bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



火災が起きた!
京都でアニメーション会社がガソリンで放火されて、沢山の方が亡くなられたそうです。
昨日、珍しく仕事があって、テレビとかは無いので、ニュースを見たわけではないのですが、スマートフォンに号外で一報が入っていて、なんだろう と思っていたら、帰宅したら、凄まじい事が起こったと知り、非常にびっくりしました。

何か事件があった時に「ガソリンは持ち運び容器には売ってはいけない」とお達しが出ていませんでしたっけ?
ポリタンクとかそういう物では買えないと信じていました。

でも、何の事件だったか忘れてしまったほどなので、風化していたのでしょうね。
近所で犯人らしいのがガソリンを買ったと言う事で、売ってしまったスタンドの人は本当につらい思いをしていると思います。

私はアニメは興味がないので、どんな作品を作っていたとか、どんなに素晴らしい作品だったか と言う事は知らないのですが、世界中からお見舞いのコメントがきたり、支援の募金がきたりと言う事ですので、凄い会社だったのだろうなとは想像がつきます。

自分も症状が安定しないと言う犯人。
何がしたかったのでしょうか。
又、精神鑑定とかされると思うんですけど、これだけ理路整然とした犯罪犯しておいて、心神耗弱だの、精神喪失だの言う話じゃないですからね。

火災は怖いと思いました。
火災と言うか、爆弾です。

昔、アパートに住んでいた若い頃、道路挟んで向かい側の材木店が失火で焼けた事がありました。全焼でした。燃えるものが沢山ありますから。幸いけが人は居らず、亡くなった方もありませんでした。
道路挟んでいても物凄い煙と熱が入ってきて、非常に怖い思いをした覚えがあります。
言ってみれば普通の火事で怖い思いをしたのであって、こんな爆弾みたしなことを起こされたら、大変なことになるのは普通に考えたらわかりそうなものだけど。

放火癖のある人 と言うのがいます。
これは精神的な病気なのですが、そういう人が放火をすることはあります。
でも、そういう病気がある人は、勿論放火して良いと言う事にはなりませんが、空き家の玄関にちょっと火をつけてみたり、まあ、ぼや程度で済むような火のつけ方をします。

この犯人は放火癖があったわけではなさそうです。

ハンマーやら刃物沢山やらもって、どうもかなり遠方から放火に行ったらしい。
用意周到、準備万端(と言うのはおかしいけど)で放火に行った。
京都で放火があって、何でも関東地方に住んでいる と昨夜のニュースで報じていました。

働いていた方の半数近くが亡くなられたそうです。
人間って、寿命で空に行くのが当たり前で、事故で亡くなるのも悲惨ですが、犯罪で亡くなるなんて、誰も想像していません。
お悔やみ申し上げます。
スポンサーサイト

家系図着々と進行中
家内が父方の家系図を作り始めて、今度は母方の戸籍謄本を取り始めました。

義父とその弟は、きょうだいの中で2人だけ父親が違う。
本家の宗派と家内のおばあさんに当たる人、義父、家内、義姉は宗派が違います。

だからおばあさんに当たる人は2つ戒名がある。
宗派違いでね。

家内の父は9人きょうだいの8番目なので、大正13年です。弟は昭和2年なんですけど、数年前に他界して、今は9人のうち義父しか残っていません。だって9人もいるんですよ。最初の人は江戸時代生まれです。
安政だの、弘化だの、慶応だのが出てきます。

家内と私は10歳近く年が違いまして、家内の方が年上。
で、家内は親戚中、父方も母方もいとこで一番下。
私は長男の息子で、いとこ9人いますが、上から3番目。

だから取れる戸籍の年代が違うんです。

家内の方の戸籍は結構江戸時代まで遡れます。
家督相続戸籍だから、戸主が長男になった時に、母とか、祖母とかいう人たちが一緒に戸籍にいるでしょう?
家督戸籍って、親族全員戸主の元にいる みたいな戸籍ですからね。

母方を少し取り寄せたんだけど、昭和21年におばあさんが隠居して、長男が家督相続しています。
GHQが入って、家督戸籍を止めさせたのは確か昭和23年です。
結局施行になるのにかなりかかって、昭和30年代半ばころに新戸籍が編纂されています。今の夫婦戸籍になったのですね。
夫婦と未婚の子だけがいる戸籍になりました。

新戸籍編纂は平成にもあって、それまでの縦書きのワープロ戸籍からコンピューター化された新戸籍が出来ました。

その昔家督戸籍はどうも一回封印された様子なのですが、平成になってから再生されて、マイクロフィルム化されてます。

私の父方も母方も年代が若いので、家督相続戸籍はかなり前のものです。
昭和21年の家督相続戸籍ってちょっと私は見た事がない。

家内は父方を一生懸命作っていて、もう少し遡れるかもしれないとのこと。
母方はこれから作ります。

昔は「家系図を作りたいから戸籍謄本をください」と言うと、取れなかったの。
今はどうでしょう?
家内は家系図を作りたいのもありますが、先祖代々供養法要をしたい と言う目的があって、家系図作ってるんで、理由欄には「先祖代々供養法要の為」と書いてます。

昔の戸籍は不思議です。
戸主の戸籍にきょうだいも載っていれば、母も祖母も載っているし、きょうだいの嫁、甥、姪なんてのも載ってます。

そこから上にも遡りたいところですが、直系でないと戸籍は取れない。
だから直系の人が妻でも子でも婿でも孫でもなんでもいいから入っている戸籍限定で取っていくわけです。

地味にお金がかかります。
改製原戸籍謄本は1通750円です。
同じ役所に同じ人が載って居る戸籍が3通あったりします。
本籍地が引っ越したり、それはそんなにないけど、戸主が変わったりすると、前戸主誰々 で遡っていかないといけない。

最終的には壬申戸籍迄行ってしまって、これ以上古いのはありません と言う事になります。
戸籍の請求だけで数万円かかっていると思います。

家系図はイラストレーターと言うソフトで画像で作っているそうです。

義父の弟さんの息子さん、家内のいとこが作ってくれた家系図もあるのですが、戸籍をよく読むと、ちょっと間違いがある。
私は司法書士の息子ですから、戸籍は読めます。
家内もだいぶ読めるようになってきました。

いとこさんのお宅にお邪魔したことによって、家族の昔をいとこさん、家内で共有しあうようになり、家内還暦過ぎてますけど、これから親戚付き合いが少し始まるかもしれません。

私も自分の父方、母方、家督戸籍持ってるんですけど、家系図は作ったことがない。
私の祖父母迄しか請求していないので、実は請求すればもう少し遡れますが…

親戚付き合いは今はないけど、子供の頃はずっとあったし、家族の歴史も両親から聞いているので、まあ私は戸籍持ってるだけでいいかな とも思います。

しかしながら。司法書士の息子で、法学部出身なので戸籍を触っているのは楽しいです。
夫婦で家内の方の家系図作っています。

家内の本籍地に行きました。
1泊2日で、家内の父の本籍地に行ってきました。

百聞は一見に如かずと言いますが、義父の弟さんの息子さん が結局実家の跡取りをしていました。
義父が生まれ育ったその場所にいとこさんのお宅がありました。

義父と弟さんは、他のきょうだいとは父親が違います。
その為もあってか、仲が良かった。
いとこさんは弟さんの息子さん達ですが、お兄さんの方が跡を取っていた。

色々お話を聞きました。
家系図もいただきました。
義父がしゃべらないので、私たちは戸籍でしか追えないのですが、義父はいとこさんには色々喋ったようで、言い伝えられている家内の家系の様子が分かりました。

家内の父と母は見合い結婚なのですが、私たちの感覚では結構遠いところの人同士が夫婦になったような気がしていましたが、実はそれほど遠くなかった。
いとこさんが車で家内の母の出身地付近をぐるっと回ってくれました。

家内には幼い頃の母親の実家のうっすらとした記憶があります。
川の土手だそうです。
その土手は今でも川があるので、ずっと続いていることが分かり、多分、この川沿いのこのあたりだろう と言うような説明もしてもらいました。

いとこさんのお宅に手土産をもっていったのですが、「仏様にお供えてして」と仰って、仏間らしいところの仏壇に供えてくれました。
昔を思い出しましたね。
私はカトリックですが、実家や父母は仏様いますので、そういえば、父母もそんなことをしたり、実家には仏間があったりしたことを思い出しました。

家内は気づかなかったようですが、「仏様に線香あげなくちゃ」私の方が気づいて「お線香あげさせてください」と線香あげさせてもらいました。

線香の上げ方なんぞ、もう忘れてます。
家内が先に上げて(身内だからね)その通りに上げてきました。

まあ遠かったです。
距離的にも義父が今住まいしている土地より遠いのですが、電車(列車?)の乗り換えが大変で、結構い時間がかかりました。
家内の実家、義父の家の近辺は文化的にうどん文化なのですが、その地方は蕎麦の文化でした。
私の実家近辺も蕎麦ですが、蕎麦の様子が違う。
メニューも違うし、蕎麦の様子も違う。
どうもこれはこの地方の名物的な蕎麦かな と思うようなのを夕食に食べてきました。

お邪魔したら、お茶を出してくれまして、そこに練りきりがついていた。
練り切りってわかります?
和菓子ですけど。

当地は昔から正月の朝は練り切りとお茶で始まります。
近所に小さな和菓子屋さんがあって、正月は練り切り売るので、正月は私が買って我が家も練り切り食べます。
家内の実家の地方はそういう習慣ないそうです。

昔ながらの練りきりで、あやめかな?あとアジサイ、桃色のお花はあれは何だったんだろう?懐かしいデザインの練り切りを全然違う地方で食べました。

しかし疲れました。一般の方なら日帰りできるかと思うのですが、障害者2人、2泊3日で行こうかと思ったくらい。
夕方には帰ってきたのですが、今日は夫婦して寝込んでいます。

そうそう。義父と家内と義姉には宗教がありますが、実家の宗派とは違いました。
まあ、仏様系統なのですが、どうも義父の母親が義父の宗教の元らしいです。
だから家内の祖母には2つ戒名があって、実家の宗派と義父の宗派の戒名があります。

双方でそれぞれに拝んで、それで良いんじゃないかな 思います。

これからお出かけです
いとこさんのお宅に明日行くので、前泊で今日から出かけます。本当は前後泊まりたかったのですが、私が仕事が不具合で、今、手元不如意なので、仕方なく明日は訪問したら、そのまま帰宅するつもりです。

荷物と言っても着替え位ですから、あとはおみやげが重いです。ワイン2本と菓子折り。果物そのものはあとでクール便で送ることにして、持参は止めました。ちょっと傷つきやすいんですよ。持って歩くから、傷んでしまうと勿体ない。農協でクール便で全国発送やってます。それで送ることにしました。

昨日、母方の家督戸籍も届いて、家内が父方は家系図に作って、戸籍のコピーと一緒にもっていきます。
義父の色々なこと、親戚筋の事が分かるといいな と思います。

大正13年ですが、まだ5年くらいは元気そうです。
病気はある。
老衰的な病気。
心不全と慢性肺炎。
ペースメーカーも入ってます。

しかし日ごろの暮らしにはまだ体力あるみたいで、それなりにやっているようです。
今月初めにいとこさんが義父を訪問してくれたので、その時の様子なんかも聞こうと思っています。

大体ひと月に1回くらいは家内が行くのですが、今月はいとこさんのお宅に行くので、義父訪問はパスです。
来月行くかな と思います。
お盆って地方によって7月だったり、8月だったりしますよね。
私の所はお盆は7月です。
私はクリスチャンなのでお盆は余り関係ありませんが、土地柄としては7月。
家内の方は8月だって。
今、義父がいる地方も8月かしら?
分からないけれど、家族にとって、お盆は8月らしいので、家内が8月に行くときは、出来ればお盆が良いんですが。

そこね。宗教法人の総本山みたいな場所があるから、お盆は混むんですね。
観光地でもあるので、普段は誰もいないのに、サクラの頃とか、どこから来た?と言うほど、人が来ます。
道は狭いし、もう大変。

だからお盆の週間を外していくかもしれないね。

いとこさんのお宅は、どうも義父が出てきた本籍地らしい。
義父の弟さんが本籍地にいたような感じがあります。
長男は長男でいるのよ。
長男さんはどこに住んだのでしょうか。
戦死したのではない様子は戸籍から分かる。

うーん。

まあ、明日お邪魔して色々話をすれば、ある程度分かるでしょう。

日本全国あちこち雨で、当地も雨、いとこさんのあたりも雨ですが、そうも言っていられないので、仕事干されて暇なうちに行ってきます。

家督戸籍
家内の父は大正13年生まれで存命です。今年誕生日が来ると95歳になります。

ある地方のケアハウスにいます。自立型です。介護付きじゃないよ。

で、私には義父に当たるわけですが、義父は親兄弟親戚のことを何も言わない。
昔のこととて、他のきょうだいと、義父と弟だけ父親が違うんです。
何故なら本来の父親になるはずだった人は、義父が生まれる前に他界しているから。
9にんきょうだいで長男、次男は早世して戸籍に乗っていません。
長男になった人は本当は三男。だって、名前が三郎と言う。

お父さんが早世して、長男になっていた三郎さんが家督を相続しました。
その戸籍が残っているので、ある程度、義父の様子が分かる戸籍が取れました。
家督戸籍って、長男がすべての財産を相続する戸籍ですね。戸主がいた時代です。

昭和23年だったか、GHQが入って、家督戸籍を廃止させました。
実際には昭和30年代に家督戸籍が次々と今の夫婦戸籍になって行っています。

その頃迄、三郎さんが戸主だった戸籍は存在していて、34年頃に新戸籍になったようです。
戸主と関係のある人は全員載っています。戸主が隠居すると、家督は次の長男に移ったのかな?隠居の制度があったかまでは私も知らないんですけど。

だから義父の兄である長男が家督を相続したのは、わずか11歳の時でした。
その戸籍のまま、戦後まで来ています。
三郎さんが家督を相続したのは大正13年。
そこからずっと変わらなかったんだね。

で、義父は自分の父親の事を話しません。
親戚の事も話しません。
叔父、つまり、義父の弟も何も語らず物故になったそうな。

金持ちの世話になったか、全国を歩くような商売人が入ったか、何だかちっともわかりません。
明日明後日でその叔父、つまり義父の弟にあたる人の息子さん、要するに家内のいとこのお宅に行くので、分からない同士色々話をしてこようと思っています。いわゆる後妻になったのではなさそうです。後妻になれるのは、25歳過ぎて子供がいない独身女性が男の子がいないうちに、先妻さんが亡くなったような場合に限られます。5人も7人も子がいて、後妻に入ることはあり得ません。だから義父と弟は昔で言うところの私生児ですね。事実子連れで後妻に入った戸籍ではない。

義父の戸籍はどこから来たかと思ったら、三郎さんの戸籍から来ていました。
父親は違うけど、三郎さんが家督を相続したので、その弟である事は間違いない訳で、二男になってます。弟は三男。

義父が義母と婚姻で新戸籍を作った途端に父親欄が空欄なので、男 になります。嫡出子は長男、次男等となりますが、父親が分からない子供は(普通母親不明と言うのは非常にまれです)男、女 と書かれます。非嫡出子になります。

家内は父方も母方もいとこで一番年下なので、親戚付き合いは全くなかったのだそうです。
義父が住まいしたのは、出身地から遠く離れた土地でした。
だから出身地近辺に親戚はいるのですが、付き合いがなかった。

いとこさんとも「初めまして」状態で会いに行きます。

義父が家族の事や若い頃の話をいろいろしてくれれば、いとこさんには中元と歳暮だけで済みますが、いとこさんには昔話を少しはしたようで、家内にはしてくれず、いとこに聞け とか言うので、この梅雨寒に電車乗り継いで義父の出身地迄行かねばならぬ。

家督戸籍は宜しくない戸籍だと思いますが、現在に生きているものが昔を知りたいと思ったら重宝します。戸籍の保存期間は150年です。全員いなくなってから150年すると消されちゃいます。

運が良い事に義父の義理の父親、つまり亡くなったお父さんが戸主で、義父の本当のお母さんが嫁で入っている戸籍が取れました。その前はだめ。義理のお父さんと血縁無いから、取れません。
その1つ前の戸籍には義理だけれど、義父のおばあさんがいます。弘化元年生まれです。
三郎さんのお姉さん、義父にとってもお姉さんなんだけど、その中には慶応三年生まれの人もいます。

200年前?

先祖の歴史は核家族の今だからこそ、誰かが引き継いでいくといいんじゃないかと思いますが、我が家には子がいない。
私も家督戸籍もっていますけど、引き継いでくれる人はいない。

鷹山の戸籍は途中で養子が入っていますから、家系としては途切れています。母方の戸籍はちょっと厄介で私のおじいさんはいわゆる入り婿。戸主が男性でないとまずいので、入夫婚姻と言うのがありまして、婿に入ったおじいさんが戸主に交代しています。で、おばあさんは1歳で金主の家の家督相続をしている。家族の中で、一人だけ苗字が違うんです。私の母の旧姓はおばあさんが家督を相続した家の苗字で、今となっては、どこのどなただかさっぱりわかりません。

こんな時、養子が欲しいな と思ったりします。