障害のある方には、自分で自覚して調整する事が出来ませんから、支援者の工夫が大切になってくるのですけれど、言葉や行動で伝えて通じる方は良いのですが、お茶目さんは、実は臆病で、理解しにくい事や、失敗の経験がある事は、「嫌」と表現したり、「いいの(やらない)」と表現したりして、絶対にやりません。
トイレは我慢のし過ぎで歩きながら失禁したりした事が何回もあります。
多分、彼にとってトイレは鬼門なのでしょう。
トイレに行かなければ失敗しないで済むと信じているわけではなくて、失敗の記憶がある為に、トイレが嫌な場所、怖い場所になっている恐れがあります。

かなり思案に暮れているのですが、なかなかうまく調節してあげられません・・・
言う事を聞くように強く強制するなんてのは、支援じゃ在りません。
ますます怖くなってしまい、ますます意地になって行かなくなってしまいます。
彼が朝、トイレに行ったあとを見ると、凄い濃縮になっています。年齢を重ねますと、失禁率は高まるので、これは大きな課題です。

で。

話を元に戻しますが、帰寮してから翌朝までどうしてもトイレに行かない=睡眠時間が短くなる=疲れが溜まる=テンションが上がる=疲労が蓄積して風邪にかかり、高熱を発した と言う事でして、もうこれは「風が吹けば桶やが儲かる」式の話ですね。
意外に、知的障害のある方のいわゆる「困った事」は目先の事が原因ではない場合があるのです。

さて・・・・・

困りました・・・
今は自宅に居るので、仕方ありませんから、自宅で療養です。風邪に特効薬はありませんので、休むしか在りません。本当はホームで見たかったですけれど、発病が自宅では、ホームまではこられませんから、これも仕方ありません。

治ったら、又、お手洗いの事を何とかしなくてはいけませんね・・・
本当に小さなタイミングのズレで、行かなくなってしまうのです。
今回も、気づかぬうちに何時の間にか行かなくなっていましたので、どこかのタイミングで、例えば夕食が終るのが早すぎて、先に風呂に入ってしまった などのきっかけがあったのだろうと思います。
彼の中では、夕食の後、どうしても我慢出来なければトイレに行くのですが、夕食→トイレ→入浴→寝るの順番ですので、夕食→入浴→トイレ→寝ると言う順番は受け入れられません。彼にとってはありえない事なのです。

何とか、夕食→トイレ→入浴→寝るの順番に戻してあげなくては・・・

ふぅ・・・・・
わがままな訳じゃないんですよ。
意固地な訳でも、拘り行動な訳でも在りません。
彼の知的な許容能力の範囲にあるかないかの話です。
勿論、その許容範囲は広がる方が良いのですが、彼がそれを広げるには、数年単位の時間が掛かります。
その中で支援者が何が出来るか。

たかが風邪、たかがトイレですが、意外に根深い問題を含んでいる事もあるのです。

スポンサーサイト




脳内メーカー

%A4%A2%A4%AD%A4%E9.gif




こんなもんがあるんですよ。別に科学的にどうのこうの、じゃなくて、遊びです。
私の脳内は、こんな風になっていると言う事のようです。


う~~~ん?
どうでしょうか?

みなさまも、お時間がありましたら、ご自分のお名前をやってみてください。結構バリエーションがあって、笑えます。
お名前を入れるだけですので、実際の脳の様子が分かる訳ではなくて、あくまでもお遊びです。

うちの利用者の脳内もやってみようかなぁ?


6月病・・・・・?
5月病って言う名称が昔ありましたよね。

うーん・・・・・

今、ちょっと調子悪いです。
6月病?

良く書きますから、ご存知の方もあると思いますけど、私も自立支援法の利用者なんです。
何の利用者かといえば、精神自立支援医療の利用者です。通院補助です。

早い話が精神疾患のらかん歴があり、コントロール中。
精神疾患になったと言う事は、なりやすい性格とか特徴がある訳で、忙しくなったりしますと、それが出てきます。

で、ちょっとと言うか、結構調子悪いです。

とは言え、現場に入るとそんな事は言っていられないので、仕事はちゃんと出来ますから、まあ、疾患の状態でもないでしょう。
精神科にはちゃんと定期的に通院していますし、服薬もしていますから、余りしんどかったら、途中で一回「先生~。こんな風にしんどいから、何とかして~」と言いに行きます。

気楽に受診できる精神科医があって、私は助かっています。

最近多い鬱ではないんですね。
鬱は経験ありません。
でも、ちょっと今は、抑うつっぽいかなぁ?
鬱な状態で無い事は確かなんですけど。
まあ、もともとの疾患の方が出てき始めてるってな所かも知れません。
ちなみに、内緒にする事でもないので、OCDですけど。
日本語で書くと、多分「強迫性障害」。
付随障害は色々あるんですけど、主たる障害はコレです。

私が障害者の方の仕事をしているのも、「障害なんて特殊な人だけ」と思え無いから かも知れませんね。
誰でも福祉の世話にはなるんです。
人の世話にもなるんです。
たった一人で生きていける人なんか、居ません。

だから、この仕事やってます。

でもしんどいなぁ・・・・・

はあ、ちょっとだけ休みたい(^^)
無理ですけど。
職員の頭数が足りません。
上部はもっと大変ですから、私だけトンズラする訳にも行かぬのであります。

早いうちに主治医の所に又、行ってきます☆


本日の献立
070624_1903.jpg夏も近くなりましたね。

ゴーヤの炒めもの
豚肉、きのこなど

いんげんとわかめのゴマ和え

しいたけの葱塩

トマト

とうもろこし

ご飯

最近少し疲れ気味な私。
先程上司から電話がありました。グループホームが二つになり、世話人は4名います。各々の仕事の仕方に温度差があるのはいなめません。

私はちょっと仕事の仕方が下手かも…

かなり完璧を求めてしまうので、いつも時間が足りずオーバーしてしまいます。結果、疲れが蓄積してしまい、時々仕事が嫌になります…愚痴も言いたくなります…

仕事である以上、責任と見切りが必要ですね。

近々世話人の周知徹底会議があるそうです。私のせいかなあ~?



ちょっと疲れ気味です
今日は休日でした。今朝明け方眠りにつき、午後に起きて、また寝ました。夜になり、やっと動ける様になりました。

うちはNPOなので、恒常的に人員と資金が不足しています。全員の職員がフル回転、倒れる寸前ですから、私だけがきつい訳じゃありません。

でもどっかに愚痴言いたいですよね?仕事はちゃんとしますから。愚痴くらいは言いたい。

で、時々コーディネーターさんにメールしてみるんですけど、その方は居ない職員と無い資金をフル回転させてシフトを苦労して作っている方なんで、いつも叱られてしまいます。お互い疲弊しているから、とげとげしくなっちゃいます…

職場は私一人ですから、そーだ!そーだ!と悪口を言い合って発散!ってのが出来ないんで、困ります。愚痴が言えればそれで済むんですがね~

下手なところで言うと経営批判やら、過剰な権利主張の使いにくいヤツになっちゃいますしね。

あー。
なってるかも?
既に?

愚痴を捨てる場所は、健康的に仕事するには必要ですね。なんかないかなあ?ゆとりがないから溜るんですよね。家族も居ませんし。


あ。
昼間ベランダで困ったもんを発見しちゃいました。小さな小さなスズメバチの巣と、蜂数匹。
シーズンですねー。エアコンの陰にせっせと巣作り中!でした。

しょうがないので、駆除!です。

只今18時少し過ぎました。明け方迄は時差ぼけで眠れないんで、明け方から寝て、先程何とか起きられる様になりましたけど、もう休日は終わりです。何も出来ません。

でもって、時差ぼけですから、又、夜は眠れません。稼業ですから良いのですが、誰かうちの事業所で、そーだ!そーだ!と愚痴が言える仲間が欲しいなあ…

みんなぎりぎりなんで、愚痴を言いに集まるの無理なんで。お互い個人プレーですから、こういうのが難しいですね。

念のため。
事業所に恨みはありません。仕事も気に入っています。ただ、大変だよね、そうだよね、無理させてるのは分かっているよ、と、言って欲しいかな?



しょげております…
昨日の朝、有り得ない大失敗をいたしました。
殿様が行方不明になりました。しかも、私がホームで一緒に居たのに、音もなくいなくなってしまいました。




なので、今夜は大変真面目にお仕事しました。


はあ…



ダイ・ハード4

DH_03_800x600.jpg












いきなりこのブログをクリックするとうるさい英語を喋る様になりました。
別に私に技術がある訳ではなくて、映画の公式HPを見たら、「これをコピーして張り付けると、あなたのブログにこの映画の広告が載せられます」とあったので、早速やってみた訳です。しばらくしたら消しますので、ご容赦を・・・

ドンパチ物の、映画が好きですが、一番好きなのが、この「喋る広告」の主演俳優、ブルース・ウィリスです。当年とって52歳。1955年西ドイツ生まれのドイツ系アメリカ人です。父親が在独亜米利加軍人でした。母親はドイツ人です。57年には渡米していますから、まあ、生粋のアメリカ人といって良いのかも知れません。

思い返すこと20年ほど前・・・
この映画の第1作が公開されました。
ダイ・ハードです。
「殺しても死なないヤツ」的な意味でしょうか・・・ね?

これがとてもとても面白かったんです。
ブルース・ウィリスは当時30歳代だったかなぁ?
20代だったのかなぁ?
まあ、若くてマッチョで、凄くかっこよかったです。
今でもありますが、映画が出来ると原作本が出ます。
ダイ・ハードにも原作本があります。
驚くことに、映画で原作が出来たのではないんです。
原作があって、映画が出来たんです。
原作と映画ではかなり設定が違いますが、この原作が大変面白かった。

それもあって、以来ずっとブルース・ウィリスの大ファンです。
先年『16ブロックス』と言う映画が久しぶりに封切られましたけど、それよりはやはりこちらの方が楽しみです。ブルースのファンですが、ダイ・ハードファンでもありますので・・・
ダイ・ハードの2作目以降は、勿論あやかりもので、原作本はありません。原作のダイ・ハードは一話完結でどうやら続きのシリーズは無いようです。

原作は文庫本で発売になったのですが、実は一度ついつい処分してしまって、古本屋を探し回って再び買い求めました。
小説は好きで、趣味は読書なんですが、洋物はほとんど読みません。翻訳物なんか駄目です。と言って、現地語では読めないんで、洋物は読まないと言う事になります。
なんですけど、これだけは別物。
誤解を恐れずに言えば、私の宝物の文庫本なんです。

今月末から劇場で公開されるそうですが、最近は映画館で見ている暇も根性も無いので、DVDに落ちてくるのを待って、自宅のパソコンで見るでしょう。

今、壁紙(PCの)がダイ・ハード4になって居ります・・・

ちなみに独断と偏見による4作の出来栄えの順位はですね。
第1作、第3作、第2作の順番です。
第4作はスケール、娯楽性ではダントツだと思うのですが、私の思いいれからすると、やはり第1作が一番かも知れません。

ドンパチアクションのお好きな方、宜しければご覧下さい。
純粋に娯楽映画です。


原作のご紹介

ダイハード
昭和63年8月15日印刷
新潮文庫
作者
ロデリック・ソープ

典型的な映画原作物なので、再版された様子がありません。もう20年以上前の流行物なので、古本屋にあるかどうか分かりませんが亜米利加での原作名は「Nothing lasts forever」と言います。(何事もいつまでも続くものではないの意味ですね。)
それが映画に直された時に、「DIE HARD」になりました。これは「なかなか死なない」の意味になります。

主人公名も変わっていまして、原作では「ジョゼフ・リーランド」と言います。
映画では、「ジョン・マクレーン」と言う名前に変更されまして、第4作まで一貫して「ジョン・マクレーン」で通っています。

ソープの原作の「リーランド」を主人公とする作品は「刑事(The Detective)などが在るそうで、昭和63年現在では存命だったと聞いています。

いかんせん、英語は喋れても読めないんで、原作が読めないことがとってもとっても残念です。

日本では昭和63年、つまり、ダイ・ハード公開時にちょっとだけ文庫本になっただけですが、原作は、1979年に書かれていますので、かなり古典的なアクション小説と言うか、ハードボイルドと言ってよいでしょう。

又、読み返してみようかな?と思っています。


今夜は精進料理です
070617_1853.jpgご家族が難しい利用者さんが宿泊されています。

鰹の刺身と生野菜

ゴーヤと高野豆腐のいためもの

茗荷とひらたけの和え物

とうがんの吸い物

マンゴー

見た目が良くないですね。肉、魚、天然でない物は、自宅では絶対食べさせないそうなので、仕方ないかなあ?
天然の蛋白質でないと駄目と言う意味ではありません。動物性蛋白質は悪い食べ物なので、食べてはいけないんですって。
あとは、野菜類ですが、普通のスーパーで売っているものは、科学性物質に汚染されているから駄目 と言うご家庭です。
勿論、外食なんか、もってのほか。
お金を払って毒を食べるので、絶対に駄目です。
農家の方が自宅用に、昔ながらの方法で丁寧に作った野菜のみ、食す事が可能 と言うご家庭です。
白米NG、電子レンジ調理NG(電磁波が食品を劣化させ、人体に有害な電磁波が体内にたまり、出て行かないそうです。)、冷凍食品NG、砂糖絶対に駄目、調味料も昔ながらの醸造方法で作られた特別品を自宅では使っています。醤油一本1,200円です。塩もね、250グラムで1,000円のを使っておられます。

時々と言うか、しょっちゅう、その主張に沿った差し入れが来るので、かなり困惑していますけど、普段のGHの食事はそういうおかしな事は致しません。この利用者さんの食事も一般的な食事です。
でも、うちのGHは普通のGHよりは、食事にはうるさいほうなんですがね。

そのご家族に拠れば、「滅茶苦茶」だそうで・・・

この方一人のときは、イメージですけど、まあ菜食にしています。
本人さんは、美味しいんでしょうか・・・
ほんとに徹底的に肉、魚、洋食、食べさせないんですよ。
いいのかなぁ・・・
しょうがないですけど。ご家族はね。



嵐!
天気の嵐じゃなくてですね。利用者さんの嵐です。自閉症の人が居るんですが、天候や気圧で、落ち着かなくなるんです。

どのくらいかと言うと、片時もじっとして居られないと言う感じ。

仕事ははかどらないし、本人は猪突猛進だから、そこらじゅうの物やら何やらをけちらして移動するんで危ないし、他の利用者さんが雰囲気に飲まれて不穏になるし、で、こういう時に当たると、大当たり~!の気分です。

本人は自覚しようがないから、しょうがないんですけど。

あ~~~~!!!
疲れた!
神経ぱりぱり~♪です…

でもって、睡眠薬の片方忘れてしまいました…

ご本人は夕方から21時頃迄休みなく駆け回り、あらゆる物を蹴散らして歩き、21時半頃電池が切れたみたいにバタン!と寝てしまいました。

本当はこういう風に駆け回りとバタンは良くないのですが、焦燥感は本人さんの自覚ですから、どうしようもありません。私も大変ですが、ご本人も気の毒です。

明日の朝は多分また、夜が明けないうちに駆け回り始めます。怒ってどうなるものでもないので、危険がない様に見守るしかありません。

障害があると言うのは、かなり生きにくいものだとこういう時に、しみじみ思います。



マーキュリー・ライジング

BUD-29956.jpg
これです

http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail/tymv/id84316/

詳しくはURLから説明読んでいただいて、レンタル屋さんで借りてみて下さい。

娯楽映画ですけれど、日本と米国の違いが分かります。主人公が自閉症の子供さんですよ。