bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



お粗末な夕食
先日料理の下手な非常勤が夕食の当番でした。勿論本人なりに頑張って作ってくれていますが、如何せん…
少し手の凝んだ物を作ってくれたのですが、手に負えなかったらしく、その夜はおかず一品にご飯と汁物だけでして、慌てて私が果物を足しました。しかし、如何せん貧弱過ぎて困ったな、と思いつつ、どうにもしようが無いですから、そのまま夜は更けました。

で、翌早朝。

活発な利用者が、イライラばたばた走り回っています。一度は、まだ夜だよ、と伝えて部屋に戻したのですが、すぐ又走り回ります。察しがつくので聞きました。「お腹、空いちゃった?」返事は勿論「うん!」です。余りに空腹だととても眠れません。生憎何もお腹の足しになるような物がなくて、さつま芋を蒸しました。「さつま芋食べるか?」と聞くと、テーブルに座りましたから、食べると言う事ですね。電子レンジですばやく調理して食べさせました。食べたら再び眠れた様です。

こういう事は気を付けてあげないといけません。ばたばた走り回っているのを叱っても効果無いです。根本が解決しないと止まりません。当方はGHですから、多少対応出来ますが、大規模施設なんかは難しいですね。気分で夕食食べずに、あとでイライラする人が居ても、これは対応難しいですし。

今回の走り回りは、夕食が貧弱過ぎた為ですから、夕食を作った人に注意すれば良い筈ですが、これが又難しいんです。今回の作った人は非常勤ですが、知的障害には余り興味のない人で、程なく退職して、介護保険の相談の仕事に蔵がえします。現場は好きでないそうなので。スキルがなくて、退職が決まっている職員に注意しても始まりません。パートさんだったら、尚更作るだけに来て頂いていますから、知的障害とはなんぞや、なる注意は無理です。少し品数を増やしてくれますか?程度は言えますけど。

なかなか現場の取り仕切りは厄介ですが、本日も頑張りましょう。

今日は天気が良いので、お散歩しましょうかね?月末なので、仕事は沢山ありまして、今夜は午前様になりそうです。


スポンサーサイト




草むしりその後
070127_1307~001.jpg070127_1307.jpgあれから大分利用者さんを動員して、せっせと庭に蔓延ったハーブをむしっているのですが…

雨後の筍と言うか、うんかのごとくと言うか、写真をご覧下さい。馬の餌にするほど収穫出来そうです。

足の小指の爪程の二葉がわんさか、こんにちはしております。

ある程度成長させてからむしりますかねぇ?きりがないし、私は気色が悪くて庭がじっくり見られません(>_<)

今、小さな二葉がギッシリなので、尚更気色が悪いです。


収穫ご希望の方は、是非ご連絡下さいね☆



支援会議がありました
一年に一度くらいしか出来ないんですが、支援会議がありました。
ご家族は通所先とも色々話をしています。
3者で、今、色々と詰めているところです。

で・・・・

視点が変わるとこうかい?

と思ったことが結構あって・・・


コーヒーさんですがね。
彼氏は自閉症の重度さんですので・・・
自閉症の人が獲得できないこととか、生来持っている障害とかがある訳ですね。

それを何とかする事って、これは無理・・・

たった一言で片付けられてしまったのですけれど、「落ち着いて生活する様になったことはGHに入って良かったが、それ以外にこんなに問題点がある。」と言う話になったそうです。
まあ、GHの悪口になりかねないので、言葉は選んで話してくれましたけど、簡単に言えばそういう事でありました。

その「こんなに問題がある」事柄は、一つ一つの事象でした。
例えば、歩く事が出来ないとか、「あ」と言う音が発音できないとか、ある特定の人がそばに来ると叩く とか、(実際は全て違います。一例ですよ。)そういう細かい事柄について「大変問題がある」「GHに入ってからひどくなった」「前は無かった」と言う事でありました。

まあ、そういう事もあるだろうとは思うのですけれど・・・・

一つの行動が出てくるには理由があります。
これはコーヒーさんの実例ですが、意味の無い衣服の着脱が激しい と言う事がありました。今はありません。
どうして解消したかと言えば、満足して楽しく暮らせる環境を整えたからです。
衣服の着脱をしないように、施設などで箪笥に鍵を掛けている例もありますが、絶対に解消しません。
着脱は出来ないからやらないでしょうが、別のストレス発散方法を悪い形で会得します。
そうじゃないんです。

コーヒーさんは自閉症なのですから、ストレスに弱いし、刺激を強く感じてしまいます。
その障害の特性に着目してあげれば、何がストレスの元になるのか、どうすれば満足して生活できるのかの答えはおのずと見えてきます。

それを定着させていった結果、コーヒーさんは知らず知らずのうちに衣服の無意味な着脱をしなくなってきました。

知的障害者支援はこういう風が吹けば桶やが儲かる式のものが多いんです。
そうじゃなくて、箪笥に鍵を掛けるにするからいつまで経っても解消しないんですよ。

ちょっとショックだったのは、通所先の担当者の人は比較的良く出来る人だと思っていたのですけれど、衣服の着脱をするので、箪笥に鍵を掛ける式の事を「工夫している」と言う事だそうで、私たちGHとしては非常にショックです・・・


通所先との詰めはこれからなので、箪笥に鍵を掛けるようなことをしても意味が無い事を、わかってもらう必要があるような気がします。

勿論、逆の立場から見て、GHにとって有意義なこともあるのですが、施設職員さんの何と言うか・・・限界と言うかね、大勢を一度に見ていますから、出来る事と出来ないことがあるでしょう?、それを垣間見た気がしましたよ。


outlaw
何か と言うと、このブログのテンプレートの題名です。これはレンタルブログで、しかも私はインターネットの知識がほとんど無いので、お任せのテンプレートを使っています。

これを使い始めたのは、いつ頃だったかな?
一回変更したような気がするんですが、何と変更したんだったかは忘れました。

実は別のデザインのテンプレートに変更しようかな?と思って、ちょっと試してみたのですが、余りに長く使っているので、何となく変更は止めてしまいました。

なんでこのデザインが「outlaw」なんでしょうかね?
デザインが気に入ったのと、私は一匹狼???的な仕事をしますので、その意味とを引っ掛けて、このデザインを使っています。

今の若い人は、自分で色々デザインをするようですね。凄いなぁと思います。

仕事オンリーのブログですので、職場などの人は、このブログの存在は知りません。別に困るようなプライバシーを書いている訳ではありませんが、(私の勤務先、利用者などが特定できるようなことについては、細心の注意を払って居ります。)読む人が読めば判ってしまうくらい詳細な事例を書いているので、その辺りは、注意しています。

事例集としてご利用になる方もおいでかと思うので、出所がわからないように、かつ、連絡先を入れておりません。

そんなこんなで、どこの誰が書いたかわからないブログですが、これからもどうぞよろしくお願いします(^^)




一年経ちました
うちのGHは2005年の12月開所なので、一年経った訳ですが・・・

一年経っての支援計画の見直しをしまして、改めて思いました。

知的障害者の人に、絶対に不可能な事は、ごくわずかなんだなって。

コーヒーさんは自閉症の重度さんです。

自閉症の人は神経が繊細と言いますか、自分の体の滑らかさなどを失うと、その場所を毟って平らかに整えようとする事が良くあります。
一度怪我などをして毟り始めると何十年と毟り続けてしまうのが自閉症の人でもあります。

コーヒーさんは、片方の手の親指と人差し指の間を何十年と毟り続けてきました。
勿論硬化して皮膚は厚く硬くなっています。
毟ると表面の硬化した部分だけが毟れるので、本人は楽しいです。
時に損なわれていない皮膚まで毟ってしまうこともあり、出血は日常茶飯事でした。


話はちょっとずれますが、私のスキルの始まりは、入所更生施設なんです。
行動障害に造詣の深い現場主義の上司に教えてもらいました。非常勤の身分だったのですが、大変良く教えてくださいました。
その時、「こいつは絶対に治らないと言う事はそんなには無いんだ」と教わりました。
障害の一次的なものは、これは治せません。
二次障害、三次障害は治せます。
たとえ10年掛かっても です。
それを学んだんです。

で、元に戻ってコーヒーさんの毟る ですけど。

毟るありき じゃないんです。
硬くなっていて、平らかで無いから、毟るんです。
じゃあ、防止するにはどうしたら良いか と言えば、皮膚の状態を正常に戻せばよいんですね。

一年続けました。
起きた時、食事をした後(手で食べてしまうことがあるので、手が汚れます。)帰寮した時(作業所では汚れるたびに手を洗うことは難しいです))入浴後(夕食前に風呂に入る方です。)夕食後(手で食べることがあるため)と最低4回は手を石鹸で洗い、スキンローションをつけて、そのあとワセリンで保護しました。

1年経ったこの冬、コーヒーさんの手はすべすべです。
硬化したところなど全くありません。
勿論毟る行動は消滅しました。

毟るの何がまずいかって、毟る行動に没頭することと、痛み、かゆみなどが出るためと、思う存分満足するまで毟るには全身の皮膚を全て毟らないと滑らかにならないので、いつも不満とイライラがある事がまずいんです。
自分を傷つけるのが道義的にどうか と言う事もありますけど、それ以前にもっと素朴にまずいんです。

ので、消滅させる方が良い事は論にたがわないと思います。
毟っては駄目 としつこく言っても通じません。
毟りたくないようにすれば良いんです。

これが行動理論じゃないでしょうか?

私はこの観点からGHの仕事をしています。

ちっとも要領を得なくて、何をやるにも時間が足りないのんびりさんは、なんでのんびりなのか と言うと、すべき事の焦点がボケてしまい、途中であっちこっちいろいろな事をしてしまうからなんです。

その割にはやるべき事は覚えていられるので、実現に途方もない時間が掛かります。
どうするか と言えば、途中で合いの手を入れてあげるんです。
「○○出来たか?」と合いの手を入れてやる。
もしくは、彼が「この順番で」と会得しているものだけをこちらで把握して、余計な事に寄り道しないように介助を入れてやる。

そうすれば、彼は満足して自分の手順で一般的な時間で物事を達成することができるんです。

お茶目さんは、いたずらが過ぎる と言われ続けている人ですが、良く観察すると、そうではないようです。
いたずらもしますが、根本的には価値観の幅が非常に狭いんです。
本人が納得している生活手順と言うか、パターンが限られている。
なので、それが崩れるとアタックしてみたり、不機嫌になってみたり、いたずらをしてみたり と言う事になります。
良く良く観察すると、睡眠時間のパターンと排泄のリズムのパターンに密接な相関関係がありました。
睡眠時間のリズムが崩れると排泄リズムが崩れます。
そうすると、彼の中でテンポ良く生活出来ない。
特に、彼のパターン行動の中でのトイレの限界が、彼の納得している箇所でやってこないんです。
あらぬ箇所でトイレに行きたくなってしまい、それは彼にとってはトイレに行くという発想の無い時間なので、トイレに行く事は思いつかないんですね。
で、結果としては暴れると言う事になります。
暴れながら大量の失禁をしたりすることもしばしばありました。

なので、寝る時間と起きる時間をある程度の幅の中に収まるように物理的に調整をしています。やみくもに布団に入れても反発しますので、その時間に寝るのが自然なように持って行くんです。
それだけで彼の生活の質は著しく向上しました。

これからは、彼の狭すぎる価値観の幅をどう広げていくか が課題でしょう。




結局は、環境の整備なんです。
絡め手から攻めると言うか・・・

毟るから制止する、怒る叱る、手袋をはめて外せないようにする ではないんです。
毟る行動に出なくて済む様な楽しい生活を提供し、並行してスキンケアをする と言うようなことが環境の整備になります。

のんびりさんにも、お茶目さんにも、書きませんでしたが、殿様にも同じ様に環境の整備のポイントがあります。
そして、それを毎日の楽しい生活の中で、知らず知らずに整えてあげる と言うのが世話人の仕事ですね。


これを教えてくれた入所更生の上司には本当に感謝しています。
これが出来る事で、私はGHで仕事が出来るのでしょう。

これからまだまだ整えなくてはいけない環境が山ほどあります。
段々面倒なことの実現をしていかねばなりません。
でも、利用者にはそれだけの力が在ります。
引き出されてこなかっただけなんです。
それを引き出すことが私のスキルアップにも繋がりますし、利用者の利益にもなりますし、事業所の評判のアップにも繋がります。

結果は出さなくちゃ駄目なんです。

一年目にしては結果は出たのですが、来年もその次も結果を出さなくてはいけないので、今年も頑張ろうと思います。

愛情があっても利用者の利益が出なければ、仕事をしたうちにはなりません。
福祉の世界は愛情があれば結果は要らない世界 ではないですものね。



庭=畑?
070120_1111~001.jpg070120_1111.jpg少し前から気になっていたんですが、今朝まじまじと眺めてみて、不安が的中しました。

写真の草は、鉢植えから飛んだ種が異常に増殖した、当ホームの庭のハーブです。この冬に鉢植えの方は冬枯れなんですが、晴れ間に騙されて、地に飛んだ種の方は凄い勢いで増殖しております…

ハーブは雑草なんで当たり前なんですが、こんなに増えるとは思わず…
私ね。同じ形のものがびっしり!と言うのが、大の苦手なんです。世の中で一番怖いものは、ひまわりの花の中にびっしり詰まった種でして。中から取り出して入れ物に入れたものは平気ですよ。凹凸付きでびっしり詰まっているのがダメ。

鳥肌立っちゃいます。

さて…
庭に蔓延りだしたハーブは、程なく隙間なく同じ形でびっしり!になりますねぇ。レモンバームとスペアミントなのですが。オレガノとバジルも鉢植えにしているので、時期は違えど、びっしり出て来ますよね。



どうしようかなあ…



ウサギでも飼いますか。



関係ありませんが、本日は夜勤明けで、そのまま新年お楽しみ会です。職員も何か笑えるものを出そうと言う事で、仮装をします。私は白ウサギです。

バニーちゃんとも言いますね。白いフード付きの上下を着て、バニーちゃん風の耳を付けて、毛糸のボンボンの尻尾です。

職員仲間が、笑ってやろうと言う事で、てぐすね引いて待っているらしいです。編みタイツを穿けと言う話も、ミニスカートを穿けと言う話もあったのですが、そんなもんは誰も持っていなかったので、手持ちのフリースの上下になりました。

若い女性職員が居ると誰か持っていそうですが、運良く女性職員には若い人が居ませんで。でもウサギと言うだけで、十分爆笑を買いそうです。お楽しみ会ですから、散々笑われて来ようかと思います。


ちょっと仮眠してから会場入り。さすがに勤務カウントないのに、夜勤明けで朝から行くのは辛いんで。昨日は会議があり、13時から仕事していまして、本日のお楽しみ会の終了は17時。そのあと新年会で利用者やご家族をもてなすのですが、それは21時迄なので、私はパスさせて貰いました。


ウサギ、頑張ります!



喫茶店
当GHの利用者の方は、40歳くらいの方々です。そろそろ肥満やら成人病やらが非常に怪しいです。

ダウン症候群の方が多いので、臨床的にもリスクが高く、又、知的障害者の肥満率は、実に60%にも及びます。自発的な活動が難しい等、いろいろな困難があるのです。

とは言え太りたいだけ太って貰う訳にも行かないので、運動はどこでも頭を抱える難問です。

どちらでも散歩をやると思いますが、当方も本格的に取り組み始めました。歩くだけではつまらないので、遥か彼方の喫茶店に行きます。喫茶店の開拓に今頑張っています。

昨日見当をつけて行った界隈に、面白い店がありました。元々2階でスパゲティ屋をしていて、1階は別の店子だった所が、1階も借り増ししてセルフのカフェテリアを作りました。平坦な店で広く安くて運が良い事に混雑していません、時間帯がずれているのでしょう。

店の方は知的障害者の方や、そのグループホームの存在を良く知っている様子で感じの良い店でした。出てくる飲み物はそれなりですが。

私が夜勤の日は、なるべくお楽しみ付きで遠く迄行く様にし始めたところです。お楽しみがないとつまらないしね。

夕食前の1時間半くらいを充てています。帰ると30分くらいで夕食です。その分自分の仕事は深夜にずれ込みますが、利用者には団欒の様子も出てきました。

なんだか嬉しいです(*^^*)

GHの生活は、利用者が重度知的障害者の場合はまず、楽しく暮らす事が基本です。訓練の場所ではありません。親が居なくても安心して暮らせる場所にならねばなりません。

そして少しずつ出来る事が増えたり、可能性が広がったりすれば言う事ないですね。

勿論職員は大変ですが、支援あってこその利用者です。利用者あっての仕事ですから頑張りたいと思います。

毎回の1時間半のお散歩は、オジサンには荷が重いけれど、非常勤さんには無理なので、頑張ります!

私の健康にも良さそうですよね。



昨日の成果
昨日は週に一度だけの休日でした。

うちのGHはパソコンが無いので、仕事の資料は自宅で(このパソコンで)作らねばなりません。今、資料が溜まっていて、作らなくちゃいけないんですが、自宅でやるのって、気が乗らないですよね・・・

で、遊んでおりました。

私の趣味は読書とDVD鑑賞です。

昨日見たDVD
20050921005fl00005viewrsz150x.jpg
・キャプテン・ウルフ

解説: 特殊部隊の兵士が、5人の子供のベビーシッターになって奮闘する、おむつが舞い、赤ちゃんのミルクが爆発するドタバタファミリーコメディ。監督は、『ウエディング・プランナー』のアダム・シャンクマン。コワモテのベビーシッターに『トリプルX』のヴィン・ディーゼルがふんする。アクションヒーローのヴィン・ディーゼルが子供相手に大奮闘する姿は大爆笑間違いなし!(シネマトゥデイ)

・テンプル騎士団 失われた聖櫃〈アーク〉

これはデンマーク映画で、謎解き?の話しです。
中世のキリスト教のお宝探しですね。

昨日読んだ本

・居眠り紋蔵

佐藤雅美著 シリーズ物で、今6巻出ています。
シリーズでやっつけるタイプなので、全巻買う積りが、2巻目と3巻目が店頭に無かった・・・

で、1巻目と4巻目をついつい明け方迄読んでました。

奉行所の物書き同心が主人公です。
著者は「さとう まさみ」「女性」にあらず、「さとう まさよし」「男性」です。






本日の夕食
070112_1910.jpg利用者さんと二人です。

野菜炒め

豚肉の野菜入りすき焼き?

きのことせりの和え物

ワカメスープ

いよかん

です。


野菜炒めが、なかなか美味ですよ。

本日は金曜日で、利用者は一人です。はたから見ると、暇でしょうがない様に見えるらしく、非常勤さんから良く苦情が出ますが、そういう訳にも行かないものでありまして…

普段は4人なので、4人なりの関わりがありますし、1人は1人なりのやり方がありますから…
暇でさっさと寝られれば良いのですが、実際はそうも行きません。

4人は4人、1人は1人なりに良いものです。