bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



苦しかった><
昨夜、珍しく23時まで家内とテレビを見ました。

で、寝ると。

脈が乱れています。
不整脈の連続で、息苦しい。
1時間続きました。

少し落ち着いて、でも、なんとなく苦しかったのですが、何とか寝ました。

今朝、7時頃覚めて、仕方ないので、循環器の病院に相談と言うか、報告の電話をしたんです。
担当医は金曜日だけですが、当直、日直の医師が居るので、つないでもらうんです。

今朝の時点では不整脈は収まっていましたので、昨夜、酷かったとだけお話して切りました。

ところが、息苦しさが消えていなかった。
悶絶感とか苦悶感とか言いますが、そういう感じが残ってます。

非常に嫌な感じです。

データ的にも問題ないことは分かっていましたが、どうにも気色が悪くて、かかりつけのお医者さんに行きました。
この先生、専門は循環器。

で、心電図を取って頂いて、見ても何事ない心電図で、レントゲンも取って頂いて、レントゲンも何事なく、先生は、発作的に心房細動を起こしたのではないか?と言っていました。

血液検査をするまでもなく正常なので、もし頻繁に起こるようだったら、専門病院でホルター心電図を取ってもらうと良いと思うと言われて、安心して帰ってきました。

実はまだ、ちょっと変なのですが、安心すると、症状が軽くなったのですから、本当に何事なかったんだと思います。

私は不整脈はありません。たまに循環器の病院で心電図を取ると、単発で不整脈が出ることがありますが、医師に聴診器を当ててもらうと、単発だよと言われます。

なんで1時間も続いたんでしょうね。
理由は分かりません。

丁度失業中ですし、暫くは大人しくしていようかな。


本日は家内も不調で、就職のストレスから様子が悪くなり、甘いものを山ほど食べたいとぐずっていましたので、お医者さんに行く前に砂糖の入った飴玉を渡して、ストレスのせいだから、飴玉舐めてごらん と言いおいて、私はお医者さんへ。

先ほど帰宅したら、丁度ヘルパーさんがお帰りになるところで、家内は飴玉舐めながら少し寝たそうです。
ちょっと落ち着いた様子。

少しだけ甘いものをコンビニエンスストアで買ってきました。
昼食の後、食べて良いよと言ってあります。

これから昼食です。
スポンサーサイト

今日は忙しいです。
家内は今日は作業所です。火曜日、金曜日に行っています。

私は失業中ですから、留守番しています。

お昼は家内がお弁当を買ってきてくれましたので、それで済ませました。

今日は。

オンラインゲームを少しして、officeの勉強をして、それから今は夕飯のおかずを作っています。
ああ。年金事務所に行かねばならぬ用事があるので、その予約も取りましたね。

夕飯のおかずは、煮物です。
全部作ればよいんでしょうけれど、疲れてしまうので、一品だけ作っています。

ありていに言えば、大根と人参の煮物ですね。
ごま油を入れて、キノコを入れて、鷹の爪も入れましたから、ちょっと中華風でしょうか。

あとは家内が帰宅して何を作るか。

なんだか、焼きそばがどうこうと言っていましたので、焼きそばと煮物になるかもしれません。

ズボンとジャケット買いました。
今はまだ、労働審判が始まっていないので、本格的な就職活動は年明けになると思います。

今までずっと介護現場でした。
スーツは要りません。
又、私は46歳の時に心臓のオペをしていますので、丁度中間管理職になるところで、身体を壊しまして。
だから、中間管理職の経験がありません。

パートの事務職に応募するつもりですが、面接の時にそれらしい格好がなければちょっと困るね と言う事になり、先日UNIQLOでジャケットとズボン2本を買いました。
ちょっと出費があったのですが、仕方ないです。

これから面接にはそれを着て行って、通勤用にももう2~3着は買おうかなぁと考えています。
男性はYシャツさえ変わっていれば、ジャケットとズボンはそんなに頻繁に交換しなくても良いようなので(家内談)Yシャツに予算は回そうかなとも思っています。

とにかく労働審判が終わらない事には、就職活動はちょっと無理。
のんびりと続けますけれど、余程気に入ったところでなければ、年内は面接に行かないでしょう。

家内はある企業の障害者求人枠の書類選考に通って、今朝は通勤時間帯に下見に行っています。
家内は通勤時間はそれほど気にしなくて良いのです。もう発作で倒れると言う事もなくなりました。

私は体力的に近くじゃないと通勤で疲れてしまいます。

家内にはパソコンのスキルがかなり高くありますが、(SEじゃなくて、システムマネージャーをやってました。課長さん迄行きました。順当に途中までは出世していたのです。)私は介護屋から事務職への転職で、office使えますけれど、仕事で使った経験がありません。

仕事を見つけるのは至難の業だと思います。
だから、家内の扶養家族になって、家の事をしようか とも思っています。

ヘルパーさん、家内は制度では使えなくなるので、私が働けなければ、私の枠でヘルパーさん使えないかなぁ。
今までは私の方が家内の面倒を見ていたので、1軒の家に2つのサービスは入れられないという決まりで、私はヘルパーさん使えませんでした。

家内は病んで20年、ちゃんとした治療をするようになって10年。
その10年には様々な支援サービスを使いつくしました。

で、先日書きましたが、花開いたわけですね。

そろそろ闘争開始
そろそろ労働審判が始まります。提出してくれるところです。

私は参ってしまっているところがあって、求職活動が進みませんが、終わるまでは今のままでいいかなと思っています。

家内が就職活動順調です。
1か所、書類選考に通りまして、今度、面接に行くそうです。

私が家事などをやる と言う生活の仕方もあるんですよね。

我が家はどっちが必ず何をやる という決まりはないので、とりあえずは家内に頼ろうかなと思っております。

労働審判終わったら、私も少し回復するかもしれないので、そしたら頑張ろうかな。

本日の片づけ
失業中で家に居ますので、ふと先日から片づけを始めましたが。

今日は電話帳の整理をしました。
ついつい連絡先って増えていきます。
もう使わないだろうと言う連絡先、私は結構溜まっています。

で、スマートフォンのまともな使い方分からずに使っているのですが、何とか電話帳の編集とか、連絡先の削除とか言うところを見つけまして、先ほどまでこれはもう要らないだろうと言う連絡先を整理していました。

ここ1年連絡してる?とか、この番号、既に変更されていない?とか言うのをせっせと消しました。
電話帳が半分くらいになりました。
もう連絡しないけれど、記念に と言うのも少しはあります。3~4件。

次に考えているのは、文庫本の整理です。
本はそれほど持っていませんが、連載物の小説、歴史小説ばっかりですけれど、小さい本だな一杯くらいはもっています。
老眼が酷くなったのと、生活習慣の変化で本を読めなくなりました。

もう亡くなられて新刊が出ない作者のとか、昔々の時代劇が平成になって何故か復刻で出版されたとか、そんなのもあります。
これから買うには面倒なそういう作者の物は、次に整理するときでもいいかな と思っていますが、今も人気作家で、連載が長く(50巻以上ありますよ)途中で読み切れなくなって、止まっているのとかは整理しようと思います。

ここへ越してきて、本来持っていた本はずいぶん処分しました。厳選したものだけを持ってきたつもりでした。
でも、引っ越してきてしばらくは、まだ本を読んだので、自分の本棚には収まらず、リビングのカラーケースを侵害しているものあって、ちょっと邪魔になってきました。

明日あたり、ビニールひも出してきて、半分くらい処分しようかなと思っています。

読んではいないけれど、集めた小説類があります。シャーロックホームズの贋作と言うか、なんていうんでしょう?違う人が「私が書きました」とちゃんと公言して、もしシャーロックホームズを私が描くなら と言う視点で書くのがあるんです。海外の作家のばかりです。そういう分野もあるみたいで、一時、日本でも流行りました。随分集めました。コナン・ドイルの息子さんが書いたのもあります。

これはさすがに今回は取っておこうと思います。
もう日本語翻訳版は既にとっくの昔に絶版ですから。
古本で探すのは面倒です。

私の読む小説はいわゆる捕り物帖です。

古いのが好き。銭形平次などは、本物の古本で買おうか と考えて、探した時期もありました。絶版になった最後のが、昭和34年発行ですから、(河出書店のです)私が生まれる前。くしくも一部が平成になって、10巻くらいのシリーズで文庫出版されたので、それを今はもっています。これも今は絶版。
半七捕り物帖。ええと。銭形平次より前ですね。岡本綺堂だったかな?ん?銭形平次は誰だった?銭形平次は野村胡堂ですね。
半七は全巻揃っています。これももう絶版じゃないかな。

本は小説以外は読みません。

一回処分して、又欲しくなって、必死で古本屋さんで探して買った洋物があります。
ダイ・ハード。映画になりましたよね。その時、日本語訳が出たんです。ダイ・ハードは実は先に小説があった。2作目からは映画専門の脚本ですが、いまから30年?40年?位前に、最初のが映画化されました。

その原作本がある。
面白いのですが、役柄の設定などが映画とはだいぶ違います。テロの様子などはまあそのまま。
一度は処分してしまったものの、古本屋さんで必死に探したので、これは捨てないでおこうと思います。

じゃあ、何を捨てるんだ?と言う事もあるでしょうけれど、今まさに大活躍している連載50作越えているような作家さんのを多分処分します。途中で中休憩みたいに、一度物語が終わったんですね。で、続いて別の物語に続いていく。続いた方の物語が読み追いつかないうちに、出版が先に行ってしまって、もう追いつけなくなりました。だから、これは処分です。

そろそろ作家活動が難しくなられた高齢の方の作品もあります。これも一応、明治直前で話が終わって、明治に切り替わってから筆が進まなくなられています。最終回はあるんだろうか?もうちょっと待ちますか…どうしようか。

若くして他界された作家さんの最終回まで行かなかった、絶筆したシリーズを持っています。最初に賞を取ったのが、オール読物の新人大賞。その雑誌の選考の時から読んでました。作家生活20年くらいで他界され、シリーズは途中です。まだまだ展開しそうな面白い作品だったのですが、ご本人も病を公表されていたので、最終回にはこだわっていなかったかな と思います。

まだ店頭にはありますが、これもねぇ…絶版するからねぇ…

と書きながら、明日の整理の方法を考えています。